久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 中村 祐樹の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Dopamine D1 receptor-expressing neurons activity is essential for locomotor and sensitizing effects of a single injection of cocaine.
  • 雑誌 / 共著 / 2021年
    Eur J Neurosci
  • / Vol.54 p.5327-5340
  • 2

  • Long-lasting tagging of neurons activated by seizures or cocaine administration in Egr1-CreERT2 transgenic mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2021年
    Eur J Neurosci
  • / Vol.53 p.1450-1472
  • 3

  • fMRI detects bilateral brain network activation following unilateral chemogenetic activation of direct striatal projection neurons.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Neuroimage
  • / Vol.220 p.117079
  • 4

  • DREADD-fMRI combination detects effects of activation of the striatal D1 receptor-expressing neurons on the basal ganglia-thalamocortical network in mice.
  • その他 / 共著 / 2018年
    Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB
  • 5

  • Pathogenesis of lethal aspiration pneumonia in mecp2-null mouse model for rett syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Sci Rep
  • / Vol.7 p.12032
  • 6

  • Ghrelin improves dystonia and tremor in patients with Rett syndrome: A pilot study.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Neurol Sci
  • / Vol.377 p.219-223
  • 7

  • Physiological roles of ghrelin on obesity.
  • その他 / 共著 / 2014年
    Obesity Research and Clinical Practice
  • / Vol.8 e405-413
  • 8

  • FABP3 and brown adipocyte-characteristic mitochondrial fatty acid oxidation enzymes are induced in beige cells in a different pathway from UCP1.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.441 p.42-46
  • 9

  • グレリンとその受容体およびグレリン脂肪酸転移酵素の比較内分泌学
  • その他 / 共著 / 2013年
    比較内分泌学
  • / Vol.150 p.159-164
  • 10

  • ニューロペプチド-update 食欲制御 グレリンの中枢への作用と治療応用
  • その他 / 共著 / 2012年
    Clinical Neuroscience
  • / Vol.30 p.163-167
  • 11

  • Structure, regulation and function of ghrelin.
  • その他 / 共著 / 2012年
    J Biochem
  • / Vol.151 p.119-128
  • 12

  • Continuous antagonism of the ghrelin receptor results in early induction of salt-sensitive hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    J Mol Neurosci
  • / Vol.43 p.193-199
  • 13

  • 車のパワーウインドウによる頸部絞扼の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    日本小児救急医学会雑誌
  • / Vol.9 p.46-49
  • 14

  • Neuromedin U is necessary for normal gastrointestinal motility and is regulated by serotonin.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Ann N Y Acad Sci
  • / Vol.1200 p.104-111
  • 15

  • GhrelinO-acyltransferase (GOAT) has a preference for n-hexanoyl-CoA over n-octanoyl-CoA as an acyl donor.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.386 p.153-158
  • 16

  • Production of n-octanoyl-modified ghrelin in cultured cells requires prohormone processing protease and ghrelin o-acyltransferase, as well as n-octanoic Acid.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    J Biochem
  • / Vol.146 p.675-682

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp