久留米大学研究者紹介
氏名 井上 雅広 1961 生
フリガナ イノウエ マサヒロ
ローマ字 Inoue Masahiro
本務所属(職名) 医学部医学科感染医学講座(教授)
取得学位 医学博士
URL
専門分野 微生物学(ウイルス以外)、蛋白質・ペプチドの生化学、酵素学、生化学一般
研究テーマ 1) 全ての真核生物に存在する分子シャペロン14-3-3のアフリカ睡眠病を起こすトリパノソーマ原虫における機能の 解析  我々が開発したテトラサイクリン依存性発現ベクターを用い、double-stranded RNA interferenceを利用した遺伝子ノックダウン、過剰発現によりTb14-3-3に結合する分子の機能を探求する。それによりほ乳類14-3-3とは似て非なるTb14-3-3のユニークな機能を同定する。 さらに、ほ乳類14-3-3とTb14-3-3の差異を利用した抗トリパノソーマ治療薬の開発を目指す。
2) 抗トリパノソーマ原虫作用のある物質の合成とその薬理作用  近年、我々はスクリーニングにより数種類の蛍光物質に抗トリパノソーマがあることを見いだした。北海道大学のノーベル賞受賞者と親交のある新進気鋭の山田幸司 准教授との共同研究でそれらの抗トリパノソーマ原虫作用のある物質を合成してもらいin vitro、in vivoでの薬理学的作用を上記の遺伝学的、生化学的手法を用い解明する。
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 長崎大学熱帯医学研究所
徳島大学工学部
久留米市都市エリア産学協賛
エクセルジャパン株式会社
(希望) 
所属学会 日本寄生虫学会(平成13年4月:評議員2006-現在)
分子生物学会
日本生化学会
学会賞等
研究者からの
一言アピール
我々は、系統樹上 ヒトと最もかけ離れた大古の真核生物であるトリパノソーマ原虫のリン酸化蛋白を介したシグナル伝達機 構を研究しています。RNA editingなる現象が最初に見つかったこの原虫を用い、ヒトの生物学にも役立つ現象の発見およ び、原虫が引き起こすアフリカ睡眠病の治療薬の開発を目指して日夜努力しています。ようやく長いトンネルを抜け興味深い データが、出はじめてきて来ています。人と異なったユニークな研究を始めたい情熱のある大学院生を募集しています。
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2019/05/22

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp