久留米大学研究者紹介
氏名 緒方  啓 1969 生
フリガナ オガタ ケイ
ローマ字 Ogata Kei
本務所属(職名) 医療センター(准教授)
取得学位 医学博士
URL
専門分野 ウイルス性肝炎の病態診断と治療、C型急性肝炎の病態診断と治療、自己免疫性肝疾患、薬剤性肝障害、C型肝炎症例の拾い上げ・院内連携
研究テーマ DAA治療に抵抗性を示すC型慢性肝炎の病態解析
治療抵抗性HCVの遺伝子学的解析
特殊例を含む原発性胆汁性胆管炎の病態
肝疾患拾い上げのための院内連携
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 
(希望) DAA治療に抵抗性を示すC型肝炎の病態解析
C型肝炎症例の拾い上げ・院内連携に関するシステム構築
非典型的原発性胆汁性胆管炎の病態解析
所属学会 日本内科学会/日本肝臓学会/日本消化器病学会/日本消化器内視鏡学会(1994年5月~現在:日本肝臓学会西部会評議員(2014年10月~現在) 日本肝臓学会指導医(2017年4月~現在) 日本消化器病学会九州支部評議員(2018年1月~現在) )
学会賞等
研究者からの
一言アピール
C型肝炎の病態について長年研究を行っています。DAA治療により大半の症例が治癒する時代になりましたが、未だごく少数の治療抵抗例が存在し、病態の解析・新規治療法の開発が責務であると考えています。 また、院内連携によるC型肝炎新規症例の拾い上げなどにも取り組んでいます。 C型肝炎以外にも、特殊な原発性胆汁性胆管炎例など自己免疫性肝疾患の診療・研究にも力を入れており、学会・論文発表を積極的に行っています。 医学部出身者以外でも大歓迎です。是非、一緒に研究を行いたいと考えています。ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動
肝疾患に対して医師(肝臓専門医)、看護師(肝炎コーディネータ含む)、薬剤師、臨床検査技師、ソーシャルワーカー、医事課職員等から構成される多職種ワーキンググループを結成しています。 特に、肝炎コーディネータの養成・適正配置の検討やウイルス性肝炎症例の拾い上げ・診療漏れの防止について積極的な活動を行っています。
最終更新日 2019/04/27

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp