久留米大学研究者紹介
氏名 柏木 孝仁 1971 生
フリガナ カシワギ タカヒト
ローマ字 Kashiwagi Takahito
本務所属(職名) 医学部医学教育研究センター(准教授)
取得学位 理学博士
URL https://csme.kurume-u.ac.jp
専門分野 医学教育、ウイルス学、生化学一般
研究テーマ インフルエンザウイルスのRNAポリメラーゼに関する研究(現テーマ)
医師国家試験の結果に影響を与える因子の解析(現テーマ)
アクティブ・シラバスの構築(現テーマ)
C型肝炎ウイルスのRNAポリメラーゼに関する研究(旧テーマ)
C型肝炎ウイルスのIRESに関する研究(旧テーマ)
ヒトメタニューモウイルスのRNAポリメラーゼに関する研究(旧テーマ)
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 2006年~2008年 Sir William Dun school of Pathology, オックスフォード大学 (英国)において、G.G. Brownlee教授、E. Fodor博士らと、高病原性トリ型インフルエンザウイルスのRNAポリメラーゼに関する研究を行った。
2011年~2011年 中国医学科学院病原生物研究(中国・北京)において、Tao Deng教授らとインフルエンザウイルスのRNAポリメラーゼに関する相互情報交換を行った。
(希望) オープンソースを用いてシラバスを電子化(アクティブ・シラバス)及び教務システムとの連携
高病原性トリ型インフルエンザウイルス RNAポリメラーゼに対する阻害薬の開発
C型肝炎ウイルス RNAポリメラーゼに対する阻害薬の開発
所属学会 日本ウイルス学会(1999 - 現在)
日本分子生物学会(1999 - 現在)
日本感染症学会(2010 - 現在)
日本医学教育学会(2015 - 現在)
学会賞等 2015:第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会・感染症優秀論文賞(基礎的研究領域)
研究者からの
一言アピール

教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動
E-Learning (MOODLE)やCloudシステムを利用したアクティブ・シラバスの構築
最終更新日 2017/03/14

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp