久留米大学研究者紹介
氏名 齊藤 豪大 1988 生
フリガナ サイトウ タケヒロ
ローマ字 Saito Takehiro
本務所属(職名) 経済学部(講師)
取得学位 修士(文化科学)
学士(教育学)
URL 研究室HP: https://sites.google.com/view/saito-econ-history-sverige/ researchmap: http://researchmap.jp/4274/
専門分野 西洋経済史、西洋史、水産経済史、海事史、近世スウェーデン史
研究テーマ 近世スウェーデン水産経済政策史研究
近世スウェーデン重商主義研究
在リスボンスウェーデン領事研究
スウェーデン塩業史研究
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 
(希望) 
所属学会 バルト=スカンディナヴィア研究会(2012〜)
日本海水学会(2013〜)
日本ハンザ史研究会(2013〜)
日本西洋史学会(2014〜)
社会経済史学会(2016〜)
九州西洋史学会(2017〜)
政治経済学・経済史学会(2017〜)
学会賞等 2020:日本科学協会:笹川科学研究奨励賞
2014:第64回日本西洋史学会大会:優秀ポスター賞
2014:第5回日本海水学会若手会学生研究発表会:優秀賞
2013:日本海水学会第64年会:黒潮賞
2013:第4回日本海水学会若手会学生研究発表会:若手会特別賞
2012:第1回あつまる、まじわる、つながるー地域のサステナ活動をつなぐポスター発表ワークショップ(茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)):ポスター賞
研究者からの
一言アピール
水産資源利用の歴史について、18世紀スウェーデンを対象として研究を行っております。当時の人々 が、水産資源をどのように理解し、適正な利用を行おうとしていたのか、史料に即して検討を行って います。最近は、漁業政策の問題に加えて、経済思想家や王立科学アカデミーに関する史料なども分 析し、その議論を追跡しているところです。
教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動
現在は、18世紀スウェーデンにおける水産資源評価の問題について研究を行っています。また、将来 的にはバラスト・タンク導入以前のバラスト管理問題について海洋政策史の観点から検討したいと考 えております。
最終更新日 2020/11/29

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp