久留米大学研究者紹介
氏名 中島 洋子 1953 生
フリガナ ナカシマ ヨウコ
ローマ字 Nakashima Youko
本務所属(職名) 医学部看護学科(教授)
取得学位 健康福祉学修士
医学博士
社会学士
URL http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/
専門分野 老年看護学、看護,看護サービス
研究テーマ 認知症高齢者の早期対応と地域支援システムの構築に関する研究
認知症の早期発見・早期診断の可能性-探索的眼球運動の特徴-
模擬患者導入による認知症高齢者とのコミュニケーション
高齢者の理解を高める教育方法の開発-模擬患者導入による教育方法-
高齢者における回想法・ライフレヴューに関する研究
高齢者の抑制から人権を考える教育の意義
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 高齢者の精神的・身体的老化予防に及ぼす生き方、態度、対人関係の影響に関する研究
もの忘れ相談および認知症の早期対応における地域支援システム構築に関する実証的研究
(希望) 認知症高齢者の地域支援の連携システム構築に関する研究
地域における認知症の早期発見・早期対応事業と認知症予防
認知症高齢者への力を活かした看護介入の効果
所属学会 日本老年看護学会 2013年6月総会翌日~2016年総会評議員、第19回学会査読委員(1995~現在)
日本老年社会科学会(1995~現在)
日本死の臨床研究会(1996年~現在)
九州地区看護理論研究会(1996年~現在:1996~Cブロック長 2003年度~副会長)
日本看護診断学会(1998~現在:2004年4月~2007年6月評議員・専任査読委員、2013年総会~2016年総会まで評議員。 )
日本看護学教育学会(1998~現在:第17回学会企画委員・査読委員2006年7月~2007年8月)
日本公衆衛生学会(2002年~現在:認定専門家(平成23年4月22日~平成28年3月31日)評議員[地域別]2008年7月1日~2011年6月30日 )
日本看護福祉学会(2002年~現在:2007年7月~2011年総会迄評議員・広報局次長・編集委員、2011年7月31日~2015年総会迄指名理事、11~13副編集委員長、13~15副選挙管理委員長、2013年第26回学会大会長)
日本看護研究学会(1997~現在:第11回九州地方会学術集会 査読委員2006年8月)
日本認知症ケア学会(2003年~現在:認知症ケア専門士試験第2次面接試験面接員2005・07・08・09年、2011年・2013年論文審査委員)
日本老年精神医学会(2006年~現在)
日本認知症学会(2008年~現在)
福岡県久留米保健所運営協議会保健事業部会委員(2003年11月~2004年4月1日)
久留米市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画推進協議会委員(2004~2006年3月:会長)
久留米市在宅介護支援センター運営協議会委員(2004年3月~2006年3月)
介護福祉士国家試験(実技試験)における実地試験委員(2005年3月:実地試験委員)
非営利特定法人こうれい研(高齢者快適生活つくり研究会)(2000年~現在:理事)
九州回想法・ライフレヴュー研究会(講演会・スーパービジョンなど)(2001年7月~現在:代表世話人)
回想法ライフレビュー研究会・講演「訪問看護と回想法-地域での取り組み-」(2000年10月14日:横浜市新鶴見ホームで講演 )
久留米高齢者ケア研究会(2001年9月~現在:発起人・代表世話人・事務局)
認知症ケア研究会くるめ(2002年10月~2006年3月:2002年~世話人、2004年度~代表世話人)
福岡・佐賀医材滅菌研究会第16回筑豊筑後分会、特別講演「在宅看護における感染予防-感染症ケアと家族指導-」(2001年9月1日:講師)
平成13年度第1期北九州市痴呆介護実務者研修・基礎課程講師「痴呆性老人の基本的理解」「痴呆介護の基本的技術」(2001年度11月13日:講師)
平成13年度福岡県痴呆介護実務者研修・専門課程講師「痴呆の専門的理解」「様々な事例の理解」(2002年1月25日、3月8日:講師)
久留米市介護サービス事業者協議会主催訪問介護事業部会研修会・講演「痴呆高齢者のケアについて」(2002年10月17日:講師)
平成14年度福岡県痴呆介護実務者研修・基礎課程講師「痴呆介護の基本技術-痴呆性高齢者の看護・介護」「観察と記録の意義とポイント」(2002年10月30日:講師)
平成14年度第3期北九州市痴呆介護実務者研修・専門課程講師「痴呆性高齢者のアクテイビテイ-回想法の理解と実践」(2003年2月7日:講師)
川崎病院看護部研修会・講演「看護過程と看護診断」(2003年9月1日:講師)
伊万里市痴呆予防推進のつどい(市民講座)講演「高齢者の理解と痴呆のケア」(2003年10月1日:講師)
ケアマネ研(NPO法人こうれい研主催)講演「痴呆性高齢者の理解とこれからの痴呆ケア」・「認知症予防とこれからの地域支援事業」(2004年5月18日、2005年9月20日:講師)
東原整形外科病院看護部研修・講演「看護研究-現場に活かすために-」(2004年9月2日:講師)
六ツ門大学(市民講座)講義「知っておきたい生活習慣病の知識と予防法-自分の身体を知ることが健康への第一歩-」「痴呆性高齢者の理解と痴呆予防」(2004.9.25 2005.2.19:久留米市後援)
ホームヘルパー2級養成講座(こうれい研主催)介護技術30時間(1999~2001.2003年度:講師)
高齢者生活支援ハウスふじの郷(社会福祉法人ひびきの杜)(2003年4月~現在:理事・評議員)
久留米大学病院看護部卒後研修リーダー研修Ⅰ「臨地実習について」(2004年6月30日:講師)
久留米市「ものわすれ相談窓口」(健康福祉部長寿介護課)(2005年11月~現在:相談員)
甘木朝倉介護保険事業者協議会居宅介護支援部会研究会「認知症予防とこれからの地域支援体制づくり」(2005年11月14日:講師)
奥村病院回想法研修会「高齢者への回想法」(2005年12月8日:講師)
認知症老人をかかえる介護家族の市民フォーラム(2006年5.27 9.9:パネルデイスカッション認知症と診断されたら・・どうします:パネラー)
多職種チームケアマネジメント研究会(2006年7月~現在:アドバイザー)
久留米市文化財保護課・長寿介護課共同「昔の暮らし展」の介護予防事業への活用(2006年7月~2008:助言者)
多職種チームケアマネジメント研究会:講演「多職種からみた高齢者の栄養ケア」講師(2007 年1月29日)
久留米市介護予防ファシリテーター養成講座(対象:民生委員・児童委員) 講演「認知症について①認知症の正しい理解」(2007年2月14日)
介護予防ファシリテーター研修「認知症の理解」(2007年6月9日:講師)
久留米市「かかりつけ医認知症対応力向上研修」講師(2008年4月16日:「ものわすれ相談」事業の報告)
市民公開講座開催、認知症予防特別講演会・シンポジウム 久留米市後援(久留米大学高次脳疾患研究所共催)(2008年8月23日:平成20年度文科省科研補助金(基盤研究C)の助成により主催。)
平成20年度佐賀県地域保健福祉従事者研修会(講師)「久留米市ものわすれ相談窓口の現状」(2009年1月13日)
ものわすれ予防検診(久留米市5ヶ所)を高次脳疾患研究所共同企画、久留米市後援により実施。2007年~現在に至る。2009年~八女市後援1回実施追加。2010年~筑後市後援1回実施追加。(2007年度(4回)2008年度(5回)2009年度(6回)2010年度(6回))
第22回日本看護福祉学会学術集会(2009年6月21日:研究発表(口頭)8群看護教育の座長)
多職種チームケアマネジメント研究会:講演「認知症の方の施設ケア・在宅ケア」講師(2009年8月7日)
久留米認知症ワークショップ会議(2009年10月~現在:久留米認知症対策ネットワーク設立準備ワーキンググループメンバー2009年10月~)
第5回認知症ケア専門士認定試験(第2次試験)(2009年11月29日:日本認知症ケア学会面接員)
平成21年度久留米市認知症高齢者支援シンポジウム「認知症をわかる、知る、共感する」コーデイネーター(2010年1月24日:シンポジウム実行委員会2009.9~1月)
心理教育ネットワーク研究会シンポジウム(認知症)シンポジスト「もの忘れ相談による認知症予防」(2010年3月19日)
第5回筑後認知症研究会 一般演題発表「ものわすれ予防検診の実際と早期対応の取り組み」(2010年6月11日)
平成22年度介護予防研修会「認知症予防に向けたものわすれ予防検診の取り組み」講演(2010年7月10日:特定非営利活動法人くるめ地域包括支援センター主催、久留米市共催)
2010久留米大学市民公開講座、演題「はやめの認知症予防」の講演を担当。(2010年9月21日)
地域高齢者の「ものわすれ予防検診」を本学科老年看護学担当者と高次脳疾患研究所との共同企画、久留米市の後援、地域包括支援センターの協力により、年5回実施。2009年には八女市1回、2010年には八女市1回、筑後市1回も追加し実施。認知症予防と早期発見に向けた取り組みを行っている。(2007年~現在)
久留米大学高次脳疾患研究所第9回市民公開講座「脳の若さを保つために」ものわすれ検診と認知症予防(2011年2月11日)
福祉用具専門相談員 筑後・佐賀ブロック研修会「認知症の理解と対応について」講師(えーるピア久留米にて)(2011年4月16日)
グランガーデン福岡浄水 講演「介護予防-身体と脳の若さを保つためにー」(2011年8月23日)
九州看護理論研究会平成23年度第3回研修会「看護実践力とチームアプローチ-専門看護師(CNS)からの発信-」企画、司会(2011年10月29日)
久留米認知症ネットワーク研究会第3回講演会(シンポジウム)「コーデイネーターの役割と現状」座長(2011年10月31日)
介護付有料老人ホーム九電ケアタウン 講演会「認知症の理解」(2011年12月1日)
LLアドバイザー生涯学習研修会「健康づくりと社会参加」(2011年12月7日、17日)
うきは市キャラバンメイトフォローアップ研修「回想法について」(2012年2月27日)
久留米市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画推進協議会委員(2012年~2014年:副会長)
佐賀県高齢保健福祉推進委員会委員(2014年3月~2017年2月:2014年3月1日~2017年2月28日)
日本慢性看護学会(2013年~現在:第8回日本慢性看護学会企画委員)
久留米市認知症予防地域講演会「ものわすれ、心配ありませんか?」(2014年3月15日)
朝倉市みんなの人権セミナー「認知症はこわくないー認知症の人の理解と向き合い方ー」(2014年5月28日)
鳥栖在宅リハビリテーション研修会「認知症の人の理解と初期の対応」(2014年6月26日)
福岡県認知症センター医師向け研修会(久留米大学・大牟田病院共同企画)第4回「認知症の人のケアとコミュニケーション」(2014年7月8日)
御井地区地域学級講演会「高齢者の人権―認知症の理解と早期対応について―」(2014年7月17日)
和水町立病院看護部教育委員会主催研修会(玉名郡)講演「認知症の基礎-予防についての知識-」(2014年9月5日)
日本老年看護学会 2014年度生涯学習支援研修、基礎編(九州・沖縄) 認知症高齢者の理解とアセスメントーその人らしさをとらえ、もてる力を引き出すコミュニケーションー(2014年12月6日:講演:中島洋子、事例を通しての看護実践:秋吉知子・福嶺初美(久留米大学医学部 教育1号館1501))
日本認知症ケア学会 地域大会(九州・沖縄)(大会長:大分大学・三重野英子先生)(熊本市民会館崇城大学ホールにて)(2014年12月14日:特別講演Ⅰ「地域で暮らす認知症の人と家族に向けた早期支援技術―地域・外来での相談対応、ケア連携の実際―」)
学会賞等
研究者からの
一言アピール

教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2016/07/26

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp