久留米大学研究者紹介
氏名 星野 友昭 1964 生
フリガナ ホシノ トモアキ
ローマ字 Hoshino Tomoaki
本務所属(職名) 医学部医学科内科学講座(教授)
取得学位 医学博士
URL
専門分野 生体防御と免疫系一般、免疫反応、呼吸器の疾患、呼吸器の疾患の治療、免疫性疾患,アレルギー性疾患
研究テーマ 呼吸器疾患およびアレルギー性疾患
COPD
肺障害・間質性肺炎
マウス疾患モデル
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) NCI/NIH/USA Dr. Youngらとの共同研究
UCHSC/コロラド大/USA Dr. Dinarelloらとの共同研究
Do-Young Yoon, Ph.D.Kor. Res. Institute of Bioscience and Biotechnologyらとの共同研究 Eoeun Dong 52, Yuseong-Gu, Daejeon 305-333, Korea
順天堂大学、東北大、大阪大、京都大、兵庫医大、九州大、琉球大等国内の大学との共同研究
日本オルガノン(大阪)との共同研究
(希望) 国内外の製薬会社との共同研究
我々が樹立した遺伝子改変マウスや肺障害モデルマウスは供与可能です
所属学会 日本呼吸器学会(2001-)
The Japanese Society for Immunology 日本免疫学会(1990-)
米国免疫学会 (AAI)(2001-)
日本免疫学会(2001-)
日本感染症学会(2001-)
International Society for Interferon and Cytokine Research(1997-)
米国胸部学会 (ATS)(1997-)
日本内科学会(1990-)
日本アレルギー学会(2001-)
文部科学省班員(ゲノム医科学)(文部科学省班員(ゲノム医科学))
厚生労働省班会議(研究協力者)
文部科学省科研費(審査委員候補者)
学会賞等 2007:Pneumo Forum賞
1997:福岡県対ガン協会賞
1997:Fogarty fellowship, NIH, Bethesda, MD, USA
1997:学術術振興会海外特別研究員(NIH)
2003:日本呼吸器学会奨励賞
平成17年8月:International Society for Interferon and Cytokine Research Seymour and Vivian Milstein Travel Award
研究者からの
一言アピール
製薬会社と呼吸器疾患・炎症性疾患の共同研究を行いたいかたはご連絡下さい また当教室で樹立した遺伝子改変マウスや肺障害モデルマウスは供与可能です
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2016/03/10

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp