久留米大学研究者紹介
氏名 古村 美津代 1961 生
フリガナ フルムラ ミツヨ
ローマ字 Furumura Mitsuyo
本務所属(職名) 医学部看護学科(准教授)
取得学位 教育
URL
専門分野 認知症高齢者グループホームの研究、老年看護教育方法の研究、高齢者の人権に関する研究
研究テーマ 高齢者の人権に関する研究
高齢者の回想法に関する研究
老年看護学の教育方法に関する研究
認知症高齢者グループホームのケアスタッフの支援に関する研究
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 
(希望) 
所属学会 九州地区看護理論研究会(1999年~現在)
日本看護診断学会(1999年~現在)
老年看護学会(1999年~現在)
日本老年社会科学会(2001年~現在)
日本看護研究学会(2002年~現在)
日本公衆衛生学会(2002年~現在)
介護福祉国家試験実地試験(2006年3月:介護福祉国家試験実地試験委員)
福岡県看護協会(2006年~2009年:福岡県看護学会研究発表支援員)
日本看護福祉学会(2011:査読委員)
久留米大学公開講座 認知症の最新情報と対処法「認知症と介護保険」講師(2012年)
九州回想法・ライフレビュー研究会(2004年:世話人)
第26回日本看護福祉学会学術大会(2012年:事務局)
ものわすれ予防検診ー高次脳疾患研究所との共同企画(2007年~現在:5回/年 実施)
サンライフ久留米 文化教養の講演会「知っておきたい認知症ー仕事と介護の両立を目指してー」(2011年:講師)
久留米市「ものわすれ相談窓口」(2005年:2005年より現在 相談員)
認知症高齢者ケアの実践 研修会 (主催:古村美津代)(2012年:2012.9月 「認知症高齢者の理解-症状・対応・悪化棒についてー」    10月「認知症高齢者とのコミュニケーション」    11月「認知症高齢者の栄養と調理法」    12月「グループホームにおける認知症高齢者のリハビリテーション」)
久留米大学公開講座(2012.9.19:講師 認知症と介護保険)
久留米認知症ネットワーク研究会(2013.2.26:シンポジスト)
国際ソロプチミスト佐賀ー東部クラブ(2013.6.8:ガールズカンファレンス選考委員 2013.6.8)
九州・沖縄地区 日本老年看護学会「生涯学習支援研修(基礎編)」(2013.12.26:2013.12月26日 ファシリテーター(演習))
社会福祉法人拓く(評議員(平成26年3月19日~平成28年3月31日))
大川市介護保険認定審査会(平成27年4月~:大川市介護保険認定審査会委員 平成27年4月~)
日本老年看護学会 (平成28年~:代議員(2016年~2020年))
日本老年看護学会査読委員(2016年6月~2018年6月)
LLアドバイザー研修会  「認知症の人や家族を地域で支えるために」(2016.10.6)
福岡県医師会 居宅系サービス従事者認知症対応力向上研修(2017.2.10)
日本老年看護学会大23回学術集会企画委員(2017.2/18~2018.7月末日)
日本老年看護学会平成29年度認知症看護対応力向上研修九州沖縄地区(2017.10月:2016・2017)
学会賞等
研究者からの
一言アピール

教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2017/08/24

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp