久留米大学研究者紹介
氏名 Arthur Meerman 1971 生
フリガナ アーサー ミアマン
ローマ字 Arthur Meerman
本務所属(職名) 文学部(教授)
取得学位 教育学博士
教育管理修士
URL
専門分野 英語教育学・教育行政学
研究テーマ 日本の公立中学校、高校での英語教育の管理
応用言語学(日本の大学での第二言語習得・教授方法)
国際社会における高等教育機関のシステムの変動
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 
(希望) 
所属学会 中学校1年から3年までの生徒を対象としたティーム・ティーチングのためのカリキュラム開発: JET (語学指導等を行う外国青年招致事業」the Japan Exchange and Teaching Programmeの略称)(1994年8月から1997年7月まで)
文部科学省・財団法人自治国際化協会(CLAIR)主催によるJETプログラム全国大会・オリエンテーション(1994年8月から1997年7月まで:広島市ALT代表として参加)
3週間の小学生英語会話集中コースの授業計画および教材作成(2001年8月 (夏休みの3週間))
日本比較教育学会の学術誌編集委員会(2005年8月から 現在まで:日本比較教育学会が出版している『比較教育学研究』の編集委員会の委員)
2007年アジア読書学会東京大会開催準備委員会委員(2006年4月から 2007年8月まで:準備委員会の委員)
広島修道大学英語入試問題出題委員: 広島修道大学の英語の入試問題を作成また,また,推薦入試のために,日本語と英語で面接を実施した.(2006年5・6月)
2006年度アジア読書学会台北大会にてMeasuring the Effects of Intensive Instruction on the Rules of Adjective Order in English Phrases for Japanese ESL Studentsの口頭発表を行った.(2006年11月 3 ~ 5日)
2007年度アジア読書学会東京大会(2007年8月4日:口頭発表司会)
久留米大学English Workshop Seriesのコーディネータとして,異文化体験と英語に慣れ親しむことを目的に,毎月2回(夏休みを除く)ワークショップを企画・開催している.2008年の4月から10月15日までに8回開催した.(2008年4月1日から現在)
2009年度、国際高等教育フォーラムにてThe Public Role of Higher Education in a Changing Global Environment(急変する世界環境における高等教育の公的役割)の口頭発表を行った。(2009年10月30日)
2010年度、国際高等教育フォーラムにてA National Strategy and Vision for the Internationalization of Japanese HE : An Era of Multi-polar Initiatives in Asian Higher Educationの口頭発表を行った。(2010年12月10日)
全国語学教育学会 JALT CALL2011年次大会の議長を務めた。(2011年6月3日〜5日:大会議長(2011年度))
テリーフォックス財団(カナダ)の協力のもと、テレビドキュメンタリー「僕には夢があった(I Had a Dream)」に、英語と日本語の字幕をつけ、新しくマスターテープを作成した。東京のカナダ大使館でビデオの公開をし、全国のカナダ人教員(中学・高校)、その他希望者にDVDの配付が決定した 。(2011年6月から2012年10月まで)
観光業界英語(大学生向けの教科書)の英文校閲を担当した。(2012年3月)
2013年度、国際高等教育フォーラムにてGrowing Autonomy in the International Dimension of East Asian Higher Educationの口頭発表を行った。(早稲田大学)(2013年2月 1〜2日)
全国語学教育学会にてDeveloping Authentic Canadian Materials for the Classroom(テリーフォックステレビドキュメンタリーDVDの英語・日本語字幕作成について)の口頭発表を行った。(南山大学)(2013年5月18日)
全国語学教育学会にてCreating Authentic Materials for the Language Classroom 語学クラスのオーセンティック資料の作成・使用方法の口頭発表を行った。(札幌市エルプラザ)(2014年3月1日)
第50回比較教育学会内のラウンドテーブルにて司会を務める. Emerging International Dimensions in East Asian Higher Educationの口頭発表を行った。(名古屋大学)(2014年5月18日)
学会賞等
研究者からの
一言アピール

教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2015/07/27

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp