久留米大学研究者紹介
中島 洋子の教育方法・教育実践に関する発表、講演等
年月日 概要
2002/7/5発表 「健康な高齢者とのふれ合いを通しての実習の学びと教育的意義」(第44回日本老年社会科学会大会)
2002/11/3発表 「高齢者の抑制から人権を考える演習の教育的意義ー演習前後の意識調査と演習記録の分析よりー」(日本老年看護学会第7回学術集会)
2004/8/8発表 「高齢者の尊厳」理解のための身体的抑制に関する演習の効果(第17回日本看護福祉学会全国大会)
2004/11/6発表 「強みを活かす老年看護学実習の教育方法の検討」(日本老年看護学会第9回学術集会)
1999/~2001/、2005/、2007 福岡県看護教員養成講習会講師(看護論2001まで、看護教育方法・老年看護学)
1999/~2007 福岡県看護実習指導者講習会講師(実習指導の実際・老年看護学)
2006/8/6発表 「地域高齢者の授業参加による老年看護学の教育方法と評価」日本看護学教育学会第16回学術集会)
2007/7/7発表 高齢者の尊厳を考える演習内容と学生の学びー身体拘束およびおむつ装着体験後のレポート分析からー(日本看護福祉学会第20回全国学術集会)
2007/8/10発表 高齢者の理解に向けた老年看護学の教育方法と効果ー高齢者模擬体験及び地域高齢者の授業参加を通してー(日本看護学教育学会第17回学術集会)
2007/11/11発表 老年看護学の授業に模擬患者を導入した教育の効果(第1報)ー「高齢者の意思決定を支える援助」の演習後のレポート分析ー(第12回日本老年看護学会)
2007/11/11発表 老年看護学における模擬患者を導入した学習効果(第2報)-老年看護学実習にもたらした成果ー第12回日本老年看護学会
2012/12/8講演 くるめ生活支援研究会(OT・福祉用具専門相談員)12月定例会講演会 「認知症の理解と対応」えーるピア久留米にて
2012/9/5 久留米大学公開講座、認知症の最新情報と家族の対処法 「知っておきたい認知症と介護の知識」
2013/7/16 講演:認知症の早期発見と対応、認知症の人と家族への支援、高齢者快適生活つくり研究会主催ケアマネ研研修、久留米市役所3階会議室にて
2013/12/18 講演:ものわすれ相談・予防検診、くるめ地域包括支援センター主催自主勉強会、久留米市役所3階会議室にて
2014/1/14 講演:認知症のケア、福岡県認知症医療センター(久留米大学・大牟田病院共同企画)医師向け研修会、久留米大学医学部看護学科にて
2014/3/15 講演:ものわすれ、心配ありませんか?認知症への気づき、元気脳を保つ、久留米市認知症予防地域講演会、久留米市三潴公民館にて
2014/5/28 講演:認知症はこわくない、認知症の人の理解と向き合い方、朝倉市第1回みんなの人権セミナー、朝倉地域生涯学習センターにて
2012/12/14 日本認知症ケア学会2014年度九州・沖縄地域大会 特別講演「地域で暮らす認知症の人と家族に向けた早期支援技術」ー地域・外来での相談対応ケア連携の実際ー
2015/1/22 楠病院職員研修会「認知症の人の力とその人らしさをチームでとらえる」講演・事例検討

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp