久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 児玉 紀洋の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Clinical and biochemical factors associated with area and metabolic activity in the visceral and subcutaneous adipose tissues by FDG-PET/CT.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 2月
    J Clin Endocrinol Metab
  • / Vol.100 No.5 E739-E747
  • 2

  • Anagliptin, a dipeptidyl peptidase-4 inhibitor ameliorates arterial stiffness in association with reduction of remnant-like particle cholesterol and alanine transaminase levels in type 2 diabetic patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Current Vascular Pharmacology
  • / in press
  • 3

  • FDG-PET
  • その他 / 共著 / 2014年
    日本臨牀 増刊号 72 suppl 6「最新臨床高血圧学—高血圧治療の最前線—」
  • / 169-181
  • 4

  • Effects of pioglitazone on visceral fat metabolic activity in impaired glucose tolerance or type 2 diabetes mellitus.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    J Clin Endocrinol Metab
  • / Vol.98 No.11 4438-4445
  • 5

  • Pioglitazone decreases coronary artery inflammation in impaired glucose tolerance and diabetes mellitus: evaluation by FDG-PET/CT imaging.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年11月
    JACC Cardiovasc Imaging
  • / Vol.6 No.11 1172-1182
  • 6

  • [Review] Molecular imaging of vascular inflammation.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Curr Pharm Des
  • / Epub ahead of print
  • 7

  • 特集/心筋症の画像診断 2.心筋症:画像による鑑別診断(総論)
  • その他 / 共著 / 2013年 4月
    循環器内科
  • / Vol.73 No.4 380-386
  • 8

  • 特集/頸動脈プラークのリスクと対応ープラークの質的診断と適切な治療戦略 頸動脈プラークの分子イメージングと炎症
  • その他 / 共著 / 2013年
    カレントテラピー
  • / Vol.31 26-33
  • 9

  • HEART’s Selection「心臓核医学の最新動向」3.心臓のFDG-PET検査 –心筋viabilityと心サルコイドーシスの評価
  • その他 / 共著 / 2013年
    心臓
  • / Vol.45 No.10 1220-1228
  • 10

  • 動脈硬化のFDG-PETイメージング - 冠動脈病変への臨床応用
  • その他 / 共著 / 2013年
    PETジャーナル
  • / Vol.24 24-27
  • 11

  • 特集/心血管イメージング最前線 –エコー, CTからcoronary imagingまで- FDG-PET: 分子イメージングを用いて動脈硬化の質を評価する
  • その他 / 共著 / 2013年
    Heart View
  • / Vol.17 No.11月増刊 303-314
  • 12

  • 動脈硬化プラークイメージング (エコー, CT, MRI, FDG-PET)
  • その他 / 共著 / 2013年
    脂質異常症 – 基礎・臨床研究の最新知見 –(日本臨牀 71増刊号3)
  • / Vol.71 No.増刊3 473-485
  • 13

  • Positive association between serum level of glyceraldehyde-derived advanced glycation end products and vascular inflammation evaluated by 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年12月
    Diabetes Care
  • / Vol.35 No.12 2618-2625
  • 14

  • 臨床分子イメージングによる心・血管病の診断
  • その他 / 共著 / 2012年10月
    別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患「心血管系の慢性炎症」
  • / Vol.1 No.1 90-96
  • 15

  • Successful shunt closure and improvement of hemodynamics in an ASD patient with severe pulmonary arterial hypertension and small shunt following a long-term use of bosentan.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 7月
    Int J Cardiol
  • / Vol.158 No.2 e38-40
  • 16

  • Serum levels of advanced glycation end products (AGEs) are independent correlates of insulin resistance in nondiabetic subjects.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 2月
    Cardiovasc Ther
  • / Vol.30 No.1 42-48
  • 17

  • 心サルコイドーシスをどのように診断するか
  • その他 / 共著 / 2012年 2月
    Heart View
  • / Vol.16 No.2 111-121
  • 18

  • 特集:心臓核医学の最先端 動脈硬化イメージング-臨床応用
  • その他 / 共著 / 2012年
    PET journal
  • / Vol.18 19-21
  • 19

  • Serum level of pigment epithelium-derived factor is a marker of atherosclerosis in humans.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    Atherosclerosis
  • / Vol.219 No.1 311-315
  • 20

  • Pioglitazone attenuates atherosclerotic plaque inflammation in patients with impaired glucose tolerance or diabetes. – A prospective, randomized, comparator-controlled study using serial FDG PET/CT imaging study of carotid artery and ascending aorta –
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    JACC: Cardiovasc Imaging
  • / Vol.4 No.10 1110-1118
  • 21

  • 動脈硬化プラークの分子イメージング
  • その他 / 共著 / 2011年
    日本冠疾患学会雑誌
  • / Vol.17 No.2 114-120

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp