久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 緒方  啓の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • First-line sorafenib sequential therapy and liver disease etiology for unresectable hepatocellular carcinoma using inverse probability weighting: A multicenter retrospective study.
  • 雑誌 / 共著 / 2021年10月
    Cancer Medicine
  • / Vol.10 No.23 8530-8541
  • 2

  • Survival Benefit of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy over Sorafenib in the Treatment of Locally Progressed Hepatocellular Carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2021年 2月
    Cancers
  • / Vol.13 No.4 646
  • 3

  • Risk of malignancies in autoimmune hepatitis type 1 patients with a long-term follow-up in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Hepatology Research
  • / Vol.48 222-231
  • 4

  • Oral Session: HCV:The clinical profiles of patients with L31 and Y93 aa variants in NS5A region of hepatitis C virus
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    Hepatology International、25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.10 No.(Suppl.1) S26-27
  • 5

  • An analysis of drug-induced liver injury, which showed histological findings similar to autoimmune hepatitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.51 597-607
  • 6

  • Evaluation of resistance-associated substitutions in NS5A using direct sequence and cycleave method and treatment outcome with Daclatasvir and Asunaprevir for chronic hepatitis C genotype 1.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    PLos One
  • / Vol.11 1-11
  • 7

  • Poster Sessions: Diagnostic, Epidemiology, and Natural History:The clinical profiles of Japanese patients with L31M and Y93H variants in NS5A region of hepatitis C virus
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    Hepatology、The 66th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.62 No.(1)(Suppl.) 1096A
  • 8

  • 当科におけるAsunaprevirおよびDaclatasvir併用療法導入例の治療耐性プロフィール
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(第19回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.56 No.(Suppl.2) A703
  • 9

  • Torsion of the gallbladder, localized in right subphrenic space in a patient with liver cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Clinical Journal of Gastroenterology
  • / Vol.8 453-457
  • 10

  • ETV耐性変異(rt186T)によりviral breakthroughを生じたB型慢性肝炎の1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    肝臓
  • / Vol.56 482-484
  • 11

  • deep-sequencingを用いた治療抵抗性HCVにおけるIRES領域の遺伝子変異解析
  • その他 / 共同発表 / 2014年11月
    MBSJ 2014 Progran、第37回日本分子生物学会年会
  • / 112
  • 12

  • 治療抵抗性HCVにおけるIRES領域の遺伝子変異と既知効果予測因子との関連
  • その他 / 単独発表 / 2014年 2月
    第10回九州C型肝炎研究会
  • 13

  • 治療抵抗性HCVにおけるIRES領域の遺伝子変異と既知効果予測因子との関連
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    肝臓、JDDW 2013(第17回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.54 No.Suppl.2 A553
  • 14

  • Virological characteristics of treatment resistant HCV, examined using blood HCV RNA below the detection sensitivity limits
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    Hepatology International、23rd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.7 No.Suppl.1 S319
  • 15

  • Drug-induced liver injury associated with Agaricus blazei Murill which is very similar to autoimmune hepatitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Clinical Journal of Gastroenterology
  • / Vol.6 139-144
  • 16

  • HCV RNA定性陰性のサンプルからクローニングされたHCVのウイルス学的特徴
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    肝臓、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.53 No.Suppl.2 A682
  • 17

  • Risk factors for hepatocellular carcinoma in Japanese patients with autoimmune hepatitis type 1.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Journal of Gastroenterology
  • / Vol.47 569-576
  • 18

  • HCV IRES領域の変異と治療感受性に関するウイルス学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    肝臓、19th JDDW (第15回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.52 No.Suppl.2 A587
  • 19

  • Strong correlation between mutations in internal ribosome entry site(IRES)domain III region of hepatitis C virus and sensitivity to anti-viral therapy for chronic hepatitis C
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会)
  • 20

  • Comparative study of mutations of HCV IRES is useful for the prediction of the effectiveness of the pegylated interferon/ribavirin combination therapy for chronic hepatitis C
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    Hepatology、The 61st Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.52 No.(4)(Suppl.) 824A
  • 21

  • 高齢男性に発症し多彩な免疫異常を認めた自己免疫性肝炎の1例.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    肝臓
  • / Vol.51 13-20
  • 22

  • HCV IRESの塩基配列比較によるペグインターフェロン・リバビリン(Peg-Riba)併用療法感受性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    肝臓、18th JDDW(第13回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.50 No.Suppl.2 A513
  • 23

  • A randomized study of extended treatment with peginterferon alpha-2b plus ribavirin based on time to HCV RNA negative-status in patients with genotype 1b chronic hepatitis C.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    American Journal of Gastroenterology
  • / Vol.104 70-75
  • 24

  • A mutational shift from domain III to II in the internal ribosome entry site of hepatitis C virus after interferon-ribavirin therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 7月
    Archives of Virology
  • / Vol.153 No.8 1575-1579
  • 25

  • ペグインターフェロン・リバビリン(Peg-Rib)併用療法に抵抗性・感受性を示すHCV cloneのIRES領域における遺伝子変異解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    第44回日本肝臓学会総会
  • 26

  • 耐性ウイルスに対して
  • その他 / 共著 / 2008年 5月
    肝胆膵
  • / Vol.56 No.5 741-747
  • 27

  • A mutational analysis of the internal ribosome entry site in hepatitis C virus in patients treated with pegylated interferon with ribavirin.
  • その他 / 共同発表 / 2008年 4月
    第43回欧州肝臓学会(イタリア)
  • 28

  • 耐性ウイルスに対して.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年
    肝胆膵
  • / Vol.56 741-747
  • 29

  • 最近19年間の薬物性肝障害の実態.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年
    薬物性肝障害の実態. 東京. 中外医学社.
  • / 46-50
  • 30

  • Mutational analysis of the internal ribosome entry site in hepatitis C virus resistant to therapy
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    Hepatology International、17th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.1 No.1 36
  • 31

  • Granulocytapheresis (GCAP) for severe alcoholic hepatitis-A preliminary report
  • 雑誌 / 共著 / 2006年11月
    Hepatol Res
  • / Vol.36 No.3 229-236
  • 32

  • ペグインターフェロン・リバビリン(Peg-Rib)併用療法に抵抗性を示す HCV clone の IRES 領域におけるウイルス学的解析
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    肝臓、14th DDW-Japan(第10回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.47 No.Supple.2 A437
  • 33

  • C 型急性肝炎・全国調査の概要 - 厚生労働省科学研究班 -
  • その他 / 共著 / 2006年 8月
    臨床と研究
  • / Vol.83 No.8 1226
  • 34

  • Timing of interferon therapy and sources of infection in patients with acute hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Hepatol Res
  • / Vol.34 No.10 35-40
  • 35

  • 急性肝炎の診断と治療(各論):(3)C 型急性肝炎.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年
    新しい診断と治療の ABC 27/ 消化器3 ウイルス性肝炎.最新医学社
  • / Vol.3 88-97
  • 36

  • C型急性肝炎の治療.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    臨床医
  • / Vol.30 1615-1618
  • 37

  • C型急性肝炎に対する抗ウイルス療法.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年
    臨牀消化器内科
  • / Vol.18 1659-1664

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp