久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 原 好勇の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • インフウルエンザウイルスPAタンパク質のエンドヌクレアーゼ活性を有する最小断片の高度発現法の確立
  • その他 / 共同発表 / 2020年 8月
    日本感染症学会
  • 2

  • A new approach for inhibiting respiratory syncytial virus infection.
  • その他 / 単独発表 / 2020年
    U.S.-Japan Cooperative Medical Sciences Program (USJCMSP) 22nd Acute Respiratory Infections (ARI) Panel Meeting – Viral Diseases.
  • 3

  • A small fragmented P protein of respiratory syncytial virus inhibits virus infection by targeting P protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年
    J Gen Virol. 2020 Jan;101(1):21-32.
  • 4

  • ウイルスRNAポリメラーゼ複合体由来のP断片は抗RSウイルス活性を示す
  • その他 / 単独発表 / 2019年12月
    日本分子生物学会
  • 5

  • 末梢血幹細胞移植後にバロキサビル耐性インフルエンザウイルスの感染が長期間持続した一例
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    日本感染症学会西日本地方会学術集会
  • 6

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼPB2サブユニットのN末領域は転写および複製に関与している
  • その他 / 単独発表 / 2019年11月
    日本感染症学会西日本地方会学術集
  • 7

  • 精製したRSウイルスのP断片はRSウイルスの増殖を抑制する
  • その他 / 単独発表 / 2019年 4月
    日本感染症学会
  • 8

  • RSウイルスの増殖を抑制する欠損型Pの作用機序について
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    日本感染症学会
  • 9

  • The C-terminal fragment of the respiratory syncytial virus phosphoprotein inhibits the viral polymerase activity.
  • その他 / 単独発表 / 2018年
    Negative Strand RNA Virus meeting
  • 10

  • Promoter binding function of influenza virus RNA polymerase PB2 subunit.
  • その他 / 単独発表 / 2018年
    US/Japan Cooperative Medical Science Program: 20th US-Japan Acute Respiratory Infections Panel Meeting
  • 11

  • 黄熱
  • 単行本 / 単著 / 2018年
    ウイルス検査法(日本臨床ウイルス学会編集、春恒社出版)
  • / 336-341
  • 12

  • 渡航後のデング熱疑いとして紹介された、A型肝炎国内感染の1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2018年
    日本渡航医学会誌Vol.12/No. 2, 77-80, 2018.
  • 13

  • RSウイルスの欠損型PはRSウイルスのポリメラーゼ活性を阻害する
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    日本感染症学会西日本地方会学術集会
  • 14

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼPB2サブユニットの転写および複製における役割
  • その他 / 単独発表 / 2017年 4月
    日本感染症学会
  • 15

  • インフルエンザウイルスのPA断片が持つエンドヌクレアーゼ活性は自身の遺伝子複製阻害に関与する
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    日本感染症学会
  • 16

  • 次世代シーケンサーによる病原体不明検体からのコロナウイルスの検出
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    日本感染症学会
  • 17

  • RSウイルスのPタンパク質C末端領域はウイルスRNPの合成を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2017年 4月
    日本感染症学会
  • 18

  • The C-terminal region of the respiratory syncytial virus phosphoprotein has an inhibitory effect on the polymerase activity.
  • その他 / 共同発表 / 2017年
    International Union of Microbiological Sciences
  • 19

  • Basic amino acids in the N-terminal half of the PB2 subunit of influenza virus RNA polymerase are involved in both transcription and replication.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J. Gen. Virol, 98(5): 900-905, 2017.
  • 20

  • 新作用機序によるインフルエンザウイルス阻害剤への応用
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    日本感染症学会西日本地方会
  • 21

  • マイクロRNAをかわすウイルスたち
  • 単行本 / 2016年
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.79 1-7
  • 22

  • The N-terminal fragments of the PB2 and PA subunits severely inhibit a ribonucleoprotein(RNP) activity of influenza A virus.
  • その他 / 単独発表 / 2016年
    US/Japan Cooperative Medical Science Program: 18th US-Japan Acute Respiratory Infections Panel Meeting.
  • 23

  • インフルエンザウイルスのN末端PAによるRNP合成阻害とその特異性について
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    日本感染症学会
  • 24

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼPB2サブユニットのRNA結合部位の同定
  • その他 / 単独発表 / 2015年 4月
    日本感染症学会
  • 25

  • The N-terminal fragment of PA subunit of the influenza A virus effectively inhibits ribonucleoprotein (RNP) activity via supression of its RNP expression.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Infect Chemother, 21(9):296-301, 2015.
  • 26

  • The N-terminal fragments of the PB2 and PA subunits severely inhibit a ribonucleoprotein (RNP) activity of influenza A virus.
  • その他 / 共同発表 / 2015年
    Negative Strand Virus Meeting
  • 27

  • Identification of amino acids critical for polymerase activity in the N-terminal region of the PB2 subunit of influenza virus RNA polymerase.
  • その他 / 単独発表 / 2015年
    Negative Strand Virus Meeting
  • 28

  • Dengue hemorrhagic fever in a Japanese traveler who had preexisting Japanese encephalitis virus antibody.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Trop Med Health, 43(2): 85-88, 2015.
  • 29

  • deep-sequencingを用いた治療抵抗性HCVにおけるIRES領域の遺伝子解析
  • その他 / 共同発表 / 2014年11月
    日本分子生物学会
  • 30

  • インフルエンザウイルスPAサブユニットによるRNP合成阻害の特異性の検証
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    日本感染症学会
  • 31

  • インフルエンザウイルスA/H3N2の遺伝子再集合ではPB2とPAの同時移行が重要である
  • その他 / 単独発表 / 2014年 6月
    日本感染症学会
  • 32

  • インフルエンザウイルスPAサブユニットのN末端断片はRNPの合成を抑制する
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    日本感染症学会
  • 33

  • The N-terminal fragment of a PB2 subunit from the influenza A virus (A/Hong Kong/156/1997 H5N1) effectively inhibits RNP activity and viral replication.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    PLoS ONE, 9(12): e114502, 2014.
  • 34

  • Performance of a rapid human metaneumovirus antigen test during an outbreak in a long-term care facility.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Epidemiol Infect, 142: 424-427, 2014.
  • 35

  • インフルエンザウイルスA/H3N2の遺伝子再集合について
  • その他 / 単独発表 / 2013年11月
    日本感染症学会西日本地方会
  • 36

  • インフルエンザウイルスのPAサブユニットによるRNAポリメラーゼの阻害効果
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    日本感染症学会
  • 37

  • PB2サブユニットによるインフルエンザウイルス遺伝子複製酵素の阻害効果に関する研究
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    日本感染症学会
  • 38

  • Co-incorporation of the PB2 and PA polymerase subunits is a critical determinant for the generation of H3N2 reassortant viruses.
  • その他 / 単独発表 / 2013年
    28th International Congress of Chemotherapy and Infection
  • 39

  • The N-terminal fragment of influenza A virus (H5N1) PB2 subunit strongly inhibits its RNA-dependent RNA polymerase.
  • その他 / 共同発表 / 2013年
    XI International Conference on Negative Strand Viruses
  • 40

  • Functional interaction between PB2 and PA polymerase subunits of influenza virus is a critical determinant of the replication of reassortant viruses.
  • その他 / 単独発表 / 2013年
    XI International Conference on Negative Strand Viruses
  • 41

  • The N-terminal fragment of influenza A virus (H5N1) PB2 subunit strongly inhibits its RNA-dependent RNA polymerase.
  • その他 / 共同発表 / 2013年
    United States-Japan Cooperative Medical Science Program. 16th US-Japan Acute Respiratory Infections Panel Meeting
  • 42

  • Co-incorporation of the PB2 and PA polymerase subunits from human H3N2 influenza virus is a critical determinant of the replication of reassortant ribonucleoprotein complexes.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Gen Virol, 94: 2406-2416, 2013.
  • 43

  • インフルエンザウイルスRNPの活性発現にはPB2-PAの組み合わせが重要である
  • その他 / 単独発表 / 2012年11月
    日本ウイルス学会
  • 44

  • インフルエンザウイルスのPB2サブユニットによるRNAポリメラーゼの阻害効果
  • その他 / 共同発表 / 2012年11月
    日本ウイルス学会
  • 45

  • 重症心身障害児施設でのヒト・メタニューモウイルス集団感染における新規迅速診断キットの有用性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 4月
    日本感染症学会
  • 46

  • インフルエンザウイルスの遺伝子再集合を応用した阻害薬の開発
  • その他 / 共同発表 / 2012年 4月
    日本感染症学会
  • 47

  • インフルエンザウイルスのPB2とPAは遺伝子再集合を制御する
  • その他 / 単独発表 / 2012年 4月
    日本感染症学会
  • 48

  • Intrahost emergent dynamics of oseltamivir-resistant virus of pandemic influenza A (H1N1) 2009 in a fatal immunocompromized patient.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J. Infect. Chemother, 18:865-871, 2012.
  • 49

  • The RNA polymerase PB2 subunit of influenza A/HongKong/156/1997(H5N1) restricts the replication of reassortant ribonucleoprotein complexes.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    PLoS ONE 7(2) e32634: 1-9, 2012.
  • 50

  • H5N1インフルエンザウイルスの遺伝子再集合の制御機構:PB2の機能的役割
  • その他 / 単独発表 / 2011年11月
    日本感染症学会西日本地方会
  • 51

  • オセルタミビル感受性株と抵抗性株がそれぞれ左右剖検肺から検出された新型インフルエンザウイルスA(H1N1/2009)のクローン解析
  • その他 / 2011年 4月
    日本感染症学会
  • 52

  • A型インフルエンザウイルス遺伝子複製酵素の亜型間親和性を決定するアミノ酸解析
  • その他 / 単独発表 / 2011年 4月
    日本感染症学会
  • 53

  • A型インフルエンザウイルス遺伝子複製酵素から見た温度への適応について
  • その他 / 共同発表 / 2011年 4月
    日本感染症学会
  • 54

  • Clinical study concerning the relationship between community-acquired pneumonia and viral infection in northern Thailand.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Intern Med, 50: 991-998, 2011.
  • 55

  • The PA subunit of the influenza A virus RNA polymerase contributes its stable activity on thermal stress through the promoter binding.
  • その他 / 共同発表 / 2011年
    United States-Japan Cooperative Medical Science Program. 15th US-Japan Acute Respiratory Infections Panel Meeting
  • 56

  • Mutational analysis of the PB2 subunit of H5N1 influenza virus RNA polymerase required for the assembly of the functional hybrid ribonucleoprotein
  • その他 / 共同発表 / 2011年
    15th International Congress of Virology
  • 57

  • PAサブユニットはA型インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼの亜型間での親和性に重要である
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    日本感染症学会西日本地方会
  • 58

  • 新規ヒトメタニューモウイルス迅速診断キットの有用性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    日本感染症学会西日本地方会
  • 59

  • A型インフルエンザウイルス遺伝子複製酵素の温度変化への適応
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    日本ウイルス学会
  • 60

  • A型インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼサブユニットの亜型間での親和性解析-PB2(H5N1)の親和性決定部位について-
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    日本ウイルス学会
  • 61

  • A型インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼサブユニットの亜型間での親和性解析 -PA(H3N2)の親和性決定部位について-
  • その他 / 単独発表 / 2010年11月
    日本ウイルス学会
  • 62

  • オセルタミビル耐性株と感受性株が同時に検出された新型インフルエンザウイルスA(H1N1/2009)の変異解析
  • その他 / 共同発表 / 2010年11月
    日本ウイルス学会
  • 63

  • インフルエンザウイルスの遺伝子再集合における親和性について
  • その他 / 単独発表 / 2010年 4月
    日本感染症学会
  • 64

  • 九州北部でのヒト・メタニューモウイルスに対する中和抗体保有調査
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    医学検査 59: 767-772, 2010
  • 65

  • インフルエンザの最新知識 Q & A 2010 パンデミック H1N1 2009 第一波を振り返って」 一般的な予防法とその効能は?
  • 単行本 / 単著 / 2010年
    医薬ジャーナル社
  • / 82-84
  • 66

  • Clinical study concerning the relationship between community-acquired pneumonia and influenza in northern Thailand
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    US-Japan Cooperative Medical Science Program Acute Respiratory Infections Panel.
  • 67

  • Infection control for the pandemic (H1N1)2009 in Kurume university hospital.
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    Meeting of the global outbreak alert and response network (GOARN) partners from the western pacific region
  • 68

  • PA subunit of Influenza A virus RNA polymerae is involved in the stable RNA replication at high temperature.
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    Options for the Control of Influenza VII
  • 69

  • he N-terminal region of the PA subunit of influenza virus RNA polymerase contributes to the functional RNA formation.
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    Options for the Control of Influenza VII
  • 70

  • Artificial hybrids of influenza A virus RNA polymerase reveal PA subunit modulates its thermal sensitivity.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    PLoS ONE 5(12) e15140: 1-11, 2010.
  • 71

  • Analysis of the hybrid trimeric complexes consisted of human and avian influenza virus RNA polymerase subunits
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    日本分子生物学会
  • 72

  • ヒト・メタニューモウイルス感染乳幼児における抗体価とサイトカインの変動
  • その他 / 単独発表 / 2009年
    日本感染症学会
  • 73

  • ヒト・メタニューモウイルス感染症
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    臨床検査 53: 92-96, 2009.
  • 74

  • インフルエンザウイルス遺伝子複製酵素の研究
  • その他 / 共同発表 / 2009年
    日本ウイルス学会
  • 75

  • 入院を必要とした乳幼児の下気道感染症に関与するウイルスの検討
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    医学検査 58: 287-293, 2009.
  • 76

  • インフルエンザの最新知識 Q & A 2009 コラム:(1)インフルエンザ流行の季節、(2)スペイン風邪の病原性、(3)H5N1病原性に関与するRNAポリメラーゼ、(4)インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼを標的とした抗ウイルス薬
  • 単行本 / 単著 / 2009年
    医薬ジャーナル社
  • / 21-79
  • 77

  • 当院における新型インフルエンザ(SOI:swine-origin influenza A/H1N1)対策の現状
  • その他 / 共同発表 / 2009年
    日本渡航医学会
  • 78

  • The immune response to human metapneumovirus in hospitalized infants.
  • その他 / 単独発表 / 2009年
    US-Japan Cooperative Medical Science Program Acute Respiratory Infections Panel
  • 79

  • ヒト・メタニューモウイルス感染症-ウイルス学的性状および集団感染-
  • その他 / 単独発表 / 2008年
    日本感染症学会
  • 80

  • A mutational shift from domain III to II in the ribosomal entry site of hepatitis C virus with interferon-ribavirin therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Archives of Virology
  • / Vol.153 1575-1579
  • 81

  • Differential role of the influenza A virus polymerase PA subunit for vRNA and cRNA promoter binding.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Virology, 370, 2008, 194-204
  • 82

  • A nosocomial outbreak of epidemic keratoconjunctivitis accompanying environmental contamination with adenoviruses.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    J Hosp Infect, 68: 262-268, 2008.
  • 83

  • インフルエンザの臨床像と診断
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Progress in Medicine、27: 2271-2275, 2007.
  • 84

  • Amino acid residues in the N-terminal region of the PA subunit of influenza A virus RNA polymerase play a critical role in protein stability, endonuclease activity, cap binding, and virion RNA promoter binding
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 8月
    Journal of Virology
  • / Vol.80 No.16 7789~7798
  • 85

  • Identification of amino acids critical for polymerase activity in the N-terminal region of influenza virus RNA polymerase PA subunit
  • その他 / 単独発表 / 2005年
    International Union of Microbiological Societies
  • 86

  • Ser624 of the PA subunit of Influenza A virus is not essential for viral growth in cells and mice, but required for the maximal viral growth.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Arch Virol
  • / Vol.148 No.9 1687-1696
  • 87

  • Inhibition of the protease activity of influenza virus RNA polymerase PA subunit by viral matrix protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Microbiol Immunol
  • / Vol.47 No.7 521-526
  • 88

  • Establishment and Characterization of a Continuous Cell Line from Pupal Ovaries of Japanese Oak Silkworm Antheraea Yamamai Guerin-Meneville.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    In Vitro Cell Dev Biol Anim
  • / Vol.39 No.1 1-3
  • 89

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットのもつプロテアーゼ活性の機能解析
  • その他 / 単独発表 / 2002年
    日本ウイルス学会
  • 90

  • Molecular cloning and characterization of the mouse reticulon 3 cDNA.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Cell Mol Biol (Noisy-le-grand)
  • / Vol.48 No.2 163-172
  • 91

  • Promoter/origin structure of the complementary strand of hepatitis C virus genome.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    J Biol Chem
  • / Vol.277 No.32 28700-28705
  • 92

  • Inhibition of protease activity of influenza virus RNA polymerase PA subunit by matrix protein
  • その他 / 単独発表 / 2002年
    国際ウイルス学会
  • 93

  • インフルエンザウイルスの構造と遺伝子
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    臨床検査
  • / Vol.46 133-138
  • 94

  • Kinetic analysis of C-terminally truncated RNA-dependent RNA polymerase of hepatitis C virus.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.290 No.4 1188-1194.
  • 95

  • Caenorhabditis elegans reticulon interacts with RME-1 during embryogenesis.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.293 No.2 698-704
  • 96

  • Antibody-scanning and epitope-tagging methods; molecular mapping of proteins using antibodies.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Curr Protein Pept Sci
  • / Vol.1 No.3 303-308
  • 97

  • Isolation of amantadine-resistant influenza a viruses (H3N2) from patients following administration of amantadine in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    J Clin Microbiol
  • / Vol.39 No.4 1652-1653
  • 98

  • Influenza virus RNA polymerase PA subunit is a novel serine protease with Ser624 at the active site.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Genes Cells
  • / Vol.6 No.2 87-97
  • 99

  • Molecular evolution of human echovirus 9 isolated from patients with aseptic meningitis in northern Kyushu during the summer of 1997.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Microbiol Immunol
  • / Vol.45 No.10 717-720
  • 100

  • Protease activity of influenza virus RNA polymerase PA subunit.
  • 単行本 / 単著 / 2001年
    The world congress on options for the control of influenza IV.
  • / Vol.1219 479-485
  • 101

  • プロテアーゼ活性を有するインフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットはM1と相互作用する
  • その他 / 単独発表 / 2001年
    日本ウイルス学会
  • 102

  • プロテアーゼ活性を有するインフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットとM1との相互作用
  • その他 / 単独発表 / 2001年
    日本生化学会
  • 103

  • インフルエンザウイルス・マトリックスタンパク質M1によるRNAポリメラーゼ・PAサブユニットのプロテアーゼ活性の阻害
  • その他 / 単独発表 / 2001年
    日本分子生物学会
  • 104

  • インフルエンザウイルスの分子生物学4・感染分子機構からみた治療薬開発の方向性
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    治療学
  • / Vol.34 44-49
  • 105

  • 抗インフルエンザウイルス薬
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    治療学
  • / Vol.34 981-986
  • 106

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットはセリンプロテアーゼ活性を持つ
  • その他 / 単独発表 / 2000年
    日本生化学会
  • 107

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットのキモトリプシン様プロテアーゼ活性について
  • その他 / 単独発表 / 2000年
    日本ウイルス学会
  • 108

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットとマトリックスタンパクM1との相互作用の解析
  • その他 / 単独発表 / 2000年
    日本分子生物学会
  • 109

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼのもつプロテアーゼ活性について
  • その他 / 単独発表 / 2000年
    日本生化学会九州支部会
  • 110

  • Protease activity of influenza virus RNA polymerase PA subunit.
  • その他 / 単独発表 / 2000年
    Options for the control of influenza IV
  • 111

  • Emergence of new influenza A viruses which carry an escape mutation of the HLA-B27-restricted CTL epitope of NP in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Microbiol Immunol
  • / Vol.44 No.10 867-870
  • 112

  • Inhibition of influenza virus replication in cultured cells by RNA-cleaving DNA enzyme.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    FEBS Lett
  • / Vol.481 No.2 113-116
  • 113

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットプロテアーゼ活性の解析
  • その他 / 単独発表 / 1999年
    日本ウイルス学会
  • 114

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットはプロテアーゼである
  • その他 / 単独発表 / 1999年
    日本分子生物学会
  • 115

  • Molecular targeting based on the molecular anatomy of influenza virus RNA polymerase
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    日本分子生物学会ワークショップ
  • 116

  • Molecular dissection of influenza virus RNA polymerase.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Rec. Res. Dev. Virol. 1: 839-847, 1999.
  • 117

  • Molecular anatomy of influenza virus RNA polymerase.
  • その他 / 共同発表 / 1999年
    日本生化学会
  • 118

  • Molecular dissection of influenza virus RNA polymerase.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Rec. Res. Dev. Virol.
  • / Vol.1 p 839-847
  • 119

  • インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ・PAサブユニットプロテアーゼ活性の解析
  • その他 / 単独発表 / 1999年
    日本ウイルス学会九州支部総会
  • 120

  • Replication of Mamestra brassicae nuclear polyhedrosis virus in a newly established Mamestra brassicae cell line.
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    Acta Virol. 39: 136-141, 1995
  • 121

  • In vivo and in vitro characterization of several isolates of Spodoptera exigua nuclear polyhedrosis virus.
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    Acta Virol. 39: 215-222, 1995
  • 122

  • A cloned cell line of Spodoptera exigua has a highly increased susceptibility to the Spodoptera exigua nuclear polyhedrosis virus.
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    Can. J. Microbiol. 41: 1111-1116, 1995
  • 123

  • Susceptibility of lepidopteran cell lines to Spodoptera exigua (Lepidoptera: Noctuidae) nuclear polyhedrosis virus.
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    Appl. Entomol. Zool. 29: 395-402, 1994
  • 124

  • New Spodoptera exigua cell lines susceptible to Spodoptera exigua nuclear polyhedrosis virus.
  • 雑誌 / 共著 / 1993年
    In Vitro Cell. Dev. Biol. 29A: 904-907, 1993.

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp