久留米大学研究者紹介
福山 裕夫の教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
年月日 概要
H14/度 授業評価を行い、ゼミ以外の講義におけるシラバスは、基本的にMicrosoft Power Pointを使用し、講義では板書にかかる時間を基本的になくし、プロジェクターを用いて講義を行っている。
H21/度 講義内容(精神保健福祉論Ⅰ、Ⅱ、精神科リハビリテーション学、医療心理学、医療カウンセリング、精神保健福祉援助技術総論、精神保健援助技術演習)については、基本的に板書はなく、パワーポイントの内容がPDF化され、受講者が予習しやすいよう講義の初めの段階で配布されている。
H24/3 平成24年1月に行われた、第14回精神保健福祉士国家試験において、平成23年度新卒の卒業生(つまり新卒)について、合格率が100%であった。 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000024ida-att/2r98520000024lct.pdf
22/度 精神保健福祉士(国家資格)に関する講義科目については、厚生労働省の出題基準とそれに従って同省提出済みのシラバスに則り、精神保健福祉士養成校協会の指定する教科書(中央法規版)の記載個所をリファランスしている。 さらに、定期試験の評価においてはすべてを国家試験に準じたマークシート方式を採用し、得点率、偏差値、個人間のばらつきを解析し、教授内容の適正化に努めている。 VTR教材による演習では、精神科リハビリテーションや演習において、リバーマンのSSTツールキット、アメリカ連邦政府公認EBP実施ツールセットを導入、CCDカメラによるフィードバックシステムを使用している。

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp