久留米大学研究者紹介
八木  実の教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
年月日 概要
2010/8/5~8/7 久留米大学医学部ではよりよい医学教育システムの構築を目指し、2年に1度、医学教育ワークショップとして現在の改善すべき医学教育上の問題点を事前に提起しておき、夏季に合宿形式で教員、学生教務職員が一同に集まり検討を行い、最終的に新たな提言を行うことにしている。平成22年には第21回久留米大学医学教育ワークショップにて実行委員長として「PBLチュートリアルのこれまでとこれから」、「一貫したストーリーを持った医学教材とは?シラバスと教科書の乖離、シラバスの功罪」、「教養教育の強化(国語力強化、一般教育における重点項目とは?」、「大学院教育の更なる充実を目指して~原点を見つめ直し、新たな展開を見出そう~」といった4つのテーマを設定し実際の運営にあたった。

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp