久留米大学研究者紹介
氏名 滿園 良一 1958 生
フリガナ ミツゾノ リヨウイチ
ローマ字 Mitsuzono Ryouichi
本務所属(職名) 人間健康学部(教授)
取得学位 体育学修士
医学博士
URL http://www.mii.kurume-u.ac.jp/kenspo/
専門分野 運動生理学、トレーニング論、スポーツ医学
研究テーマ 大学におけるスポーツ・インフラの地域における活用と展開(競技スポーツと障害者のスポーツ環境について)
就学前児童から発育期に小・中・高校までの体力とスポーツ傷害発生の関連性について
健康経営に資する体力の測定評価と、経年的変化
持久性トレーニングによる身体の構造的・生理的変化
身体組成における体脂肪分布と性ホルモンの関連性、除脂肪量と骨量・骨代謝の関連性
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) アルギニン、クエン酸、フルトークスの混合液投与の有用性(スポーツドリンク「エネルゲン」の基礎研究)
タンパク摂取時における投与タイミングの影響(ジョグ・メイト・プロテインの基礎研究)
運動時における分岐鎖アミノ酸投与の影響(持久系運度時におけるパフォーマンスへの影響)
運動時における分岐鎖アミノ酸投与の影響(筋力トレーニングにおける筋痛軽減ならびにトレーニング効果)
呼気ガス代謝変量からのMetabolic Fitness評価の可能性
コミュニティスポーツによる健やかやひと・社会づくりに向けた調査・助成研究
幼児期における身体と生活、保護者の養育態度に関する研究
(希望) 
所属学会 九州学生陸上競技連盟評議員(平成11年4月〜 平成22年3月)
日本体力医学会評議員(平成11年4月〜 現在)
日本運動生理学会評議員(平成13年7月〜 現在)
学会賞等
研究者からの
一言アピール
レクレーショナルなスポーツ運動から、トップ・アスリートまでが安心して取り組める環境を、ハード、ソフトと共に整えていきたい。大学のインフラを充分に活用したクラブ型スポーツの実現を目指している。
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動
就学前児童の体力について関心があり、文科省の新体力テストの4項目に新たな歩行バラン ス系を組み合わせた5項目で測定評価を行い、縦断的なデータ・ベース化を地域拠点の幼稚 園で目指している。併せて傷害発生状況との関連を探る予定である。
最終更新日 2019/12/24

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp