久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 中島  収の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Analysis of Patient Outcome after Non-curative Resection for Hepatocellular Carcinoma Using Nationwide Survey Data in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2021年
    World J Surg
  • / Feb;45(2):607-614.
  • 2

  • Report of the 20th Nationwide follow-up survey of primary liver cancer in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Hepatol Res
  • / Jan;50(1):15-46
  • 3

  • Liver Resection for Multiple Hepatocellular Carcinomas: A Japanese Nationwide Survey.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Ann Surg.
  • / Jul;272(1):145-154.
  • 4

  • Quercetin Suppresses Proliferation of Liver Cancer Cell Lines In Vitro.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    H.Anticancer Res.
  • / Aug;40(8):4695-4700
  • 5

  • Two cases of benign hepatic nodules caused by sinusoidal dilatation with different hemodynamics.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Clin J Gastroenterol.
  • / Oct;13(5):873-881.
  • 6

  • 消化器外科 専門医の心得 第6章 肝臓 3.肝癌 4)肝腫瘍の病理
  • 単行本 / 単著 / 2020年
    日本消化器外科学会
  • / P-580
  • 7

  • Usefulness of Tumor Tissue Biopsy for Predicting the Biological Behavior of Hepatocellular Carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    H.Anticancer Res.
  • / Jul;40(7):4105-4113
  • 8

  • 肝癌診療に必要な病理学
  • 単行本 / 分担執筆 / 2020年
    肝癌診療マニュアル 第4版 日本肝臓学会編集 医学書院
  • / 21
  • 9

  • WHO分類第5版(2015)における病理組織亜型・亜分類
  • 単行本 / 分担執筆 / 2020年
    肝胆膵
  • / Vol.80 No.4 679-689
  • 10

  • Distinctive clinicopathological features and KRAS and IDH1/2 mutation status of cholangiolocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Hepatol Res
  • / Jan;50(1):84-91
  • 11

  • Report of the 21st Nationwide Follow-Up Survey of Primary Liver Cancer in Japan (2010-2011).
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    Hepatol Res
  • / Dec 31. doi: 10.1111/hepr.13612
  • 12

  • Inflammatory Hepatocellular Adenoma with Elevated Serum Protein Induced by Vitamin K Absence/Antagonist-II in Adult Males.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    PLoS One
  • / Aug 27;14(8):e0221548.
  • 13

  • Intrabiliary growth type of metastasis from colon cancer, 12 years after curative colectomy: a case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    BMC Surg.
  • / Jan 18;19(1):8. doi: 10.1186/s12893-018-0466-4.
  • 14

  • Report of the 20th Nationwide Follow-up Survey of Primary Liver Cancer in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Hepatol Res.
  • / Oct 26. doi: 10.1111/hepr.13438.
  • 15

  • Malic enzyme 1 is a potential marker of combined hepatocellular cholangiocarcinoma, subtype with stem-cell features, intermediate-cell type.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Hepatol Res.
  • / Sep;49(9):1066-1075.
  • 16

  • Sinusoidal Obstruction Syndrome and Postoperative Complications Resulting from Preoperative Chemotherapy for Colorectal Cancer Liver Metastasis.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Anticancer Res.
  • / Aug;39(8):4549-4554.
  • 17

  • Programmed death-ligand 1 expression is an unfavorable prognostic factor of hepatocellular carcinoma after archiving sustained virologic response for hepatitis C virus infection.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Oncol Lett.
  • / Aug;18(2):1458-1466
  • 18

  • Signal intensity of superb micro-vascular imaging associates with the activity of vascular inflammation in Takayasu arteritis.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    J Nucl Cardiol.
  • / Mar 4. doi: 10.1007/s12350-019-01665-4.
  • 19

  • Two Cases of Inflammatory Hepatocellular Adenoma with Elevated Serum Protein Induced by Vitamin K Absence/Antagonist-II in Adult Males.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Intern Med.
  • / Feb 25. doi: 10.2169/internalmedicine.1958-18.
  • 20

  • Granulocyte-colony stimulating factor producing mucinous cystic neoplasm with an associated invasive carcinoma of the pancreas.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Oncol Lett.
  • / Feb;15(2):2387-2392
  • 21

  • Regulator of G-protein signaling 5 enhances portal vein invasion in hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Oncol Lett.
  • / Feb;15(2):1763-1770
  • 22

  • Impact of resection and ablation for single hypovascular hepatocellular carcinoma ≤2 cm analysed with propensity score weighting. 
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Liver Int.
  • / Mar;38(3):484-493.
  • 23

  • Treatment Optimization for Hepatocellular Carcinoma in Elderly Patients in a Japanese Nationwide Cohort.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Ann Surg.
  • / Mar 30. doi: 10.1097/SLA.0000000000002751.
  • 24

  • ovel quantitative assessment system of liver steatosis using a newly developed attenuation measurement method.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    Hepatol Res.
  • / Sep;48(10):821-828.
  • 25

  • 肝病理診断のポイント - 結節性病変 – 混合型肝癌 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年
    病理と臨床
  • / Vol.35 No.4 326-332
  • 26

  • Liver resection for hepatocellular carcinoma associated with hepatic vein invasion: A Japanese nationwide survey.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Hepatology.
  • / Aug;66(2):510-517
  • 27

  • Validation of serological models for staging and prognostication of HCC in patients from a Japanese nationwide survey.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Gastroenterol.
  • / Feb 21. doi: 10.1007/s00535-017-1321-6
  • 28

  • Malignant Transformation of Hepatocellular Adenoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Oncology.
  • / 92 Suppl 1:16-28.
  • 29

  • A case of hepatic angiomyolipoma with peritumoral hyperplasia difficult to differentiate from hepatocellular carcinoma preoperatively.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    AJSP: Reviews & Reports
  • / No.22 151-155
  • 30

  • Impact of Advanced Age on Survival in Patients Undergoing Resection of Hepatocellular Carcinoma: Report of a Japanese Nationwide Survey.Liver Cancer Study Group of Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Ann Surg.
  • / Sep 15. doi: 10.1097/SLA.0000000000002526.
  • 31

  • Diagnosis of Fibrosis and Activity by a Combined Use of Strain and Shear Wave Imaging in Patients with Liver Disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Dig Dis.
  • / 35(6):515-520
  • 32

  • Validation and Potential of Albumin-Bilirubin Grade and Prognostication in a Nationwide Survey of 46,681 Hepatocellular Carcinoma Patients in Japan: The Need for a More Detailed Evaluation of Hepatic Function.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Liver Cancer.
  • / Nov;6(4):325-336
  • 33

  • Evaluation of hepatocellular carcinoma spread via the portal system by 3-dimensional mapping.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    HPB
  • / Sep 6. pii: S1365-182X(17)30884-5
  • 34

  • 混合型肝癌の病理診断 – Consensus and Discrepancy –
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年
    肝胆膵
  • / Vol.74 No.5 707-715
  • 35

  • Clinicopathological features of neoplasms with neuroendocrine differentiation occurring in the liver
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    JCP
  • / 10.1136/jclinpath-2016-203941
  • 36

  • Proposal of a new staging system for intrahepatic cholangiocarcinoma: Analysis of surgical patients from a nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Cancer
  • / Jan 1;122(1):61-70.
  • 37

  • Malignant hepatic epithelioid angiomyolipoma with recurrence in the lung 7 years after hepatectomy: a case report an  literature review.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Surg Case Rep.
  • / Dec;2(1):31. doi: 10. Apr 2
  • 38

  • Report of the 19th Follow-up Survey of Primary Liver Cancer in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Hepatol Res.
  • / Mar 11.
  • 39

  • S-1 monotherapy in a patient with cholangiolocellular carcinoma: A case report.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Mol Clin Oncol.
  • / Dec;5(6):762-766.
  • 40

  • The expression of arginase-1, keratin (K) 8 and K18 in combined hepatocellular-cholangiocarcinoma, subtypes with stem-cell features, intermediate-cell type.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    J Clin Pathol.
  • / Mar 11. pii: jclinpath-2015-203491.
  • 41

  • A comparison of the surgical outcomes among patients with HBV-positive, HCV-positive, and non-B non-C hepatocellular carcinoma: a nationwide study of 11,950 patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Ann Surg.
  • / Mar;261(3):513-20.
  • 42

  • Therapeutic efficacy of splenectomy is attenuated by necroinflammation of the liver in patients with liver cirrhosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Hepatobiliary Pancreat Sci.
  • / Mar;22(3):217-24
  • 43

  • Des-γ-carboxyprothrombin (DCP) and NX-DCP expressions and their relationship with clinicopathological features in hepatocellular carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    PLoS One
  • / Mar 4;10(3):e0118452
  • 44

  • Neoplastic spindle cells are an independent prognostic factor in pancreatic cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Pancreas.
  • / Jul;44(5):742-9
  • 45

  • Proposal of a new staging system for intrahepatic cholangiocarcinoma: Analysis of surgical patients from a nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Cancer.
  • / Oct 2. doi: 10.1002/cncr.29686.
  • 46

  • Epithelial cell adhesion molecule-positive human hepatic neoplastic cells: development of combined hepatocellular-cholangiocarcinoma in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Gastroenterol Hepatol.
  • / Feb;30(2):413-20
  • 47

  • Clinicopathologic Analysis of Combined Hepatocellular -Cholangiocarcinoma According to the Latest WHO Classification
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Am J.Surg Pathol
  • / No.37(4) : 496-505,
  • 48

  • 早期肝細胞癌(早期肝癌)の国際基準
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年
    肝疾患Review
  • / 33-39
  • 49

  • 新WHO分類による肝細胞腺腫の位置づけと亜分類
  • その他 / 単著 / 2012年
    病理と臨床
  • / Vol.30 No.2 230-231
  • 50

  • Immunohistochemical study of metaplastic carcinoma and central cellular carcinoma of the breast: central cellular carcinoma is related to metaplastic carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Med Mol Morphol
  • / No.45 14-21
  • 51

  • Focal Nodular Hyperplasia-Like Nodule with Reduced Expression of Organic Anion Transporter 1B3 in Alcoholic Liver Cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    INTERNAL MEDICINE
  • / Vol.50 1193-1199
  • 52

  • Periostin, a matrix protein,has potential as a novel serodiagnostic marker for cholangiocarcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    ONCOLOGY REPORTS
  • / Vol.25 1211-1216
  • 53

  • Evaluation of the Mean and Entropy of Apparent Diffusion Coefficient Values in Chronic Hepatitis C : Correlation with Pathologic Fibrosis Stage and Inflammatory Activity Grade
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Radiology
  • / Vol.258 No.3 739-748
  • 54

  • Gd-EOB-DTPA 造影 MRI が肝腫瘤性病変の病理診断にもたらす問題点
  • その他 / 共著 / 2011年
    病理と臨床
  • / Vol.29 No.2 196-197
  • 55

  • 非B非C肝細胞癌(肝癌)の背景 肝における発癌要因解析のための病理形態学的検討
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    第46回日本肝癌研究会記録集,三鳩堂
  • / 130-131
  • 56

  • Development of intrahepatic cholangiocarcinoma after a 14-year follow-up of a patient with primary sclerosing cholangitis and ulcerative colitis
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Hepatology Research
  • / Vol.41 1253-1259
  • 57

  • 早期肝細胞がん(肝がん)の形態病理ー国際基準を中心にー
  • その他 / 共著 / 2011年
    最新医学
  • / Vol.66 No.8 31-37
  • 58

  • ”High-grade”central acellular carcinoma and matrix-producing carcinoma of the breast:correlation between ultrasonographic findings and pathological features
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Med Mol Morphol
  • / Vol.44 151-157
  • 59

  • 早期肝細胞癌(肝癌)と前癌病変の病理
  • その他 / 共著 / 2011年
    肝臓
  • / Vol.52 No.7 406-414
  • 60

  • 術前化学療法を施行した大腸癌肝転移切除例の病理組織学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    癌と化学療法
  • / Vol.38 585-589
  • 61

  • 急性肝障害の病理所見
  • その他 / 共著 / 2010年
    臨床消化器内科
  • / Vol.25 No.11 1457-1464
  • 62

  • Clinicocytopathology of breast cancers with a ring - like appearance on ultrasonography and/or magnetic resonance imaging
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Pathology International
  • / Vol.60 22-26
  • 63

  • 原発性肝癌における中間型肝癌の位置づけについての認識
  • その他 / 共著 / 2010年
    病理と臨床
  • / Vol.28 No.2 202-206
  • 64

  • いわゆる境界病変の鑑別
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    腫瘍病理鑑別診断アトラス 肝癌   光文堂
  • / 176-184
  • 65

  • 血流所見と病理組織を対比検討できた中間型肝癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    日本消化器病学会誌
  • / Vol.107 No.3 449-460
  • 66

  • 血管・間葉系腫瘍およびその他
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    腫瘍病理鑑別診断アトラス 肝癌   光文堂
  • / 164-173
  • 67

  • The close correlation between 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine and epidermal growth factor receptor activating mutation in non-small cell lung cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Hum Pathol
  • / Vol.41 No.7 951-959
  • 68

  • 非典型的肝癌の臨床病理学的特徴とCT・MRI 所見
  • その他 / 共著 / 2010年
    臨床放射線
  • / Vol.55 No.3 381-393
  • 69

  • Tumours of the liver and intrahepatic bile ducts; Combined hepatocellular – cholangiocarcinoma.
  • その他 / 共著 / 2010年
    WHO Classification of Tumours of the Digestive System. 4th Edition, Chapter 10
  • / 225-227
  • 70

  • Pleomorphic carcinoma of the breast in a 17-year-old woman
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Med Mol Morphol
  • / Vol.4 43-47
  • 71

  • Clinicopathlogical study of hepatocellular carcinoma with peliotic change.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    ONCOLOGY LETTERS
  • / Vol.1 17-21
  • 72

  • Characteristic expression pattern of oxidative stress in livers with cryptogenic hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE
  • / Vol.1 809-816
  • 73

  • Characteristic Morphology of Invasive Micropapillary Carcinoma of the Breast: An Immunohistochemical Analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Jpn J Clin Oncol
  • / Vol.40 No.8 781-787
  • 74

  • Accelerated expression of a Myc target gene Mina53 in aggressive hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Hepatology Research
  • / Vol.40 330-336
  • 75

  • アルコール性肝障害に発生した肝細胞癌と細胆管細胞癌よりなる混合型肝癌の1切除例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    肝臓
  • / Vol.51 No.11 664-673
  • 76

  • 肝癌診療に必要な病理学
  • その他 / 共著 / 2010年
    肝癌診療マニュアル;第2版: 日本肝臓学会, 医学書院
  • / 15-22
  • 77

  • いわゆる境界病変の鑑別
  • その他 / 共著 / 2010年
    腫瘍病理鑑別診断アトラス 「肝癌」 中沼 安二、坂元 亨宇 編集
  • / 176-184
  • 78

  • 早期肝細胞癌・異型結節の生検診断
  • その他 / 共著 / 2010年
    病理と臨床
  • / Vol.28 No.12 1274-1281
  • 79

  • 中間型肝癌と思われる1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    診断病理
  • / Vol.27 No.3 193-196
  • 80

  • 第8章 肝 孤在性動脈・異常動脈
  • その他 / 共著 / 2010年
    病理と臨床
  • / Vol.28 No.臨増刊 162-163
  • 81

  • 第8章 脂肪化
  • その他 / 単著 / 2010年
    病理と臨床
  • / Vol.28 No.臨増刊 152-153
  • 82

  • 病理組織学的検査(生検組織診断)
  • その他 / 共著 / 2009年
    日本臨床
  • / Vol.67 No.Suppl3 383-387
  • 83

  • Pathomorphologic study of undifferentiated carcinoma in seven cases : relationship between tumor and pancreatic duct epithelium
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    J Hepatobiliary Pancreat Surg
  • / Vol.16 No.4 478-484
  • 84

  • 病理組織学的検査(生検組織診断)
  • その他 / 共著 / 2009年
    日本臨床
  • / Vol.67 No.S3 383-387
  • 85

  • 高度のリンパ球浸潤を伴う肝細胞癌(肝癌)の1切除例 A resected case of hepatocellular carcinoma with lymphocytic infiltration
  • その他 / 共著 / 2009年
    病理と臨床
  • / Vol.27 No.6 568587
  • 86

  • 切除材料の取り扱い・肝癌の肉眼診断
  • その他 / 共著 / 2009年
    臨床消化器内科
  • / Vol.24 No.2 247-255
  • 87

  • 胆管癌の肉眼診断
  • その他 / 共著 / 2009年
    臨床消化器内科
  • / Vol.24 No.3 379-382
  • 88

  • コロナ様濃染を認めた限局性結節性過形成(FNH)の1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    日本消化器病学会誌
  • / Vol.105 No.4 72-79
  • 89

  • 胃転移をともなった中分化型肝細胞癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    日本消化器病学会誌
  • / Vol.105 No.3 68-75
  • 90

  • 肝がんと境界病変(病理)
  • その他 / 共著 / 2008年
    綜合臨床
  • / Vol.57 No.6 1705-1710
  • 91

  • N-myc downstream regulated gene1(NDRG1)/Cap43 enhances portal vein invasion and intrahepatic metastasis in human hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    ONCOLOGY REPORTS
  • / Vol.203 1329-1335
  • 92

  • 肝腫瘍組織発生における肝前駆細胞の関与について
  • その他 / 共著 / 2007年
    久留米医学会誌
  • / Vol.70 No.5 118-122
  • 93

  • 診断 病理診断(特に小肝細胞癌について)
  • その他 / 共著 / 2007年
    Pharma Medica
  • / Vol.25 No.6 35-39
  • 94

  • Immunological Evaluation of Neoadjuvant Peptide Vaccination Before Radical Prostatectomy for Patients With Localized Prostate Cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    The Prostate
  • / Vol.67 933-942
  • 95

  • 肝硬変に生じた4結節を画像所見と生検所見から同時性多中心性発生肝細胞癌と診断した1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    肝臓
  • / Vol.48 No.2 71-78
  • 96

  • 腫瘤血洞から直接類同に流出する血行路とコロナ様濃染の出現についての考察
  • その他 / 共著 / 2007年
    肝臓
  • / Vol.48 No.5 246-248
  • 97

  • 腫瘍内部にコロナ様濃染を認めた結節内結節型肝細胞癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    日本消化器病学会誌
  • / Vol.104 No.6 837-839
  • 98

  • Chemosensitivity Determinants of Irinotecan Hydrochloride in Hepatocellular Carcinoma Cell Lines
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology
  • / 399-407
  • 99

  • Lens culinaris agglutinin-reactive α-fetoprotein and protein induced by vitamin K absence Ⅱ are potential indicators of a poor prognosis : a histopathological study of surgically resected hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    J. Gastroenterology
  • / Vol.42 962-968
  • 100

  • Hyperplastic Nodular Hepatic Lesions Following End-to-side Portacaval Shunting in Childhood.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    NTERNAL MEDICINE
  • / No.46 1203-1208
  • 101

  • 肝癌の病理
  • その他 / 共著 / 2007年
    最新医学
  • / Vol.別冊 25-32
  • 102

  • 原発性肝癌取扱い規約
  • その他 / 共著 / 2007年
    検査と技術
  • / Vol.35 No.6 560-564
  • 103

  • 肝内結節性病変
  • その他 / 単著 / 2007年
    肝胆膵
  • / Vol.54 No.5 651-659
  • 104

  • X-linked inhibitor of apoptosis(XIAP) and XIAP-associated factor-1 expressions and their relationship to apoptosis in human hepatocellular carcinoma and non-cancerous liver tissues
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    ONCOLOGY REPORTS
  • / Vol.18 65-70
  • 105

  • Pathological analysis of oxypholic granular hepatocytes and hepatocellular mitochondria in chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Hepatology Research
  • / Vol.37 425-432
  • 106

  • PIVKA-II の組織発現
  • その他 / 共著 / 2007年
    肝胆膵
  • / Vol.54 No.4 471-475
  • 107

  • 肝前駆細胞と肝癌組織発生
  • その他 / 共著 / 2007年
    病理と臨床・別冊
  • / Vol.25 No.4 337-342
  • 108

  • Possible involvement of myofibroblast in the development of inflammatory aortic aneurysm
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Pathology-Research and Practice
  • / Vol.203 21-29
  • 109

  • 肝内胆管腫瘍栓を伴った大腸癌肝転移の1切除例
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    手術
  • / Vol.60 No.13 2029-2034
  • 110

  • 肝癌の病理  1.肝癌の組織分類
  • その他 / 共著 / 2006年
    臨床消化器内科
  • / Vol.21 No.7 91-100
  • 111

  • Clinicopathological study of scirrhous hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J. Gastroenterology and Hepatology
  • / Vol.21 1470-1477
  • 112

  • 異所性乳癌の2例
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    日本皮膚科学会誌
  • / Vol.116 No.12 1765-1770
  • 113

  • Urodynamic evaluation of a suspension technique for rapid recovery of continence after radical retropubic prostatectomy
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    In J. Urology
  • / Vol.13 373-378
  • 114

  • 慢性アルコ-ル性肝障害にみられる過形成結節の臨床病理像
  • その他 / 共著 / 2006年
    消化器画像
  • / Vol.8 No.5 537-546
  • 115

  • Peritumoral spared areaにリング様濃染を認めたFNH様過形成結節の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    肝臓
  • / Vol.47 No.12 574-581
  • 116

  • Expression of vascular endothelial growth factor-C in human hepatocellular carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J. Gastroenterology and Hepatology
  • / Vol.21 152-160
  • 117

  • 嚢胞性奇形種の線毛上皮成分より発生した卵巣悪性黒色腫の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    診断病理
  • / Vol.22 No.4 273〜275
  • 118

  • 血管構築
  • その他 / 単著 / 2005年
    肝胆膵
  • / Vol.51 No.3 421〜425

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp