久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 森尾  亮の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 事実認定における可能的推論の正当化根拠についてーみどり荘事件と恵庭OL殺人事件との比較ー 久留米大学法学 / No.77 1-74
  • 雑誌 / 共著 / 2017年12月
    久留米大法学
  • / No.77 1-74
  • 2

  • 「戦後占領政策における「所持」概念の確立-銃砲刀剣類の規制を中心に」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年11月
    『刑事法と歴史的価値とその交錯』
  • / 245-266
  • 3

  • 「刑事法の国際化」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 3月
    『市民と刑事法(第4版)』(法律文化社)
  • / 121-131
  • 4

  • 第5章「検察の強大な権限が生まれた背景とその影響-公訴-」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年 8月
    『歴史に学ぶ刑事訴訟法』(法律文化社)
  • / 129-148
  • 5

  • 「目的論的解釈と罪刑法定主義違反」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年 7月
    『人間回復の刑事法学』(日本評論社)
  • / 35-54
  • 6

  • 目的論的解釈と罪刑法定主義
  • その他 / 単独発表 / 2009年 7月
    日本刑法学会九州部会
  • 7

  • 交通事犯の厳罰化
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    日本刑法学会(ワークショップ)
  • 8

  • 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律2条3項各号のいずれかに掲げる姿態を児童にとらせ電磁的記録に係る記録媒体に記録させた者が、当該電磁的記録を別の記録媒体に記憶させて児童ポルノを製造する行為が、同法7条3項の児童ポルノ製造罪に当たるとした事例
  • 雑誌 / 単著 / 2008年 4月
    法学セミナー増刊・判例速報解説(日本評論社)
  • / Vol.2 179-182
  • 9

  • 「司法による目的論的解釈と罪刑法定主義違反」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 3月
    『転換期の市民社会と法』(成文堂)
  • / 141-161
  • 10

  • 児童ポルノに該当するわいせつ画像データの販売に備えて光磁気ディスクに保存・所持した行為について、児童ポルノに係る行為等の処罰及び保護に関する法律7条2項(平成16年改正前のもの)及び刑法175条の「販売の目的」を認めた事例
  • 雑誌 / 単著 / 2007年10月
    『法学セミナー増刊・判例速報解説』(日本評論社)
  • / Vol.1 197-200
  • 11

  • 「公務員犯罪と刑事法-公共性を考える-」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 3月
    『「市民」と刑事法』(日本評論社)
  • / 69-79

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp