久留米大学研究者紹介
氏名 山下 典雄 1961 生
フリガナ ヤマシタ ノリオ
ローマ字 Yamashita Norio
本務所属(職名) 医学部附属病院(教授)
取得学位 医学博士
URL
専門分野 救急医学、災害医学、外傷、麻酔学、中毒
研究テーマ 生態侵襲に対する生体反応の臨床的研究
災害医療を効率的に実践するための組織運用
共同研究(産学連携
含む)の実績及び希望
(実績) 日本救急医学会sepsis registry特別委員会所属施設による重症敗血症の多施設共同研究(15施設のICU:2010年6月1~2011年5月31日の期間の組み入れ:624名)
日本救急医学会主導多施設共同研究:重症敗血症の疫学的研究(59施設:組み入れ:2016年1月〜2017年3月:1184名)
日本救急医学会主導多施設共同研究:急性肺損傷(ALI)/急性呼吸促迫症候群(ARDS)の疫学的研究(34施設:組み入れ:2016年4月〜2017年7月:166名)
日本救急医学会主導多施設共同研究:肺炎球菌・レンサ球菌・黄色ブドウ球菌による重症敗血症の多施設共同観察研究(59施設:組み入れ:2016年1月〜2017年3月:64名)
日本救急医学会主導多施設共同研究:集中治療室における敗血症診断(28施設:組み入れ2017年10月~2019年3月:652名)
(希望) 
所属学会 日本救急医学会(21年:評議員)
日本臨床救急医学会(16年:評議員)
日本集中治療医学会(14年)
日本外傷学会(15年:評議委員:2005.4〜)
日本中毒学会(15年)
日本熱傷学会(15年)
日本航空医療学会(15年:評議委員:2005.11〜)
学会賞等
研究者からの
一言アピール

教育・研究業績一覧 ■著書・ 論文・学会発表等
■外部資金獲得状況
■発明・特許
■教育内容方法の工夫(授業評価等含む)
■作成した教科書、教材、参考書
■教育方法・教育実践に関する発表、講演等
■その他教育活動上特記すべき事項
関心を持って
取組んでいる活動
1:災害医療に係る関係各機関の連携を平時から深め、災害医療の提供体制を向上させる ことを目指している。 2:学内での災害対応体制の向上
最終更新日 2020/06/12

▲上へ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp