久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 岩橋 潤の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Molecular epidemiology, antimicrobial susceptibility, and characterization of fluoroquinolone non-susceptible Streptococcus pyogenes in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    J Infect Chemother
  • / Vol.26 280-284
  • 2

  • Disruption of Aspergillus fumigatus biofilm by Streptococcus pneumoniae: Mycelial fragmentation by hydrogen peroxide. (in press)
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    J Infect Chemother
  • 3

  • Biofilm-forming by carbapenem resistant Enterobacteriaceae may contribute to the blood stream infection.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Int J Mol Sci
  • / Vol.26 No.20 5954
  • 4

  • Streptococcus pneumoniaeが産生する過酸化水素によるAspergillus fumigatus菌糸体分断
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Bacterial Adherence & Biofilm
  • / Vol.33 33-36
  • 5

  • Streptococcus pneumoniaeのAspergillus fumigatus菌糸体分断因子の解析
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Bacterial Adherence & Biofilm
  • / Vol.32 35-36
  • 6

  • Typhoid Vaccination among Japanese Travelers to South Asia and the Factors Associated with Compliance.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Intern Med.
  • / Vol.57 1071-1074
  • 7

  • Typhoid fever: a rare cause of relative bradycardia in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J. Gen. Fam. Med.
  • / Vol.18 317-318
  • 8

  • カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症にはバイオフィルムが関与している
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Bacterial Adherence & Biofilm
  • / Vol.31 25-26
  • 9

  • Hepatitis B vaccination status among Japanese travelers.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Kurume Med. J.
  • / Vol.63 69-76
  • 10

  • Streptococcus pneumoniaeニューモリシンはAspergillus fumigatusの菌糸体を分断する
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Bacterial Adherence & Biofilm
  • / Vol.31 27-28
  • 11

  • Streptococcus pneumoniaeはAspergillus fumigatusとの混合バイオフィルム形成において抗真菌的に作用する
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Bacterial Adherence & Biofilm
  • / Vol.30 23-24
  • 12

  • Successful infection control for a vancomycin-intermediate Staphylococcus aureus outbreak in an advanced emergency medical service centre.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    J. Hosp. Infect.
  • / Vol.92 385-391
  • 13

  • Post-Travel Consultations in a Regional Hub City Hospital, Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Intern. Med.
  • / Vol.55 739-743
  • 14

  • 無莢膜型インフルエンザ菌産生バイオフィルムにおけるnucleaseの機能解析-Biofilm diseaseの予防、治療確立にむけて―
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Bacterial Adherence & Biofilm
  • / Vol.30 107-110
  • 15

  • 肺炎球菌バイオフィルムに対する抗菌薬の単剤使用および二剤併用の殺菌効果比較
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Bacterial Adherence & Biofilm
  • / Vol.29 13-16
  • 16

  • Nosocomial outbreak of epidemic keratoconjunctivitis accompanying environmental contamination with adenoviruses.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    J. Hosp. Infect.
  • / Vol.68 No.68 262-268
  • 17

  • A mutational shift from domain III to II in the internal ribosome entry site of hepatitis C virus after interferon-ribavirin therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Arch Virol.
  • / Vol.153 1575-1579
  • 18

  • Two hydrophobic segments of the RTN1 family determine the ER localization and retention.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.355 508-512
  • 19

  • レティキュロンは小胞体の形を決めているだけか?
  • その他 / 共著 / 2007年
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.70 274-281
  • 20

  • Outbreak of human metapneumovirus infection in elderly inpatients in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J. Am. Geriatr. Soc.
  • / Vol.54 177-180
  • 21

  • Human reticulon 1-A and 1-B interact with a medium chain of the AP-2 adaptor complex.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Cell. Mol. Biol.
  • / Vol.49 OL467–OL471
  • 22

  • Molecular cloning and characterization of the mouse reticulon 3 cDNA.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Cell. Mol. Biol.
  • / Vol.48 No.2 163-172
  • 23

  • Kinetic analysis of C-terminally truncated RNA-dependent RNA polymerase of hepatitis C virus.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.290 No.4 1188-1194
  • 24

  • Caenorhabditis elegans reticulon interacts with RME-1 during embryogenesis.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem. Biophys. Res. Commun.
  • / Vol.293 No.2 698-704
  • 25

  • Molecular dissection of the transcription and replication machinery of influenza virus.
  • その他 / 共著 / 2002年
    Recent Advances in Influenza Virus Research
  • / 1-13
  • 26

  • Promoter/origin structure of the complementary strand of hepatitis C virus genome.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.277 No.32 28700-28705
  • 27

  • A型インフルエンザに対する塩酸アマンタジン使用の問題点
  • その他 / 共著 / 2001年
    ウイルス
  • / Vol.51 135-141
  • 28

  • Influenza virus RNA polymerase PA subunit is a novel serine protease with Ser624 at the active site.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Genes to Cells
  • / Vol.6 No.2 87-97
  • 29

  • Molecular evolution of human echovirus 9 isolated from patients with aseptic meningitis in northern Kyushu during the summer of 1997.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Microbiol. Immunol.
  • / Vol.45 No.10 717-720
  • 30

  • Isolation of amantadine-resistant influenza A viruses (H3N2) from patients following administration of amantadine in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    J. Clin. Microbiol.
  • / Vol.39 No.4 1652-1653
  • 31

  • Inhibition of influenza virus replication in cultured cells by RNA-cleaving DNA enzyme.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    FEBS Lett.
  • / Vol.481 No.2 113-116
  • 32

  • Antibody-scanning and epitope-tagging methods: Molecular mapping of proteins using antibodies.
  • その他 / 共著 / 2000年
    Curr. Protein Peptide Sci.
  • / Vol.1 303-308
  • 33

  • Emergence of new influenza A viruses which carry an escape mutation of the HLA-B27-restricted CTL epitope of NP in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Microbiol. Immunol.
  • / Vol.44 No.10 867-870
  • 34

  • Characterization of the signal that directs Tom20 to the mitochodrial outer membrane.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J. Cell Biol.
  • / Vol.151 No.2 277-288
  • 35

  • Molecular dissection of influenza virus RNA polymerase.
  • その他 / 共著 / 1999年
    Recent Res. Devel. Viol.
  • / Vol.1 839-847
  • 36

  • Analysis of the functional domain of the rat liver mitochondrial import receptor Tom20.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    J. Biol. Chem.
  • / Vol.272 No.29 18467-18472
  • 37

  • Reconstitution of import-competent outer membrane vesicles from mammalian mitochondria.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    J. Biochem.
  • / Vol.116 No.1 156-163
  • 38

  • MSF, a novel cytoplasmic chaperone which functions in precursor targeting to mitochondria.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    EMBO J.
  • / Vol.13 No.21 5146-5154
  • 39

  • Characterization of adrenodoxin precursor expressed in Escherichia coli.
  • 雑誌 / 共著 / 1992年
    J. Biochem.
  • / Vol.111 No.4 451-455

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp