久留米大学研究者紹介
大場 はるかのその他教育活動上特記すべき事項
年月日 概要
2011/4/-2011/9 ザールラント大学(ドイツ)歴史学科, 非常勤講師(日欧文化交流,演習)
2011/10/7 バイエルン州立民俗博物館の講演シリーズで講演(題目:Das Jesuitentheater in Bayern und das katholische Japan in der Frühen Neuzeit, 邦訳:近世バイエルンのイエズス会劇とカトリックの日本)
2011/10/-2012/3 エアフルト大学(ドイツ)歴史学科, 非常勤講師(日欧文化交流,実習)
2012/6/11 ベルリン日独センターのオープンハウスで講演(題目:Die Entwicklung des Wissens über Japan im frühneuzeitlichen Europa. Flugschriften, Bilder, Kunstwerk und Theater, 邦題:近世ヨーロッパにおける日本に関する「知」の展開ー小冊子・絵画・芸術品・演劇)
2014/4/-2014/8 京都府立大学文学部,非常勤講師(西洋史史料演習3)
2014/11/14 京都大学学務部入試企画課が企画した「学びコーディネータ―」事業(高大連携推進事業)の一環で、大阪府私立清風高等学校で出張授業(題目:西欧近世の日本)
2017/5/21 How to get your articles published(主催:Historians Workshop)で講演(ドイツ語圏での学会発表・論文執筆&投稿について)
2018/3/23 参加している日本学術振興会二国間交流事業の共同研究をふまえ、久留米大学で公開ワークショップ『近世ドイツ語圏のイエズス会劇と西洋古典文学』を開催(久留米大学地域連携センター後援、比較文化研究所越境研究会・地中海研究部会共催)。
2018/10/23 久留米大学の公開講座『14)筑後の伝統工芸の魅力』において第5回目の講演を担当。講演題目:ドイツの伝統工芸を見習う―筑後の伝統工芸継承のために
2019/3/12 福岡県歴史高校教員研究会主催の平成30年度世界史研究会第2回研修会で講演。 講演題目:学院劇から考える西洋近世史:宗教改革とイエズス会の日本劇
2019/10/3 【特別講演の企画・実施】久留米大学比較文化研究所地中海部会の支援を得て、ノルウェー科学技術大学のブリッタ・ケーグラー准教授を招聘し、西洋史学の授業中に特別講演(英語)をお願いした。その際、発表原稿とPowerPointの翻訳、講演の際の日本語サマリーを担当。 講演題目:Baroque Architecture. Cultural Transfer from Italy to Germany – and on to Scandinavia? (バロック建築:文化移転―イタリアからドイツ、そしてスカンジナビアへ?)
2019/9/29 久留米大学外国語教育研究所が企画した産業界と大学のコラボイベント「筑後エリアのニーズと外国語教育をつなぐ」の運営・実施に協力。
2019/10/13 久留米ユネスコ協会が企画した「ケニア料理体験会」に学生を連れて参加予定。 *東京オリンピックの際にケニアの選手団が久留米に滞在することを考えた企画。
2019/11/9 久留米ユネスコ協会が主催する「2019 九州ブロック・ユネスコ活動研究会 in 福岡」で、活動報告(報告題目:「異文化体験実習とSDGs教育:イマココラボのカードゲームなど」)。

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp