久留米大学研究者紹介
氏名 永田 見生 1949 生
フリガナ ナガタ ケンセイ
ローマ字 Nagata Kensei
本務所属(職名) 法 人(理事長)
取得学位 医学博士
URL http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/orth/ knspine@med.kurume-u.ac.jp
専門分野 脊椎外科、脊柱疾患外科学、疾患プロテオミクス創薬、トランスレーショナルリサーチ、iPS創薬研究、運動器系の疾患、運動器系の疾患の治療、スポーツ医学
研究テーマ 脊髄の再生
椎間板の再生
脊柱靱帯骨化症治療製剤開発
がん骨転移早期発見臨床検査診断方法、予防製剤開発
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 2003年~バイオ統計センター整備(ドラッグラグの解消)
2004年~大学院バイオ統計学群整備(ドラッグラグの解消)
2003年~FDAバリデーション 個別識別情報管理システム整備(疾患プロテオミクスから創薬研究の国際基盤整備)
脊柱靱帯骨化症医薬品開発(厚生労働科学研究補助金研究)
がん骨転移医薬品開発
江崎グリコ株式会社 フラボノイド、ヘスペリジンのヒト関節リウマチの効果
ストライカー株式会社 Strut Allograft Healing to the Femur with recombinant Human OP-1.
(希望) 患者一人一人を大切にする医薬品開発ができる製薬企業
所属学会 日本整形外科学会(1973-:評議員、理事)
西日本整形災害外科学会(平成12年6月〜現在に至る:評議員)
福岡県整形外科医会学術集会(平成12年7月〜現在に至る:理事)
日本骨折治療学会(2000:教育委員会担当理事)
日独整形災害外科学会(平成13年4月〜現在に至る:日本側代表)
日本脊椎脊髄病学会(平成15年4月〜現在に至る:評議員、脊椎脊髄外科指導医)
学会賞等 2010:日本学術振興会 科学研究費補助金審査委員表彰
2002:Second European Conference on Bone Morphogenetic Proteins(クロアチア)学会賞
1999:第98回西日本整形災害外科学会Zimmer Travel Fellowship
1995:整形災害科外科学研究助成財団研究助成マルホ奨励賞受賞
1965:人命救助表彰
研究者からの
一言アピール
久留米大学医学部の講座は、基礎講座、臨床講座ともに、疾患克服のために手を取り合うことができる世界にまれな「医療チーム」です。人類が苦しむ疾患がある限り、我々は日々、それを克服する方法を考え、協力し合い、立ち向かう勇気と信念を持ち、治療、研究に力を尽くし、安心、安全な医療を提供し、国民に貢献していくことこそが、最大の喜びです。
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動

最終更新日 2017/06/27

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp