久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 岩本 英希の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 特集:薬物治療がひらく新しい肝細胞癌の治療strategy 3-2:肝細胞癌に対する新規薬物 療法の最新情報(2)アテゾリズマブとベバシズマブ併用の最新情報
  • その他 / 単著 / 2020年 8月
    臨牀消化器内科
  • / Vol.35 No.8 859-863
  • 2

  • ワ-クショップ(6) 臨床応用に向けた肝癌の病態解明 肝細胞癌に対する血管新生阻害剤の正常臓器血管への影響と癌血管特異的遺伝子の探索
  • その他 / 共同発表 / 2020年 8月
    第106回日本消化器病学会総会
  • 3

  • シンポジウム(4)肝疾患と微小環境 分子標的治療薬による癌及び臓器微小環境の変化は、有害事象の出現や癌の進展及び薬剤抵抗性に関与しうる
  • その他 / 共同発表 / 2020年 8月
    第56回日本肝臓学会総会
  • 4

  • Weekends-Off Lenvatinib for Unresectable Hepatocellular Carcinoma Improves Therapeutic Response and Tolerability toward Adverse Events
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 4月
    Cancers
  • / Vol.12 No.4 E1010
  • 5

  • 肝細胞癌に対するレンバチニブ投与における有害事象出現時期と外来テレフォンフォローアップの重要性について
  • その他 / 共同発表 / 2020年 1月
    第21回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 6

  • シンポジウム(5) 次世代シークエンサを用いたゲノム解析による肝疾患研究 非癌部肝組織のDNAメチル化の変化は肝細胞癌の多中心性発生のバイオマーカーになり得る
  • その他 / 共同発表 / 2018年12月
    第42回日本肝臓学会東部会
  • / Vol.59 A818
  • 7

  • 肝細胞癌に対する血管新生阻害剤の正常臓器血管への影響と癌血管特異的遺伝子の探索
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    26th JDDW(第22回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.59 A670
  • 8

  • Multicenter Retrospective Study of New FP, a Novel Regimens of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy for Advanced Hepatocellular Carcinoma with Major Macrovascular Invasion
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    The 69th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.68 529A
  • 9

  • Fatty Liver Environment Confers Antiangiogenic Drug Resistance to Hepatocellular Carcinoma and Metastatic Liver Cancer of Colorectal Cancer through Activation of Lipid Dependent Metabolic Pathway
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    The 69th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.68 877A
  • 10

  • 高度脈管侵襲を伴う進行肝細胞癌に対するNew FP療法の意義
  • その他 / 単独発表 / 2018年 8月
    第43回リザーバー研究会
  • 11

  • Cancer Lipid Metabolism Confers Antiangiogenic Drug Resistance
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 7月
    Cell Metabolism
  • / Vol.28 No.1 104-117
  • 12

  • 共催シンポジウム(2)レンバチニブがもたらす新たな治療アプ ローチ 基礎と臨床から見る肝細胞癌に対する分子標的治療薬不応後の治療戦略
  • その他 / 共著 / 2018年 7月
    第18回日本肝がん分子標的治療研究会
  • / 33
  • 13

  • 癌周囲の高脂肪環境は癌のエネルギー代謝のリプログラミングを介し,血管新生阻害剤耐性を産み出
  • その他 / 共著 / 2018年 6月
    第54回日本肝臓学会総会
  • / Vol.59 A502
  • 14

  • シンポジウム(2) 肝癌治療の最新の試み 高度脈管侵襲を有するStage IVa進行肝細胞癌に対する肝動注化学療法 New FP療法の治療成績の多施設後ろ向き研究
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第111回日本消化器病学会九州支部例会、第105回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 80
  • 15

  • Antiangiogenesis-triggered lipiddependent metabolic reprograming confers drug resistance to cancer cells
  • その他 / 共同発表 / 2018年 5月
    APASL Single Topic Conference on HCC Yokohama Japan
  • 16

  • 脈管浸潤を伴う進行肝細胞癌に対するNew-FP療法と放射線治療の併用療法についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    25th JDDW(第21回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.58 No.Suppl.2 A607
  • 17

  • Inhibition of hypoxia inducible factor via upregulation of von Hippel-Lindau protein induces ‘Angiogenic switch off’ in a mouse hepatoma model
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    The 68th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.66 No.Suppl.1 716A
  • 18

  • 非癌部肝組織のDNAメチル化の変化は肝細胞癌の多中心性発生のバイオマーカーになり得る
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    25th JDDW(第59回日本消化器病学会大会)
  • / Vol.114 A853
  • 19

  • (特別企画)リザーバー動注化学療法のいままでそしてこれから:動注化学療法のエビデンス:肝細胞癌
  • その他 / 単独発表 / 2017年 9月
    第42回リザーバー研究会
  • 20

  • 血液透析中に発症した門脈腫瘍栓を伴う進行肝細胞癌に肝動注化学療法が奏功し、肝切除を加え完全奏効となった1例
  • その他 / 共同発表 / 2017年 9月
    第42回リザーバー研究会
  • 21

  • 脈管浸潤を伴う進行肝細胞癌に対する放射線治療の有効性について
  • その他 / 共同発表 / 2017年 7月
    第53回日本肝癌研究会
  • / 273
  • 22

  • 血管新生抑制剤の中止は肝類洞のRevascularizationを引き起こす
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    第53回日本肝臓学会総会
  • / Vol.58 No.Suppl.1 A282
  • 23

  • シンポジウム(1)消化器癌診療への基礎研究からみたアプローチ:血管新生阻害剤の中断は正常肝の血管構造の変化により癌の転移を促進する
  • その他 / 共同発表 / 2017年 5月
    第109回日本消化器病学会九州支部例会、第103回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 72
  • 24

  • 共催シンポジウム(2)ソラフェニブ治療の現状と課題:進行肝細胞癌403例に対するソラフェニブの効果についての検証と血管新生阻害剤中断後におこる病態についての基礎的な検証
  • その他 / 共同発表 / 2017年 1月
    第15回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 25

  • Inhibition of hypoxia inducible factor via upregulation of on Hippel-Lindau protein induces "Angiogenic switch off in a hepatoma mouse model
  • その他 / 単著 / 2016年11月
    Research Report 2015
  • 26

  • Discontinuation of anti-VEGF cancer therapy promotes metastasis through a liver revascularization mechanism
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 9月
    Nat Commun
  • / Vol.7 12680(page 1-13)
  • 27

  • ワークショップ(7)脈管侵襲を伴わない多結節肝細胞癌に対する治療戦略
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第52回日本肝癌研究会
  • / 172
  • 28

  • 肝細胞癌に対する新規血管新生阻害剤SQAPの有するユニークな血管新生阻害効果:Angiogenic Switch Off
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第14回日本肝がん分子標的治療研究会
  • / 172
  • 29

  • The PDGF-BB-SOX7 axis-modulated IL-33 in pericytes and stromal cells promotes metastasis through tumour-associated macrophages
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    Nat Commun
  • / Vol.7 11385(page.1-18)
  • 30

  • マウス肝癌モデルを用いたNotch抑制剤の効果検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    肝臓、第52回日本肝臓学会総会
  • / Vol.57 No.Suppl.1 A245
  • 31

  • Oral Session:Medicine:A novel antiangiogenic drug SQAP induces tumor angiogenic swith-off in hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2016年 1月
    8th EAR Proceedings、A novel antiangiogenic drug SQAP induces tumor angiogenic swith-off in hepatocellular carcinoma
  • / 40
  • 32

  • シンポジウム(2)肝細胞癌における血管新生を標的とした分子標的治療の新知見
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    肝臓、第41回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.56 No.Suppl.3 A834
  • 33

  • Successful down-staging of hepatocellular carcinoma with intra-arterial therapy prior to liver transplantation: A case report
  • 雑誌 / 共著 / 2015年12月
    J Clin Case Rep
  • / Vol.5 655(page 1-4)
  • 34

  • PlGF-induced VEGFR1 dependent vascular remodeling determines opposing anti-tumor effects and drug resistance of Dll4-Notch inhibitors
  • その他 / 単著 / 2015年11月
    Research Report 2014
  • / 55
  • 35

  • 腫瘍Transglutaminase 2を標的とした新規血管新生阻害剤SQAPの肝細胞癌に対する効果の基礎的検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(第19回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.56 No.Suppl.2 A744
  • 36

  • シンポジウム(2)肝癌における血管新生の重要性
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • 37

  • VEGF-B promotes cancer metastasis through a VEGF-A-independent mechanism and serves as a marker of poor prognosis for cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 6月
    Proc Natl Acad Sci USA
  • / Vol.112 No.22 E2900-E2909
  • 38

  • 腫瘍von Hippel Lindau蛋白を標的とした新規血管新生阻害剤SQAPの肝細胞癌に対する効果の基礎的検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    肝臓、第51回日本肝臓学会総会
  • / Vol.56 No.Suppl.1 A385
  • 39

  • PlGF-induced VEGFR1-dependent vascular remodeling determines opposing antitumor effects and drug resistance to Dll4-Notch inhibitors
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Sci Adv
  • / Vol.1 No.3 e1400244 (page 1-14)
  • 40

  • Modulation of age-related insulin sensitivity by VEGF-dependent vascular plasticity in adipose tissues
  • 雑誌 / 共著 / 2014年10月
    Proc Nat Acad Sci USA
  • / Vol.111 No.41 14906–14911
  • 41

  • TNFR1 mediates TNF-α-induced tumour lymphangiogenesis and metastasis by modulating VEGF-C-VEGFR3 signalling
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 9月
    Nat Commun
  • / Vol.5 article No. 4944
  • 42

  • Brown adipose tissue, thermogenesis, angiogenesis: pathophysiological aspects
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 7月
    Horm Mol Biol Clin Investig
  • / Vol.19 No.1 5-11
  • 43

  • Anti-VEGF- and anti-VEGF receptor-induced vascular alteration in mouse healthy tissues
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    Proc Natl Acad Sci USA
  • / Vol.110 No.29 12018-12023
  • 44

  • Poster Area:A novel synthetic sulfoglycolipid sulfoqunovosylacyl-propanediol (SQAP) switches off tumor angiogenic potential of hepatocellular carcinoma through the upregulation of von hippel-lindau protein
  • その他 / 共同発表 / 2013年 4月
    Journal of Hepatology、48th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • / Vol.58 No.Suppl.1 S432
  • 45

  • 肝細胞癌におけるS-1 metronomic chemotherapyとvandetanib併用療法の効果と安全性の硬化と安全性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第47回日本肝癌研究会
  • 46

  • Metronomic S-1 chemotherapy and vandetanib: an efficacious and non-toxic treatment for hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Neoplasia
  • / Vol.12 No.3 187-197
  • 47

  • 肝細胞癌に対するソラフェニブの治療効果と副作用:多施設での検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年 1月
    第3回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 48

  • 遠隔転移を有する進行肝細胞癌に対する治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    肝臓、18th JDDW(第14回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.51 No.Suppl.2 A620
  • 49

  • 肝細胞癌におけるS-1を用いたメトロノミックケモセラピーとvandetanib併用の有効性検討:血管新生抑制による抗腫瘍効果
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    肝臓、18th JDDW(第52回日本消化器病学会大会、第14回日本肝臓学会大会 合同)
  • / Vol.51 No.Suppl.2 A447
  • 50

  • Effect of metronomic chemotherapy with S-1 + vandetanib in a mouse model of hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    Hepatology、The 61st Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.52 No.(4)(Suppl.) 944A
  • 51

  • Metronomic chemotherapy of S-1 and vandetanib:an efficacious and non-toxic treatment for hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    4th ILCA Annual Conference
  • 52

  • 肝細胞癌に対するS-1を用いたmetronomic hemotherapyとvandetanibの併用療法
  • その他 / 共同発表 / 2010年 9月
    第69回日本癌学会学術総会
  • 53

  • Part 3 各論 Systemic chemotherapy不応StageⅣ-B肝細胞癌に対してsorafenibが著効した1症例
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年 8月
    肝細胞癌の分子標的治療、アークメディア
  • / 157-163
  • 54

  • 肝細胞癌におけるS-1を用いたmetronomic chemotherapyとvandetanibの併用効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第12回筑後地区肝胆膵研究会
  • 55

  • 問題症例検討(4)治療 症例
  • その他 / 共同発表 / 2010年 7月
    第46回日本肝癌研究会
  • 56

  • 肝細胞癌におけるTS-1を用いたメトロノミックケモセラピーの検討とVandetanib併用による作用増強効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    肝臓、第46回日本肝臓学会総会
  • / Vol.51 No.Suppl.1 A164
  • 57

  • Low dose metronomic chemotherapy of S-1 and Vandetanib produces nontoxically good therapeutic results for hepatocellular carcinoma (HCC)
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    The 101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 58

  • 肝細胞癌におけるTS-1を用いたメトロノミックケモセラピーとVandetanib併用効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 1月
    第1回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 59

  • 単結節周囲増殖型及び多結節癒合型肝細胞癌に対する治療法の比較検討
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    肝臓、17th JDDW(第13回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.50 No.Suppl.2 A578
  • 60

  • 右房内腫瘍栓、門脈本幹腫瘍栓を伴う進行肝細胞癌にRadiation併用下New FP療法を行い病勢コントロールし得た1例
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    第34回リザーバー研究会
  • 61

  • 症例
  • その他 / 共同発表 / 2009年 7月
    第45回日本肝癌研究会
  • 62

  • 初発肝細胞癌根治治療から、2年の無再発期間を経て肺転移再発を来たした脾臓摘出術後B型肝硬変症の1例
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    第44回日本肝癌研究会
  • 63

  • 肝予備能の低下した巨大肝細胞癌症例に対する大動脈留置型特殊リザーバー(System-I-2)を用いた治療の工夫
  • その他 / 共同発表 / 2008年 1月
    第32回リザーバー研究会
  • 64

  • 出血をきたした小腸 inflammatory fibroid polyp の1例
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第89回日本消化器病学会九州支部例会、第83回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp