久留米大学研究者紹介
氏名 河原 幸江
フリガナ カワハラ ユキエ
ローマ字 Kawahara Yukie
本務所属(職名) 医学部医学科薬理学講座(准教授)
取得学位 Effects of midazolam and Y-23684, a partial agonist of the benzodiazepine receptor in the serotonin nerve system in the amygdala: Bsasic Research on a selective anxiolytic. Japanese Dental Anesthesiology, 23, 90-110.
URL http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/pharm/index.html
専門分野 中枢神経薬理学、神経科学
研究テーマ うつ状態に拮抗するP11タンパク質による脳内ドーパミン神経とノルアドレナリン神経の活動制御メカニズムの解明
セロトニン1B受容体による大脳基底核の活動制御のメカニズムの解明
レット症候群モデルマウスの脳内ドーパミン神経を中心とした病態の解明
依存性薬物コカインの連用でおこる行動異常のメカニズムの解明
中脳辺縁系ドーパミン神経と中脳皮質ドーパミン神経の制御機構の比較
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) ノシセプチンに関する研究
(希望) 抗うつ薬・抗精神病薬などの中枢神経作用薬開発および作用発現機構に関する研究
グレリンの中枢神経作用および行動に関する研究
ノシセプチン、カナビノイド、コカインに関する研究
所属学会 Japanese Dental Society of Anesthesiology(1991-present)
日本薬理学会(1997-present:評議員)
Society for Neuroscince(1999-2003)
日本神経精神薬理学会(2010~現在:評議員(2012年11月~現在))
CINP(2011~現在)
学会賞等
研究者からの
一言アピール
1.自由行動下のマウスの脳内ドーパミンおよびノルアドレナリンの細胞外量の経時的測定を実施しています。 2.うつ病、統合失調症、薬物依存などの神経系疾患の病態生理解明、薬物やホルモンの治療作用機序の解明に関係する共同研究を希望しています。 3. 未だに全く手がつけられていない、脳の意識と無意識の興味があります。
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2019/01/10

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp