久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 原  茂の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • シンポジウム14「NPWTのバリエーション2」 ピンポイント洗浄を可能にした閉鎖式創内持続陰圧洗浄療法の開発とその有用性
  • その他 / 共同発表 / 2020年 8月
    第63回日本形成外科学会 総会・学術集会
  • 2

  • Successful Treatment of Full Thickness Frontal Skull Bone Defect With Dermal Fat Grafting and Artificial Bone Grafts
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 7月
    The Journal of Craniofacial Surgery
  • / Vol.31 No.5 1279-1283
  • 3

  • パネルディスカッション2「NPWTをどのように創傷外科に活用するか?」 重度感染創に対して創内持続陰圧洗浄療法を活用する
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    第11回日本創傷外科学会総会・学術集会
  • 4

  • Ⅱ皮膚・軟部組織疾患 6.感染症 d.慢性膿皮症・化膿性汗管炎
  • その他 / 共著 / 2019年 6月
    形成外科
  • / Vol.62増刊号 S89
  • 5

  • 広範囲熱傷における培養表皮移植後の局所管理 -創傷被覆材についての検討-
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 3月
    熱傷
  • / Vol.43 No.1 44-51
  • 6

  • パネルディスカッション「NPWTの新展開」 NPWTの新展開重度感染創に対する創内持続陰圧洗浄療法の有効性と問題点
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第8回日本創傷外科学会総会・学術集会
  • 7

  • Simultaneous Aortic Valve Replacement and Pectus Excavatum Correction in a 76-Year-Old Man.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年12月
    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery.
  • / Vol.20 738-741
  • 8

  • 創内持続陰圧洗浄療法によって治癒し得た膝関節腔の露出を伴う開放骨折の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2014年11月
    形成外科
  • / Vol.57 No.11 1283-1288
  • 9

  • A Case of Open Fracture with Exposed Knee-Joint Cavity Potentially Curable Through Intra-Wound Continuous Negative Pressure Irrigation Treatment.
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    The12thKorea-Japan Congress of Plastic & Reconstructive Surgery
  • 10

  • 強皮症患者の難治性下腿潰瘍に対しmaggot療法が有効であった一例
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第42回日本創傷治癒学会
  • 11

  • 創内持続陰圧洗浄療法によって治癒し得た左膝関節腔露出を伴う開放骨折の1例
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第4回日本創傷外科学会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp