久留米大学研究者紹介
氏名 鍋谷 照 1966 生
フリガナ ナベタニ テル
ローマ字 Nabetani Teru
本務所属(職名) 人間健康学部(教授)
取得学位 博士(人間環境学)
URL
専門分野 健康科学、体育学
研究テーマ 知的障害者の運動継続
発展途上国の子どもの体力
一過性運動の心理的効果
幼児の健康・運動能力
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 広川チルドレンズパーク事業ワークショップ講師
子どもの健康の”見える化”及びデータ利活用の仕組みづくり
私立大学研究ブランディング事業,「すこやかな『次代』と『人』を創る研究拠点大学へ~先端がん治療・研究による挑戦~」事業,久留米大学文医融合プロジェクト,「医療的ケアの必要な子どもの子どもらしい生活を支える保育士および教師・心理職の職能に関する研究」(研究代表者:濵﨑裕子)
(希望) 
所属学会 日本体育学会(1992-)
日本スポーツ心理学会(1992-)
日本教育心理学会(1995-)
日本健康心理学会(1998-)
日本生理人類学会(1999-)
日本学校保健学会(2002-)
日本発育発達学会(2007-)
日本運動・スポーツ科学学会(2008-)
東海体育学会(2004-2018:理事(2014.1-2017.12))
学会賞等
研究者からの
一言アピール
人々の運動行動の習慣化のために、一過性運動における心理的効果を探ってきました。その 後、人々の健康行動の定着のためには、個人だけではなく社会の要因も大きな影響を及ぼす ことを強く考えるようになります。それは、発展途上国の子どもたちとの関わりや、知的障 害をお持ちの方々との関わりによって意識づけられたものです。現在は、個人における運動 行動の定着に人的環境が及ぼす影響について確認をしたいと考えています。
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2020/06/03

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp