久留米大学研究者紹介
鳥村 拓司のその他教育活動上特記すべき事項
年月日 概要
H13/8/ ハワイ大学PBL-チュートリアルワークショップに参加
H22/6/19 座長:第95回日本消化器病学会九州支部例会、第89回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同:一般:肝3(108-111)
H22/9/25 座長:第42回日本臨床分子形態学会総会・学術集会:一般口演:肝胆膵(4)
H22/11/27 座長:第24回肝類洞壁細胞研究会学術集会:若手研究者奨励賞応募演題(3)
H23/7/29 座長:第47回日本肝癌研究会、一般ポスター:分子標的薬(7) にて
H23/10/20 座長:JDDW (第15回日本肝臓学会大会)、ポスターセッション:原発性肝癌-癌幹細胞 にて
H24/7/20 座長:第48回日本肝癌研究会、ポスターセッション(10)肝癌治療 ソラフェニブ(1) にて
H24/9/29 司会:第44回日本臨床分子形態学会総会・学術集会:シンポジウム(4) 分子形態的アプローチによる肝病態解明の最前線 にて
H24/10/10 司会:20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会、第54回日本消化器病学会大会 合同):シンポジウム(1) 分子標的治療の限界を超える新しい肝癌治療法の開発 にて
H25/3/21 座長:第99回日本消化器病学会総会:一般口演:肝癌(1)
H25/6/22 司会:第101回日本消化器病学会九州支部例会、第95回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同:[特別企画]若手臨床医による消化器疾患の病態ならびに治療に関する基礎研究
H25/9/13 司会:第45回日本臨床分子形態学会総会・学術集会:ワ-クショップ(1)種々の肝胆膵疾患の発生機序解明の新知見
H25/12/6 座長:第40回日本肝臓学会西部会:一般ポスター:肝細胞癌(4)
H26/5/29 司会:第50回日本肝臓学会総会:一般口演:肝癌・臨床(2)
H26/6/6 座長:第50回日本肝癌研究会:一般口演(16)分子標的治療(1)
H26/7/5 司会:第103回日本消化器病学会九州支部例会、第97回日本消化器内視鏡学会九州支部会 合同:ワークショップ(2)消化器癌に対する分子標的治療の基礎と臨床
H26/10/23 座長:22nd JDDW(第18回日本肝臓学会大会):一般ポスター:原発性肝癌(治療-2)
H26/12/13 コメンテイター:第28回肝類洞壁細胞研究会学術集会:一般口演:セッション(8)癌
H27/5/22 司会:第51回日本肝臓学会総会:一般口演:肝癌・基礎(2)
H27/6/6 座長:第12回日本肝がん分子標的治療研究会:一般口演:その他2
H28/7/1 司会:第52回日本肝癌研究会:ワークショップ(7)多発肝癌をどう治療するか?
H29/4/10 司会:HCV International Exchange Meeting In Fukuoka:Uncoverring the benefits of Hepatitis C treatment and beyond
H29/5/25 座長:C型肝炎学術講演会 筑後:特別講演:C型慢性肝炎・肝硬変に対するインターフェロンフリー治療の新たな展開〜虎の門病院における治療の実態を踏まえて〜
H29/6/16 座長:第12回肝炎治療コーディネーター養成セミナー
H29/8/10 座長:筑後ウイルス肝炎セミナー:特別講演:C型肝炎治療の最新成績
H29/9/9 座長:第4回市民公開講座&シンポジウム:市民公開講座:もっと知ろう!肝炎・肝がん・脂肪肝
H29/10/26 司会:Kurume Liver Cancer Study Group (KLCSG) 16th フォーラム:ソラフェニブ治療抵抗進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブ治療
H29/12/1 座長:第42回日本肝臓学会西部会:ランチョンセミナー10:肝性脳症のこれからのマネジメント〜リファキシミン登場による今後の治療戦略〜
H29/12/4 座長:消化器内科セミナー:特別講演:肝移植における内科医の役割-肝臓病死ゼロに向けて-
H29/12/6 座長:Sciences Forum -HCV and The Body- in久留米:講演:HCV感染と高齢者 福岡県の取り組み
H29/12/6 座長:Sciences Forum -HCV and The Body- in久留米:特別講演:C型肝炎治療-残された課題とその対応-
H29/12/14 座長:久留米肝がん治療開発研究会:Special lecture:腫瘍溶解性ウイルス・免疫遺伝子治療薬とHB-EGF肝再生治療薬の基礎・臨床開発
H30/1/13 座長:第5回九州リバーフォーラム:一般口演:消化器癌
H30/1/24 座長:ちくご肝疾患セミナー:特別講演:NAFLDをどう診断するか
H30/3/7 座長:Kurume Hepatitis Forum:特別講演:B型肝炎からの卒業への道のり
H30/3/8 座長:肝移植連携セミナー:特別講演:肝臓内科医に知っていただきたい肝移植後亜急性期以降の問題点と対策
H30/3/9 座長:消化器・糖尿病セミナー:特別講演:慢性肝疾患・残された多くの課題-糖尿病合併NAFLDから肝疾患QOLまで-
H30/3/19 司会:筑後消化器内科セミナー:特別講演:様々な肝疾患に見られる脂肪肝の病理-脂肪肝診断のpitfall-
H30/3/26 座長:第16回筑後ウイルス肝炎研究会:特別講演1:SAKSにおけるエレルサグラジナの実臨床成績とC型肝炎患者の掘り起こしについて
H30/5/29 座長:先端癌セミナー(肝炎・肝癌シンポジウム):一般口演:C型慢性肝疾患と肝がん〜DAA治療後の発癌について〜
H30/5/15 座長:レンビマ適応追加記念講演会in久留米:特別講演:肝細胞癌の最新治療法〜レンバチニブを中心に〜
H30/6/14 司会:第54回日本肝臓学会総会:ランチョンセミナー13:「SVR後の肝線維化評価の重要性」「肝線維化からみた全身疾患-肝臓病をトータルに考える」
H30/7/18 座長:肝がん医療従事者向け講演会『肝がん予防のための栄養・運動療法』『肝がん治療の現在とこれから』
H30/6/29 司会:第54回日本肝癌研究会:モーニングセミナー2:肝癌撲滅に向けたC型肝炎治療
H30/7/28 座長:AbbVie HCVフォーラム2018:Session3:代償性肝硬変に対するGlecaprevir/Pibrentasvir療法の検討
H30/8/4 コメンテータ:NEXT 10.1 ANNIVERSARY SYMPOSIUM:一般講演:シーケンシャル療法のエビデンスと適正使用
H30/8/10 座長:chronic hepatitis C conference in Chikugo The fifth time::特別講演:終焉を迎えたC型肝炎治療と新規肝癌の治療薬の潮流〜DAA非治癒例に対するマヴィレットの治療成績も含めて〜
H30/9/15 座長:Hepatitis Forum 2018:一般口演:『福岡県のウイルス性肝炎撲滅を目指して』『B型肝炎史〜50年の振り返りとS抗原消失への未来〜』
H30/9/22 司会:第20回九州肝癌研究会学術講演会:一般演題:肝がん分子標的治療
H30/11/24 座長:Across Kyushu Liver Expert Forum:DAA治療後発癌の実態と進行肝癌治療の展望
H30/11/29 司会:Kurume Liver Cancer Study Group(KLCSG) 18th フォーラム:レゴラフェニブとレンバチニブの使用経験

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp