久留米大学研究者紹介
永田 見生のその他教育活動上特記すべき事項
年月日 概要
 H13/〜 教務委員
 H15 国家試験対策委員
2006- 政策提言 腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン策定委員・疫学担当
2006- 政策提言 骨粗鬆性椎体骨折診療ガイドライン策定のための臨床研究、日本整形外科学会脊椎脊髄病委員会多施設共同研究、代表:永田見生
2008 政策提言 臨床研究:骨粗鬆性椎体骨折に対する保存療法の指針策定のための探索的研究、代表:永田見生
2009 政策提言 リウマチ頚椎病変の治療に関するエビデンス形成のための体制確立と技術開発研究班、分担研究:永田見生

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp