久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 田尻 守拡の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Serum level of periostin can predict long-term outcome of idiopathic pulmonary fibrosis
  • 雑誌 / 共著 / 2014年12月
    Respiratory Investigation
  • / Vol.53 73-81
  • 2

  • 未破裂動脈瘤患者におけるCOPD併存率とCOPDが術後肺合併症に与える影響
  • 雑誌 / 共著 / 2013年12月
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌
  • / Vol.23 No.3 293-299
  • 3

  • コンドロイチン・ヒアルロン酸が原因と考えられた薬剤誘起性肺炎の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    日本呼吸器学会誌
  • / Vol.2 No.4 395-400
  • 4

  • 自己免疫疾患の胸膜病変
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 3月
    中野孝司 医薬ジャーナル
  • / 181-187
  • 5

  • 膠原病関連間質性肺炎と特発性間質性肺炎との差異:気管支肺胞洗浄分析から
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第55回日本リウマチ学会総会・学術集会
  • 6

  • 最近当院で経験した肺原発MALT Lymphomaが疑われた2症例
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第58回日本呼吸器学会九州地方会総会
  • 7

  • 術前検査を契機に発見された気管支喘息合併PIE症候群の1例
  • その他 / 共同発表 / 2007年 1月
    第12回国立病院機構熊本医療センター医学会
  • 8

  • 過敏性肺臓炎との鑑別が問題となった急性好酸球性肺炎の1例
  • その他 / 共同発表 / 2007年 1月
    第12回国立病院機構熊本医療センター医学会
  • 9

  • 当院における超高齢者肺癌症例に対する手術経験
  • その他 / 共同発表 / 2007年 1月
    第12回国立病院機構熊本医療センター医学会
  • 10

  • クリティカルパスの臨床試験への導入
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    医療マネジメント学会雑誌
  • / Vol.7 No.4 504-510

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp