久留米大学研究者紹介
氏名 川山 智隆 1965 生
フリガナ カワヤマ トモタカ
ローマ字 Kawayama Tomotaka
本務所属(職名) 医学部医学科内科学講座(教授)
取得学位 医学博士
URL http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/imed1/index.html
専門分野 呼吸器の医学
研究テーマ 気管支喘息
慢性閉塞性肺疾患
肺生理
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) Yokoyama T, Kinoshita T, Okamoto M, Matsunaga K, Kamimura T, Kinoshita M, Rikimaru T, Taguchi K, Hoshino T, Kawayama T.High Detection Rates of Urine Mycobacterium tuberculosis in Patients with Suspected Miliary Tuberculosis.Intern Med. 2017;56(8):895-902.
Yoshida N, Okamoto M, Kaieda S, Fujimoto K, Ebata T, Tajiri M, Nakamura M, Tominaga M, Wakasugi D, Kawayama T, Kuwana M, Mimori T, Ida H, Hoshino T.Association of anti-aminoacyl-transfer RNA synthetase antibody and anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody with the therapeutic response of polymyositis/dermatomyositis-associated interstitial lung disease.Respir Investig. 2017 Jan;55(1):24-32.
Imamura Y, Kawayama T, Kinoshita T, Sakazaki Y, Yoshida M, Takahashi K, Fujii K, Ando M, Hoshino T, Iwanaga T, Kohrogi H; Kyushu Asthma Seminar Investigators.Poor pharmacological adherence to inhaled medicines compared with oral medicines in Japanese patients with asthma and chronic obstructive pulmonary disease.Allergol Int. 2016 Nov 22. pii: S1323-8930(16)30162-9.
Okamoto M, Fujimoto K, Sadohara J, Furuya K, Kaieda S, Miyamura T, Suematsu E, Kitasato Y, Kawayama T, Ida H, Ichiki M, Hoshino T.A retrospective cohort study of outcome in systemic sclerosis-associated interstitial lung disease.Respir Investig. 2016 Nov;54(6):445-453.
Katsumi H, Tominaga M, Tajiri M, Shimizu S, Sakazaki Y, Kinoshita T, Okamoto M, Kawayama T, Hoshino T.A case of lipoid pneumonia caused by inhalation of vaporized paraffin from burning candles.Respir Med Case Rep. 2016 Oct 5;19:166-168
Kawayama T, Kinoshita T, Matsunaga K, Kobayashi A, Hayamizu T, Johnson M, Hoshino T.Responsiveness of blood and sputum inflammatory cells in Japanese COPD patients, non-COPD smoking controls, and non-COPD nonsmoking controls.Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2016 Feb 10;11:295-303. d
Tomioka R, Kawayama T, Suetomo M, Kinoshita T, Tokunaga Y, Imaoka H, Matsunaga K, Okamoto M, Hoshino T."Frequent exacerbator" is a phenotype of poor prognosis in Japanese patients with chronic obstructive pulmonary disease.Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2016 Feb 3;11:207-16.
Natori H, Kawayama T, Suetomo M, Kinoshita T, Matsuoka M, Matsunaga K, Okamoto M, Hoshino T.Evaluation of the Modified Medical Research Council Dyspnea Scale for Predicting Hospitalization and Exacerbation in Japanese Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease.Intern Med. 2016;55(1):15-24.
Tajiri M, Okamoto M, Fujimoto K, Johkoh T, Ono J, Tominaga M, Azuma K, Kawayama T, Ohta S, Izuhara K, Hoshino T. Serum level of periostin can predict long-term outcome of idiopathic pulmonary fibrosis. Respir Investig. 2015;53(2):73-81.
Kinoshita T, Kawayama T, Imamura Y, Sakazaki Y, Hirai R, Ishii H, Suetomo M, Matsunaga K, Azuma K, Fujimoto K, Hoshino T. Paired maximum inspiratory and expiratory plain chest radiographs for assessment of airflow limitation in chronic obstructive pulmonary disease. Eur J Radiol. 2015;84(4):726-31.
(希望) COPDコホート研究で日本のCOPDの自然歴を明らかにしたい
難治性喘息の機序を解明したい
肺の健康を考える
所属学会 日本呼吸器学会(26:代議員(平成28年4月~平成30年3月))
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(6:代議員(平成28年4月~平成30年3月))
日本内科学会(26:指導医)
大牟田公害審査員(6:委員)
久留米市結核患者審査(4:審査員(平成28年4月~30年3月))
学会賞等
研究者からの
一言アピール

教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動
肺の健康を保つにはどのような工夫が必要かを研究しています
最終更新日 2017/06/07

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp