久留米大学研究者紹介
氏名 山田  圭 1967 生
フリガナ ヤマダ ケイ
ローマ字 Yamada Kei
本務所属(職名) 医学部医学教育研究センター(准教授)
取得学位
URL
専門分野 運動器系の疾患の治療、運動器系の診断
研究テーマ 脊椎手術における術中脊髄モニタリング
運動器の慢性疼痛の病態と治療
運動器疾患とロコモティブシンドローム・フレイルとの関係性
医学科学生の学習意欲を高める講義および学習環境の形成
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 骨粗鬆症性椎体骨折における初期治療の研究(AMED):Kato T, et al.Comparison of rigid and soft-brace treatment for acute osteoporotic vertebral compression fracture: A prospective randamized multicenter studyの研究協力者
胸椎後縦靭帯骨化症に対する手術治療の研究(脊柱靭帯骨化症班会議研究):Imagama S, Ando K, Takeuchi K, Kato S, Murakami H, Aizawa T, Ozawa H, Hasegawa T, Matsuyama Y, Koda M, Yamazaki M, Chikuda H, Shindo S, Nakagawa Y, Kimura A, Takeshita K, Wada K, Katoh H, Watanabe M, Yamada K, Furuya T, Tsuji T, Fujibayashi S, Mori K, Kawaguchi Y, Watanabe K, Matsumoto M, Yoshii T, Okawa A. Perioperative Complications after Surgery for Thoracic Ossification of Posterior Longitudinal Ligament- Nationwide Multicenter Prospective Study. Spine (Phila Pa 1976). 2018 Apr 23. doi: 10.1097/BRS.0000000000002703
頚髄症における転倒に関する多施設研究:(3) Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Seichi A, Kawasaki Y, Yoshii T, Inose H, Furuya T, Takeuchi K, Matsunaga S, Seki S, Tsushima M, Imagama S, Koda M, Yamazaki M, Mori K, Nishimura H, Endo K, Yamada K, Sato K, Okawa A. :The 25-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts the risk of recurrent falls in postoperative patients with cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2018 Jan;23(1):185-189.
日本脊椎脊髄病学会脊椎モニタリングワーキンググループ多施設研究:Yoshida G et al.:Alert timing and corresponding intervention with intraoperative spinal cord monitoring for high-risk spinal surgery.Spine 44:E470-E479,2019(共著者)
高齢者の脊椎手術における合併症に関する多施設研究(JASA): Kobayashi K, et al.:Complication associated with spine surgery in patients aged 80 years or older:Japan association of spine surgeons with Ambition(JASA) multicenter study. Global Spine J. 7:636-641,2017(共著者)
高齢者の脊椎手術におけるせん妄の危険因子に関する多施設研究:Risk factors for delirium after spine surgery in extremely elderly patinets aged 80 years or older and review of literature: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition multicenter study. Global Spine J. 7:560-566,2017(共著者)
日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリンググループ多施設研究:山田圭、松山幸弘、川端茂徳、安藤宗治、山本直也、小林祥、寒竹司、今釜史郎、小林和克、和田簡一郎、田所伸朗、高橋雅人、藤原靖、木田和伸、溝田敦子、角谷智、谷俊一、長濱賢、岩崎博、村本明生、関庄二、平尾雄二郎、清水敬親、大田亮、齋藤貴徳、里見和彦、四宮謙一:脊柱変形手術による神経障害機序の検討―日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究―.J Spine Res 8:1493-1501,2017
日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設研究:Yamada K, Matsuyama Y, Kobayashi S, Nagahama K, Tadokoro N, Wada K, Muramoto A, Iwasaki H, Kanchiku T, Seki S, Hirao Y, Mizota A, Ando M, Yamamoto N, Kawabata S, Takahashi M, Ito Z, Fujiwara Y, Kida K, Tani T, Ohta R, Saito T, Satomi K, Shinomiya K. Evaluation of the alarm criteria for transcranial electrical stimulation muscle evoked potential in spinal deformity surgery. Multi-institutional survey by the spinal cord monitoring committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. J Spine Res. 6:1354-1362, 2015
久留米大学病院および関連4医療施設における環軸椎回旋位固定に対する初期治療に関する研究:7) Yamada K, Sato K, Yoshimatsu H, Wakioka T, Inoue H, Jinbo K, Yoshida K, MItsukawa M, Nagata K, Shiba N. Epidemiology and conservative treatment for pediatric atlantoaxial rotatory fixation.-Retrospective study in 143 pediatric patients. J Spine Res. 6:1347-1353,2015
日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設研究:23) Ito Z, Matsuyama Y, Ando M, Kawabata S, Kanchiku T, Kida K, Fujiwara Y, Yamada K, Yamamoto N, Kobayashi S, Saito T, Wada K, Tadokoro N, Takahashi M, Satomi K, Shinomiya K, Tani T. Postoperative paralysis from thoracic ossification of posterior longitudinal ligament surgery risku factor of neurologic injury: Nationwide multi-institutional survey. Spine (Phila Pa 1976). 2016 Oct 1;41(19):E1159-E1163. (共著者)
(希望) 脊椎手術における術中脊髄機能モニタリング
脊椎疾患における慢性疼痛
医学科学生のプロフェッショナリズム
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本リハビリテーション学会
日本疼痛学会
日本運動器疼痛学会(代議員)
日本臨床神経生理学会
脊髄機能診断研究会(世話人)
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
日本側彎症学会
日本脊椎脊髄神経手技学会
日本骨関節感染症学会
日本骨折治療学会
日本医学教育学会
学会賞等 2013年:西日本脊椎研究会学会奨励賞 「当科における脊椎インストゥルメンテーションサージェリーの術後感染対策」
2009年:福岡県医学会 一般演題(ポスター)優秀賞 「小児環軸椎回旋位固定の治療アルゴリズム」
研究者からの
一言アピール

教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動
脊椎疾患とロコモティブシンドローム・フレイルとの関連性
最終更新日 2019/05/21

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp