久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 西尾  真の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • A retrospective assessment of the safety and efficacy of laparoscopic radical hysterectomy in Japan during the early years following its introduction: a Japanese Gynecologic Oncology Group study (JGOG1081S)
  • 雑誌 / 共著 / 2021年
    Int J Clin Oncol
  • / Vol.26 417-428
  • 2

  • Randomized phase III trial comparing pegylated liposomal doxorubicin (PLD) at 50 mg/m² versus 40 mg/m² in patients with platinum-refractory and -resistant ovarian carcinoma: the JGOG 3018 Trial
  • 雑誌 / 共著 / 2021年
    J Gynecol Oncol
  • / Vol.32 e9
  • 3

  • Hospital volume-outcome relationship in vulvar cancer treatment: a Japanese Gynecologic Oncology Group study
  • 雑誌 / 共著 / 2021年
    J Gynecol Oncol
  • / Vol.32 e24
  • 4

  • Surgical margin status and recurrence pattern in invasive vulvar Paget's disease: A Japanese Gynecologic Oncology Group study
  • 雑誌 / 共著 / 2021年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.160 748-754
  • 5

  • Achievement of Surgical Proficiency in Laparoscopic Surgery for Early Endometrial Cancer by Gynecologic Oncologists
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Kurume Med J
  • / Vol.66 9-14
  • 6

  • Clinical Significance of Primary Debulking Surgery and Neoadjuvant Chemotherapy-Interval Debulking Surgery in Advanced Ovarian Cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Jpn J Clin Oncol
  • / Vol.50 379-386
  • 7

  • Pembrolizumab monotherapy in Japanese patients with advanced ovarian cancer: Subgroup analysis from the KEYNOTE-100
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Cancer Sci
  • / Vol.111 1324-1332
  • 8

  • 【婦人科がん臨床研究のトレンドを知る】西日本婦人科悪性腫瘍研究会(WJGOG)
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    産科と婦人科
  • / Vol.87 No.6 711-715
  • 9

  • Propensity score-matched analysis of systemic chemotherapy versus salvage hysterectomy for persistent cervical cancer after definitive radiotherapy/concurrent chemoradiotherapy
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    BMC Cancer
  • / Vol.20 1169
  • 10

  • 分子標的薬の臨床試験 世界の動向 卵巣癌における分子標的薬の臨床試験 グローバル試験を中心に
  • 雑誌 / 単著 / 2020年
    日本婦人科腫瘍学会雑誌
  • / Vol.38 No.2 135-144
  • 11

  • Investigation of clinicopathological features of vulvar cancer in 1068 patients: A Japanese Gynecologic Oncology Group (JGOG) nationwide survey study
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.159 449-455
  • 12

  • Subcategorization of atypical glandular cells is useful to identify lesion site
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Diagn Cytopathol
  • / Vol.48 1224-1229
  • 13

  • Changes in the Clinicopathological Demographics of Vulvar Cancer in Japan: Increasing Oldest-Old, Stage Shifting, and Decreasing Cohort-Level Survival
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    J Clin Med
  • / Vol.8 2081
  • 14

  • Recurrence, death, and secondary malignancy after ovarian conservation for young women with early-stage low-grade endometrial cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.155 39-50
  • 15

  • A phase II randomized controlled study of pegylated liposomal doxorubicin and carboplatin vs. gemcitabine and carboplatin for platinum-sensitive recurrent ovarian cancer (GOTIC003/intergroup study)
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Int J Clin Oncol
  • / Vol.24 1284-1291
  • 16

  • Analysis of gastric-type mucinous carcinoma of the uterine cervix - An aggressive tumor with a poor prognosis: A multi-institutional study
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.153 13-19
  • 17

  • 【腹膜炎・腹水に対する診療の進歩】悪性腫瘍に伴う腹膜炎・腹水の診療 婦人科癌による癌性腹膜炎
  • 雑誌 / 単著 / 2019年
    臨床消化器内科
  • / Vol.34 No.8 1025-1030
  • 18

  • 子宮頸部腺癌の新分類 子宮頸部胃型腺癌とは
  • 雑誌 / 単著 / 2019年
    日本医事新報
  • / Vol.4942 48-52
  • 19

  • 【乳がん・婦人科がんの新しい標準治療】子宮頸がん・子宮体がんの薬物療法の展望
  • 雑誌 / 単著 / 2019年
    腫瘍内科
  • / Vol.24 No.2 164-169
  • 20

  • Analysis of the relapse patterns and risk factors of endometrial cancer following postoperative adjuvant chemotherapy in a phase III randomized clinical trial
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.155 413-419
  • 21

  • A phase II study of adjuvant chemotherapy with paclitaxel and nedaplatin for uterine cervical cancer with lymph node metastasis
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Cancer Sci
  • / Vol.109 1602-1608
  • 22

  • 【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】子宮頸がん 子宮頸癌の診断 子宮頸癌の進行期分類
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年
    日本臨床
  • / Vol.76 No.2 248-253
  • 23

  • 【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】子宮頸がん 子宮頸癌の治療 子宮頸部腺癌の治療
  • 単行本 / 分担執筆 / 2018年
    日本臨床
  • / Vol.76 No.2 335-340
  • 24

  • 【乳がん・婦人科がん】婦人科がんの化学療法 標準治療と最新トピック
  • 雑誌 / 単著 / 2018年
    腫瘍内科
  • / Vol.22 No.3 303-309
  • 25

  • A phase II trial of irinotecan in patients with advanced or recurrent endometrial cancer and correlation with biomarker analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.150 432-437
  • 26

  • Race and nodal disease status are prognostic factors in patients with stage IVB cervical cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Oncotarget
  • / Vol.9 32321-32330
  • 27

  • Efficacy of palonosetron plus dexamethasone in preventing chemotherapy-induced nausea and emesis in patients receiving carboplatin-based chemotherapy for gynecologic cancers: a phase II study by the West Japan Gynecologic Oncology Group (WJGOG 131)
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    J Gynecol Oncol
  • / Vol.29 e77
  • 28

  • Postoperative chemotherapy for node-positive cervical cancer: Results of a multicenter phase II trial (JGOG1067)
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.149 513-519
  • 29

  • Phase 1 study of veliparib with carboplatin and weekly paclitaxel in Japanese patients with newly diagnosed ovarian cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Cancer Sci
  • / Vol.108 2213-2220
  • 30

  • CXCL14-CXCR4 and CXCL12-CXCR4 Axes May Play Important Roles in the Unique Invasion Process of Endometrioid Carcinoma With MELF-Pattern Myoinvasion
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Int J Gynecol Pathol
  • / Vol.36 530-539
  • 31

  • Treatment and prognosis of bone metastasis from cervical cancer (KCOG-G1202s)
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    J Obstet Gynaecol Res. 42: 701-706, 2016
  • / Vol.42 701-706
  • 32

  • 【婦人科がん治療の新機軸】子宮頸部腺癌の組織学的分類について
  • 雑誌 / 単著 / 2016年
    産科と婦人科
  • / Vol.83 No.1 25-29
  • 33

  • Prognostic factors from a randomized phase III trial of paclitaxel and carboplatin versus paclitaxel and cisplatin in metastatic or recurrent cervical cancer: Japan Clinical Oncology Group (JCOG) trial
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Cancer Chemother Pharmacol
  • / Vol.78 785-790
  • 34

  • Identification of appropriate cone length to avoid positive cone margin in high grade cervical intraepithelial neoplasia
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    J Gynecol Oncol
  • / Vol.27 e54
  • 35

  • Feasibility study of adjuvant chemotherapy using taxane plus carboplatin for high-risk patients with uterine cervical non-squamous cell carcinoma after radical hysterectomy
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Int J Gynecol Cancer
  • / Vol.26 561-567
  • 36

  • Cancer stem-like cells of ovarian clear cell carcinoma are enriched in the ALDH-high population associated with an accelerated scavenging system in reactive oxygen species
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.137 299-305
  • 37

  • Cytological nuclear atypia classification can predict prognosis in patients with endometrial cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Cytopathology
  • / Vol.26 157-166
  • 38

  • Epithelial borderline ovarian tumor: Diagnosis and treatment strategy
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Obstet Gynecol Sci
  • / Vol.58 183-187
  • 39

  • What is an appropriate second-line regimen for recurrent endometrial cancer? Ancillary analysis of the SGSG012/GOTIC004/Intergroup study
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Cancer Chemother Pharmacol
  • / Vol.76 335-342
  • 40

  • 【よくわかる検査と診断】(第2章)婦人科腫瘍分野 癌治療の評価と有害事象 消化器毒性の評価
  • 雑誌 / 単著 / 2015年
    産科と婦人科
  • / Vol.82 230-234
  • 41

  • Nuclear Y-box-binding protein-1 is a poor prognostic marker and related to epidermal growth factor receptor in uterine cervical cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.132 703-708
  • 42

  • 【婦人科腫瘍領域における実地臨床につながる臨床試験】支持療法を対象とした臨床試験 制吐剤の臨床試験を中心に
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    産婦人科の実際
  • / Vol.63 No.13 2097-2103
  • 43

  • Prevention of lymphocele development in gynecologic cancers by the electrothermal bipolar vessel sealing device
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    J Gynecol Oncol
  • / Vol.25 2014
  • 44

  • Clinicopathologic features of brain metastases from gynecologic malignancies: A retrospective study of 139 cases (KCOG-G1001s trial
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.128 198-203
  • 45

  • プラチナ製剤感受性再発卵巣がんに対するリポソーマル化ドキソルビシン+カルボプラチン療法の安全性・有効性の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    癌と化学療法
  • / Vol.40 No.13 2539-2543
  • 46

  • 【子宮頸癌治療の変遷と今後の展開】子宮頸癌の化学療法 進行・再発癌に対して
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    産科と婦人科
  • / Vol.80 No.10 1355-1359
  • 47

  • Appilicability of the concept of “platinum sensitivity” to recurrent endometrial cancer: The SGSG-012/GOTIC-004/Intergroup
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.131 567-573
  • 48

  • Diagnosis, clinicopathologic features. treatment, and prognosis of small cell carcinoma of the uterine cervix; Kansai Clinical Oncology Group/Intergroup study in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.129 522-527
  • 49

  • Concurrent chemoradiotherapy with low-dose daily cisplatin for high risk uterine cervical cancer: a long -term follow-up study
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Gynecol Oncol
  • / Vol.24 108-113
  • 50

  • 【外来診療に有用な腫瘍マーカーの知識】各種疾患の腫瘍マーカー 子宮・卵巣がん
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    臨牀と研究
  • / Vol.88 No.8 1000-1004
  • 51

  • 【婦人科がんの最新の薬物療法】卵巣がんの分子標的治療
  • 雑誌 / 単著 / 2011年
    腫瘍内科
  • / Vol.8 No.6 555-562
  • 52

  • Clinicopathological significance of cervical adenocarcinoma associated with lobular endocervical glandular hyperplasia
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    The 13th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting
  • 53

  • Medroxyprogesterone Acetate(MPA)療法が奏効した多剤耐性再発子宮体癌の2例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    癌と化学療法
  • / Vol.37 No.4 735-738
  • 54

  • カルボプラチンの過敏性反応に対し脱感作投与法にてカルボプラチンを安全に再投与し得た再発卵巣癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    癌と化学療法
  • / Vol.37 No.4 731-733
  • 55

  • 臓器部位別の治療戦略 Q22 子宮体がん
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    がん治療レクチャー がん治療最前線~米国癌学会(ASCO)のトピックスを中心に~ 総合医学社
  • / Vol.1 No.1 127-131
  • 56

  • Usefulness of third-line chemotherapy for women with recurrent ovarian, fallopian tube, and primary peritoneal cancer who receive platinum/taxane regimens as first-line therapy
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    The 15th European Cancer Conference and the 34th European Society for Medical Oncology Multidisciplinary Congress
  • 57

  • オンコロジストが知っておくべき婦人科がんの知識-絨毛性疾患-
  • 雑誌 / 単著 / 2009年
    腫瘍内科
  • / Vol.4 No.2 111-117
  • 58

  • Expression of activated signal transducer and activator of transcription-3 predicts poor prognosis in cervical squamous-cell carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Br J Cancer
  • / Vol.101 967-672
  • 59

  • Usefulness of third-line chemotherapy for women with recurrent ovarian, fallopian tube, and primary peritoneal cancer who receive platinum/taxane regimens as first-line therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    J Cancer Res Clin Oncol
  • / Vol.135 551-557
  • 60

  • Clinicopathological significance of cervical adenocarcinoma associated with lobular endocervical glandular hyperplasia
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Pathol Res Pract
  • / Vol.205 331-337
  • 61

  • Polypoid endocervical adenomyoma of the uterus : A case report with MR imaging pathological analyses
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Radiography
  • / Vol.14 162-165
  • 62

  • Analysis of the clinicopathological prognosis of the stage IVb cervical carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Oncol Rep
  • / Vol.19 497-503
  • 63

  • Cap43/NDRG1/Drg-1 is a molecular target for angiogenesis and a prognostic indicator in cervical adenocarcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Cancer Lett
  • / Vol.264 36-43
  • 64

  • 子宮がんの治療指針-妊孕性温存治療の適応と実際
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    臨床腫瘍プラクティス
  • / Vol.4 No.4 328-331
  • 65

  • Cap43/NDRG1 is a molecular marker of angiogenesis and prognosis in cervical adenocarcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    The 14th European Cancer Conference
  • 66

  • Pilot study evaluating the efficacy and toxicity of irinotecan plus oral etoposide for platinum- and taxane-resistant epithelial ovarian cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.106 342-347
  • 67

  • 腹膜原発endometrial stromal sarcomaの一例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    日本婦人科腫瘍学会雑誌
  • / Vol.25 No.1 65-69
  • 68

  • イフォスファミド・パクリタキセル併用療法が著効した再発子宮癌肉腫の一例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    臨床腫瘍プラクティス
  • / Vol.3 No.3 208-210
  • 69

  • 臨床試験(治験)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年
    よくわかる卵巣癌のすべて 永井書店
  • / 398-403
  • 70

  • Polypoid endocervical adenomyoma : a case report with clinicopathologic analyses
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    J Obstet Gynaecol Res
  • / Vol.33 363-367
  • 71

  • Prognostic factor in patients with stage IVB cervical carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    The 11th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting
  • 72

  • Analaysis of third-line and forth-line chemotherapy for recurrent ovarian cancer treated with first-line platinum/taxane regimens
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    The 42nd American Society of Clinical Oncology Annual Meeting
  • 73

  • 進行子宮体癌に対する術後Doxorubicin/Cisplatin(AP)併用化学療法の認容性の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    癌と化学療法
  • / Vol.33 No.11 1589-1593
  • 74

  • Fertility-preserving treatment for patients with malignant germ cell tumors of the ovary
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J Obstet Gynaecol Res
  • / Vol.32 416-421
  • 75

  • Phase II study of irinotecan and oral etoposide in patients with platinum / taxane-resistant ovarian carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    The 13th European Cancer Conference
  • 76

  • Results of concurrent chemoradiotherapy with daily cisplatin for uterine cervical cancer
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    The 19th Asian and Oceanic Congress of Obstetrics & Gynecology
  • 77

  • Clinicopathological prognostic factors of FIGO stage IIIC endometrial carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    The 10th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting
  • 78

  • Fertility preserving treatment for malignant germ cell tumors of the ovary
  • その他 / 共同発表 / 2004年 6月
    The 50th Annual congress of the Japan section, International College of Surgeons
  • 79

  • 進行卵巣がんにおけるDebulking surgery-方法と減量のゴール-
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    産科と婦人科
  • / Vol.71 No.9 1145-1151
  • 80

  • Weekly 1-h paclitaxel infusion in patients with recurrent endometrial cancer: a preliminary study
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Int J Clin Oncol
  • / Vol.8 45-48
  • 81

  • 再発卵巣癌に対するWeeklyPaclitaxel療法の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    癌と化学療法
  • / Vol.30 No.1 151-154
  • 82

  • 子宮体癌FIGO IIIc期の臨床病理学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    日本婦人科腫瘍学会雑誌
  • / Vol.21 No.1 54-59
  • 83

  • 術後3年目に肺転移を来した低悪性度子宮内膜間質肉腫の一例
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.66 No.11/12 249-253
  • 84

  • 卵巣外原発性腹膜癌にWeekly Paclitaxel投与が有効であった1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    癌と化学療法
  • / Vol.29 No.2 309-312
  • 85

  • 局所浸潤子宮頸癌に対するCisplatin・CPT-11併用療法の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    癌と化学療法
  • / Vol.27 No.3 429-435
  • 86

  • Combination therapy with irinotecan and cisplatin as neoadjuvant chemotherapy in locally advanced cervical cancer
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Br J Cancer
  • / Vol.81 95-98

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp