久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 井出 達也の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Elderly Hepatitis Cpatients Who Achieved Sustained Virological Response by Direct Acting Antivirals do not Havesignificant Benefits for Hepaticellular Carcinoma Compared with The Patients Who did not Achieved Sustained Virological Response
  • その他 / 共著 / 2019年11月
    The 70th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 2

  • A-fetoprotein as a Predictive Factor for Albumin Improvement in Patients with Hepatitis C Treated with Direct Antiviral Agents
  • その他 / 共著 / 2019年11月
    The 70th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 3

  • メディカルスタッフセッション(2) 肝疾患の医療行政:各都道府県での実態と課題 福岡県における肝炎ウイルス検査陽性者の精密検査受診率の検討
  • その他 / 共著 / 2019年 5月
    第55回日本肝臓学会総会
  • 4

  • パネルディスカッション(9) 肝炎ウイルス感染者の効果的な診療体制の確立 当県における肝疾患専門医療機関での院内肝炎ウイルス陽性患者の拾い上げに関する検討
  • その他 / 共著 / 2019年 5月
    第105回日本消化器病学会総会
  • 5

  • パネルディスカッション(1) VR後C型肝疾患の長期予後:肝発癌,QOL,肝外疾患への影響 C型肝疾患でのDAAs治療SVR例(とくに高齢者,肝硬変)での肝機能改善に関する検討
  • その他 / 共著 / 2019年 5月
    第55回日本肝臓学会総会
  • 6

  • C型肝炎撲滅へ向けて-最新治療と残された患者へのアプローチ-
  • その他 / 単著 / 2019年
    田川医報
  • / 34-35
  • 7

  • Direct-acting antiviral agents do not increase the incidence of hepatocellular carcinoma development: a prospective,multicenter study
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Hepatology International
  • / Vol.13 293-301
  • 8

  • シンポジウム(1)C型肝疾患でのDDAs治療SVR例の発癌寄与因子の検討-新規線維化マーカーの有用性-
  • その他 / 共著 / 2018年11月
    26th JDDW(第22回肝臓学会大会、第60回日本消化器病学会大会、第16回日本消化器外科学会大会 合同)
  • / Vol.115 A483
  • 9

  • C 型慢性肝疾患における ELF スコアの有用性―DAA 治療前後の推移と肝癌との関連に関する検ー
  • その他 / 共著 / 2018年 6月
    第54回日本肝臓学会総会
  • / Vol.59 A422
  • 10

  • シンポジウム(2) 肝炎ウイルス制御後発癌の実体と対応策C型肝疾患でのDDA治療SVR例の 発癌についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第54回日本肝癌研究会
  • / 87
  • 11

  • 福岡県医学会受賞者講演:C型慢性肝疾患に対するダクラタスビル/アスナプレビル併用療法-ダイレクトシークエンス法によるHCV薬剤耐性変異の解析と治療効果に関する検討-
  • その他 / 単独発表 / 2018年 2月
    第10回福岡県医学会総会
  • / 15
  • 12

  • ウイルス検査と健康診断が「沈黙の臓器」を救う 肝臓の病気
  • その他 / 単著 / 2017年11月
    2018福岡の頼れるお医者さん
  • / Vol.1 11
  • 13

  • Clinical Significance of Two Real-Time PCR Assays for Chronic Hepatitis C Patients Receiving Protease Inhibitor-Based Therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    PLos One
  • / Vol.12 e0170667(page 1-16)
  • 14

  • パネルディスカッション(1)多施設共同研究におけるC型肝疾患へのDAAs治療の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年11月
    肝臓、24th JDDW(第20回日本肝臓学会大会、第58回日本消化器病学会大会 合同)
  • / Vol.57 No.Suppl.2 A474
  • 15

  • Evaluation of resistance-associated substitutions in NS5A using direct sequence and cycleave method and treatment outcome with Daclatasvir and Asunaprevir for chronic hepatitis C genotype 1
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 9月
    PLos One
  • / Vol.11 e0163884(page 1-11)
  • 16

  • An analysis of drug-induced liver injury, which showed histological findings similar to autoimmune hepatitis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.51 No.6 597-607
  • 17

  • ワークショップ(3)当院におけるC型慢性肝疾患に対するDirect Acting Antivirals(DAAs)療法の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第107回日本消化器病学会九州支部例会、第101回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 92
  • 18

  • ワ-クショップ(9)C型肝疾患での重度の合併症を有する例・高度肝線維化親展例へのDAAs治療の現況
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    肝臓、第52回日本肝臓学会総会
  • / Vol.57 No.Suppl.1 A156
  • 19

  • 腎機能低下症例におけるダクラタスビル・アスナプレビル併用療法の意義
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    肝臓、第52回日本肝臓学会総会
  • / Vol.57 No.Suppl.1 A181
  • 20

  • C型慢性肝疾患に対するソホスブビル/リバビリン併用療法の治療効果と有害事象に影響する因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    肝臓、第52回日本肝臓学会総会
  • / Vol.57 No.Suppl.1 A267
  • 21

  • Understanding of HLA-conferred susceptibility to chronic hepatitis B infection requires HLA genotyping-based association analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 4月
    Sci Rep
  • / 24767(page 1-13)
  • 22

  • パネルディスカッション(2)薬剤耐性変異からみたDaclatasuvir/Asunaprevir併用療法の治療効果
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第102回日本消化器病学会総会
  • / Vol.113 No.Suppl.1 A764
  • 23

  • A novel glycobiomarker, Wisteria floribunda agglutinin macrophage colony-stimulating factor receptor, for predicting carcinogenesis of liver cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 3月
    Int J Cancer
  • / Vol.138 No.6 1462-1471
  • 24

  • Poster Session: DAAs NS3 Inhibitor plus NS5A Inhibitor (3)Predictive markers of viral response to daclatasvir/asunaprevir in HCV genotype 1 patients
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    Hepatology International、25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.10 No.Suppl.1 S141
  • 25

  • C型肝炎治療著効後の肝発癌に関する検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    肝臓、第41回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.56 No.Suppl.3 A1034
  • 26

  • C型慢性肝疾患に対するDaclatasvir/Asunaprevir併用療法の治療効果:多施設共同研究での検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    肝臓、23rd JDDW(第19回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.56 No.Suppl.2 A726
  • 27

  • ワークショップ(2)当院におけるC型慢性肝疾患に対するDaclatasvir/Asunaprevir療法の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    プログラム・抄録集 : 第105回日本消化器病学会九州支部例会、第99回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • / 81
  • 28

  • Ledipasvir and sofosbuvir fixed-dose combination with and without ribavirin for 12 weeks in treatment-naive and previously treated Japanese patients with genotype 1 hepatitis C: an open-label, randomised, phase 3 trial
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 6月
    Lancet. Infect Dis
  • / Vol.15 No.6 645-653
  • 29

  • C型慢性肝疾患におけるIFN 治療難治例(G1の高齢者,線維化進展例)の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    肝臓、第51回日本肝臓学会総会
  • / Vol.56 No.Suppl.1 A267
  • 30

  • パネルディスカッション(8)C型肝炎治療著効後の肝発癌に関する治療前,治療後の経過の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第101回日本消化器病学会総会
  • / Vol.112 No.Suppl. A150
  • 31

  • Genome-wide association study identifies a PSMD3 variant associated with neutropenia in interferon-based therapy for chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 3月
    Hum Genet
  • / Vol.134 No.3 279-289
  • 32

  • A 48-week telaprevir-based triple combination therapy improves sustained virological response rate in previous non-responders to peginterferon and ribavirin with genotype 1b chronic hepatitis C: A multicenter study
  • 雑誌 / 共著 / 2014年12月
    Hepatol Res
  • / Vol.44 No.14 E386-E396
  • 33

  • Sofosbuvir plus ribavirin in Japanese patients with chronic genotype 2 HCV infection: an open-label, phase 3 trial
  • 雑誌 / 共著 / 2014年11月
    J Viral Hepat
  • / Vol.21 No.11 762-768
  • 34

  • 当院および関連病院におけるシメプレビル治療について
  • その他 / 単独発表 / 2014年 7月
    HCV Infection Forum in Fukuoka
  • 35

  • Characteristics and outcomes of HCV genotype-1-infected patients treated with peginterferon and ribavirin combination therapy with discordant HCV responses 4 and 12 weeks after starting therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 6月
    Intervirology
  • / Vol.57 No.5 289-296
  • 36

  • C型慢性肝炎治療の新展開
  • その他 / 単著 / 2014年 5月
    久留米醫學會雜誌
  • / Vol.77 No.2-5 69-72
  • 37

  • Research Forum(3)TVR3剤併用療法の早期HCV動態から見た治療効果予測
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第100回日本消化器病学会総会
  • / Vol.111 No.Suppl. A251
  • 38

  • C型肝炎治療困難例への対策:IFN少量長期療法の有用性
  • その他 / 共著 / 2014年 4月
    消化器内科
  • / Vol.58 No.3 400-404
  • 39

  • New susceptibility and resistance HLA-DP alleles to HBV-related diseases identified by a Trans-Ethnic Association Study in Asia
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    PLoS One
  • / Vol.9 e86449(page 1-7)
  • 40

  • Clinical characteristics of patients who developed hepatocellular carcinoma after hepatitis C virus eradication with interferon therapy: current status in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2013年12月
    Intern Med
  • / Vol.52 No.24 2701-2706
  • 41

  • C型慢性肝疾患におけるインターフェロン治療後biochemical responderの長期経過の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年12月
    肝臓、第40回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.54 No.Suppl.3 A773
  • 42

  • IL28b gene and very early viral kinetics (Week-1) predict sustained virological response to triple therapy in chronic hepatitis C patients with genotype 1b and high viral load
  • その他 / 共同発表 / 2013年11月
    Hepatology、The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.58 No.Suppl.1 1160A
  • 43

  • ペグインターフェロンリバビリン併用療法を先行したテラプレビル治療の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    肝臓、第49回日本肝臓学会総会
  • / Vol.50 No.Suppl.1 A345
  • 44

  • Long-term outcome of splenectomy in advanced cirrhotic patients with hepatocellular carcinoma and thrombocytopenia
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Kurume Med J
  • / Vol.60 No.2 37-45
  • 45

  • ワ-クショップ(1)C型肝炎治療困難例への対策 : PEG-IFN少量長期投与療法の有効性の検討
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    日本消化器病学会雑誌、第99回日本消化器病学会総会
  • / Vol.110 No.臨増 A138
  • 46

  • 高齢C型肝炎患者の肝発癌年齢の予測
  • その他 / 単独発表 / 2013年 2月
    第9回九州C型肝炎研究会(KCK)
  • 47

  • Baseline factors and early viral response (week 4) to antiviral therapy with peginterferon and ribavirin for predicting sustained virologic response in patients infected with hepatitis C virus genotype 1: A multicenter study
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    J Med Virol
  • / Vol.85 No.1 65-70
  • 48

  • Clinical features of cirrhosis in Japanese patients with type I autoimmune hepatitis
  • 雑誌 / 共著 / 2012年12月
    Intern Med
  • / Vol.51 No.24 3323-3328
  • 49

  • Significance of a reduction in HCV RNA levels at 4 and 12 weeks in patients infected with HCV genotype 1b for the prediction of the outcome of combination therapy with peginterferon and ribavirin
  • 雑誌 / 共著 / 2012年11月
    BMC Infect Dis
  • / Vol.12 No.1 No.324
  • 50

  • ワークショップ(2) 高齢C型慢性肝疾患患者における年令別検査値からみた肝発癌の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    肝臓、20th JDDW(第16回日本肝臓学会大会、第54回日本消化器病学会大会、第50回日本消化器がん検診学会大会 合同)
  • / Vol.53 No.Suppl.2 A639
  • 51

  • 【抗菌薬と抗ウイルス薬-正しい使い方】抗ウイルス薬治療の実際 HBV
  • その他 / 共著 / 2012年10月
    臨牀と研究
  • / Vol.89 No.10 1374-1377
  • 52

  • IL28B SNPメジャータイプにおけるPEG IFN/RBV治療の検討
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    肝臓、第48回日本肝臓学会総会
  • / Vol.53 No.Suppl.1 A538
  • 53

  • シンポジウム(5)B型慢性肝炎の治療
  • その他 / 単独発表 / 2012年 4月
    日本化学療法学会雑誌、第60回日本化学療法学会学術集会
  • / Vol.60 No.Suppl.A 頁数なし
  • 54

  • C型慢性肝炎のインターフェロン治療難治例と予測される症例へのIFNβ1日2回投与と 二重慮過血漿交換療法
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第97回日本消化器病学会九州支部例会、第91回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 55

  • 新時代のウイルス性肝炎学 - 基礎・臨床研究の進歩 Ⅱ. C型肝炎 C型慢性肝炎に対する治療学の進歩 C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法 - PEG-IFN・リバビリン併用療法を中心に - 二重濾過血漿交換療法(DFPP)を用いたウイルス除去療法
  • その他 / 単著 / 2011年 5月
    日本臨牀
  • / Vol.69 No.増刊4 206-210
  • 56

  • Novel therapeutic strategy for hepatitis C treatment: Double filtration plasmapheresis and interferon/ribavirin combination therapy
  • その他 / 単独発表 / 2011年 3月
    The 6th International Symposium on Liver Failure and Artificial Liver 2011
  • 57

  • Efficacy and safety of double filtration plasmapheresis in combination with interferon therapy for chronic hepatitis C
  • 雑誌 / その他 / 2010年11月
    Hepatol Res
  • / Vol.40 No.11 1072-1081
  • 58

  • Trajectories of ant-islet autoantibodies before development of type 1 diabetes in interferon-treated hepatitis C patients. Case reports and a literature review
  • 雑誌 / 共著 / 2010年11月
    Endocr J
  • / Vol.57 No.11 947-951
  • 59

  • C型慢性肝炎難治例に対するIFNβ1日2回投与および二重濾過血漿交換療法の応用とHCVアミノ酸変異
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    肝臓、18th JDDW(第14回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.51 No.Suppl.2 A591
  • 60

  • Peginterferon-alpha-2b plus ribavirin therapy in patients with chronic hepatitis C as assessed by a multi-institutional questionnaire in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 6月
    Hepatol Res
  • / Vol.40 No.6 557-565
  • 61

  • 高齢女性におけるC型慢性肝疾患のインターフェロン治療効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    肝臓、第46回日本肝臓学会総会
  • / Vol.51 No.Suppl.1 A162
  • 62

  • C型慢性肝炎におけるインターフェロン治療 - 治療の工夫とウイルス側要因 -
  • その他 / 単独発表 / 2010年 2月
    第22回肝臓フォーラム(西部)
  • 63

  • Evaluation of long-term entecavir treatment in stable chronic hepatitis B patients switched from lamivudine therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    Hepatol Int
  • / Vol.4 594-600
  • 64

  • 体重別にみたPEG IFNリバビリン併用療法の治療効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    肝臓、第38回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.50 No.Suppl.3 A629
  • 65

  • Apheresis for liver failure & viral hepatitis
  • その他 / 単独発表 / 2009年12月
    Renal Diseases and BioTechnology for Blood Purification 2009
  • 66

  • ワ-クショップ(2)ウイルス性肝炎に対する最新の治療 : C型慢性肝炎難治例に対する治療の工夫 -IFNβ1日2回投与および二重濾過血漿交換療法の応用-
  • その他 / 共同発表 / 2009年11月
    第94回日本消化器病学会九州支部例会、第88回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 67

  • 特集:身体疾患とうつ病 6.各科臨床におけるうつ病診療の実際 4)インターフェロン治療とうつ病
  • その他 / 共著 / 2009年10月
    Progress in Medicine
  • / Vol.29 No.10 2397-2400
  • 68

  • 体重別にみたPEG IFNリバビリン併用療法の治療効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    肝臓、17th JDDW(第13回日本肝臓学会大会、第51回日本消化器病学会大会 合同)
  • / Vol.50 No.Suppl.2 A451
  • 69

  • インターフェロン治療とうつ病
  • その他 / 共著 / 2009年10月
    Progress in Medicine
  • / Vol.29 No.10 2397-2400
  • 70

  • C型慢性肝炎における二重濾過血漿交換(DFPP)併用療法の治療効果とその工夫
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    日本アフェレシス学会雑誌、第30回日本アフェレシス学会学術大会
  • / Vol.28 No.Suppl. 73
  • 71

  • Novel therapeutic strategy for Hepatitis C treatment - Double Filtration Plasmapheresis and Interferon/Ribavirin combination Therapy -
  • その他 / 単独発表 / 2009年 7月
    World Summit of antivirals 2009  
  • 72

  • C型慢性肝炎のIFN治療無効例に、二重濾過血漿交換療法(DFPP)とIFNβ1日2回投与を併用した1例
  • その他 / 共同発表 / 2009年 6月
    第93回日本消化器病学会九州支部例会、第87回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 73

  • 55〜65Kgでの体重別にみたPEG IFNリバビリン併用療法の治療効果
  • その他 / 共同発表 / 2009年 6月
    肝臓、第45回日本肝臓学会総会
  • / Vol.50 No.Suppl.1 A146
  • 74

  • Novel therapeutic strategy for chronic hepatitis C - Double filtration plasmapheresis and (PEG) interferon/ribavirin combination therapy
  • その他 / 共同発表 / 2009年 3月
    12th World Apheresis Association and 7th International Society for Apheresis Congress
  • 75

  • A PEG-interferon/ribavirin combination treatment for genotype 1b with high viral load - The characteristics of the non sustained viral response patients whose HCV RNA became negative at 12-16 weeks
  • その他 / 共同発表 / 2009年 2月
    Hepatology International、19th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • / Vol.3 No.1 165
  • 76

  • A randomized study of extended treatment with peginterferon alpha-2b plus ribavirin based on time to HCV RNA negative-status in patients with genotype 1b chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    Am J Gastroenterol
  • / Vol.104 No.1 70-75
  • 77

  • C型慢性肝炎のPEG IFN・Rib療法におけるDFPP併用療法
  • その他 / 共著 / 2008年12月
    日本医事新報
  • / Vol.4418 63-66
  • 78

  • 高齢者のC型慢性肝疾患の治療
  • その他 / 共著 / 2008年11月
    肝胆膵
  • / Vol.57 No.5 983-987
  • 79

  • PEG-Interferon/Ribavirin併用療法の延長投与例におけるSVRに関与する因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年11月
    第92回日本消化器病学会九州支部例会、第86回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 80

  • Genotype 1b、高ウイルス量に対するPEG-Interferon/Ribavirin併用療法- 12〜16週RNA陰性化例でのnonSVR例の特徴-
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    肝臓、16th JDDW(第12回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.49 No.Suppl.2 A518
  • 81

  • Evaluation of long-term entecavir (ETV) treatment in stable chronic hepatitis B patients switched from lamivudine (LVD) therapy
  • その他 / 共同発表 / 2008年10月
    Hepatology、The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD)
  • / Vol.48 No.Suppl.1 737A
  • 82

  • (2)インターフェロン以外のB型慢性肝炎治療はどうすべきか
  • その他 / 共著 / 2008年 9月
    肝炎のインターフェロン治療 up to date 2009
  • / 108-117
  • 83

  • C型肝炎-最新治療の進めかた- IFN治療困難症例とその対処法-副作用、高齢者、血球減少を乗り越えるには
  • その他 / 共著 / 2008年 7月
    Medical Practice
  • / Vol.25 No.10 1869-1873
  • 84

  • Genotype 1, 高ウイルス量に対するPEG-Interferon/Ribavirin併用療法の延長投与の検討
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    肝臓、第44回日本肝臓学会総会
  • / Vol.49 No.Supple.1 A310
  • 85

  • 超高ウイルス量例へのPEG IFNリバビリン+二重濾過膜血漿交換療法の治療効果
  • その他 / 共同発表 / 2008年 6月
    第53回日本透析医学会学術集会・総会
  • 86

  • AnswerのPoint key words 健康キャリア、仕事上の制限
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 4月
    患者さんの質問に答える慢性肝疾患診療改訂2版、南江堂
  • / Vol.77
  • 87

  • AnswerのPoint key word ウイルス量
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 4月
    患者さんの質問に答える慢性肝疾患診療改訂2版、南江堂
  • / Vol.78-79
  • 88

  • I. B型肝炎治療の新戦略  3. 核酸アナログ製剤によるB型慢性肝炎の治療
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 1月
    化学療法の領域
  • / Vol.24 No.2 214-220
  • 89

  • 最近19年間の薬物性肝障害の実態
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年
    薬物性肝障害の実態
  • / 46-50
  • 90

  • C型慢性肝炎のPEG IFN・Rib療法におけるDFPP併用療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年
    日本医事新報
  • / No.4418 63-66
  • 91

  • 当科における血小板数低値例に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法
  • その他 / 共同発表 / 2007年12月
    肝臓、第37回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.48 No.Suppl.3 A594
  • 92

  • インターフェロン・リバビリン併用療法中に回盲部膿瘍が形成されS状結腸に 穿破したC型慢性肝炎の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    日本消化器病学会雑誌
  • / Vol.104 No.11 1632-1638
  • 93

  • C 型慢性肝炎に対するPEG-Interferon / Ribavirin 併用療法の実態調査 - アンケートによる意識調査および臨床効果の実態調査
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    肝臓、15th JDDW (第11回日本肝臓学会大会)
  • / Vol.48 No.Suppl.2 A422
  • 94

  • PEG-Interferon/Ribavirin 併用療法の延長投与例における SVR に関与する因子の検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年10月
    肝臓、15th JDDW 第11回日本肝臓学会大会
  • / Vol.48 No.Suppl.2 A411
  • 95

  • Serum levels of IgG to the peptide of HCV1b core at positions 35-44 correlated with persistent infection, while levels of IgG to the peptide of NS5A at positions 2132-2140 correlated with better prognosis in HCV-infected patients
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    Medical Microbiology Immunology
  • / Vol.196 No.3 157-164
  • 96

  • A new epitope peptide derived from hepatitis C virus 1b possessing the capacity to induce cytotoxic T-lymphocytes in HCV1b-infected patients with HLA-A11, -A31, and -A33
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    Cancer Immunol Immunother
  • / Vol.56 No.9 1359-1366
  • 97

  • Lamivudine treatment-related morphological changes of esophageal varices in patients with liver cirrhosis
  • 雑誌 / その他 / 2007年 7月
    Hepatology Research
  • / Vol.37 No.7 503-509
  • 98

  • C型慢性肝炎における二重濾過血漿交換(DFPP) によるウイルス減量導入療法
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第52回日本透析医学会学術集会・総会
  • 99

  • HCV RNA 陰性化時期に応じた PEG IFN リバビリン延長投与の検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    肝臓、第43回日本肝臓学会総会
  • / Vol.48 No.Suppl.1 A52
  • 100

  • Clearance of HCV improves insulin resistance, beta-cell function, and hepatic expression of insulin receptor substrate 1 and 2
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 5月
    American Journal of Gastroenterology
  • / Vol.102 No.3 570-576
  • 101

  • ALT 低値持続 B 型肝硬変症の抗ウイルス療法の適応とは?
  • その他 / 共著 / 2007年 4月
    Medical Practice
  • / Vol.24 No.4 641-644
  • 102

  • Successful treatment with corticosteroid and lamivudine for autoimmune hepatitis in a patient with asymptomatic HBV infection
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 4月
    Digestive Diseases and Sciences
  • / Vol.52 No.4 908-913
  • 103

  • 実地診療における B 型肝炎の治療の実際 核酸アナログをどう使いこなすか? - 2007 最新情報 -
  • その他 / 共著 / 2007年 4月
    Medical Practice
  • / Vol.24 No.4 681-685
  • 104

  • インターフェロン以外の B 型慢性肝炎治療はどうすべきか
  • その他 / 共著 / 2007年 3月
    臨床消化器内科
  • / Vol.22 No.4 461-468
  • 105

  • Identification of new immunogenic peptides in conserved regions of hepatitis C virus (HCV) 1b with the potentiality to generate cytotoxic T lymphocytes in HCV1b(+) HLA-A24(+) patients
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    Hepatology Research
  • / Vol.37 No.3 186-195
  • 106

  • Impaired filterability of erythrocytes from patients with chronic hepatitis C and effects of eicosapentaenoic acid on the filterability
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 2月
    The Journal of Physiological Sciences
  • / Vol.57 No.1 43-49
  • 107

  • Novel therapeutic strategy for chronic hepatitis C : Double filtration plasmapheresis and (PEG) interferon/ribavirin Combination therapy
  • その他 / 共同発表 / 2006年11月
    International Congress on ESRD 2006
  • 108

  • C 型代償性肝硬変に対するインターフェロンβ治療への期待 - 肝癌撲滅のために -
  • その他 / 共著 / 2006年11月
    Medical Tribune 特別企画
  • / Vol.4 1-4
  • 109

  • ペグインターフェロン・リバビリン併用療法における減量中止例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2006年11月
    第88回日本消化器病学会九州支部例会、第82回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 110

  • B 型慢性肝炎に対する核酸アナログ製剤の投与
  • その他 / 単著 / 2006年11月
    日本医事新報
  • / Vol.4307 89
  • 111

  • Granulocytapheresis (GCAP) for severe alcoholic hepatitis-A preliminary report
  • 雑誌 / 共著 / 2006年11月
    Hepatol Res
  • / Vol.36 No.3 229-236
  • 112

  • C型慢性肝炎における二重濾過血漿交換(DFPP)によるウイルス減量導入療法 - ウイルス減量導入研究会 -
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    14th DDW-Japan(第10回日本肝臓学会大会、第48回日本消化器病学会大会 合同)
  • 113

  • 抗 HBV 薬
  • その他 / 共著 / 2006年 9月
    臨床と研究
  • / Vol.83 No.9 1337-1341
  • 114

  • C 型急性肝炎・全国調査の概要 - 厚生労働省科学研究班 -
  • その他 / 共著 / 2006年 8月
    臨床と研究
  • / Vol.83 No.8 1226
  • 115

  • C型慢性肝炎のIFN治療無効例に、二重濾過血漿交換療法(DFPP)とIFNβ1日2回投与を併用した1例
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    第93回日本消化器病学会九州支部例会、第87回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 116

  • C 型慢性肝炎における二重濾過血漿交換(DFPP)によるウイルス減量導入療法
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    第51回日本透析医学会学術集会・総会
  • 117

  • 高齢者 C 型慢性肝炎に対する IFN / Ribavirin 併用療法の問題点とその対策
  • その他 / 単著 / 2006年 5月
    消化器科
  • / Vol.42 No.5 502-505
  • 118

  • C 型慢性肝炎における二重濾過血漿交換(DFPP)によるウイルス減量導入療法の試み
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    肝臓、第42回日本肝臓学会総会
  • 119

  • Antibody to hepatitis B core antigen is associated with the development of hepatocellular carcinoma in hepatitis C virus-infected persons: a 12-year prospective study
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 5月
    Int J Mol Med
  • / Vol.17 827-832
  • 120

  • C 型慢性肝炎における二重濾過血漿交換(DFPP)によるウイルス減量導入療法の試み
  • その他 / 共同発表 / 2006年 4月
    第12回日本アフェレシス学会九州地方会
  • 121

  • 急性肝炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 4月
    「内科外来診療実践ガイド - 縮刷版 -」文光堂
  • / 171-173
  • 122

  • B 型慢性肝炎
  • その他 / 共著 / 2006年 2月
    臨床と研究
  • / Vol.83 No.2 219-221
  • 123

  • I 型治療法 : 私の工夫
  • その他 / 共著 / 2006年 1月
    肝胆膵
  • / Vol.52 No.1 91-95
  • 124

  • C 型慢性肝炎への IFNα-2b・リバビリン療法における二重濾過血漿交換併用療法の臨床的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    日本アフェレシス学会雑誌
  • / Vol.25 No.3 233-239
  • 125

  • 2. B 型肝炎における肝発癌予防
  • その他 / 共著 / 2006年
    臨床消化器内科
  • / Vol.21 No.7 1082-1089
  • 126

  • インターフェロン + リバビリン併用療法時の貧血に対する EPA の治療効果
  • その他 / 単著 / 2006年
    久留米内科医会
  • / No.60 10
  • 127

  • A decrease in AFP level related to administration of interferon in patients with chronic hepatitis C and a high level of AFP
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Dig Dis Sci
  • / Vol.51 No.4 808-812
  • 128

  • ラミブジン/アデフォビル治療の効果と耐性株出現状況
  • その他 / 共著 / 2006年
    Bio Clinica
  • / Vol.21 No.5 415-419
  • 129

  • Clinical features of hepatocellular carcinoma that occur after sustained virological response to interferon for chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J Gastroenterol Hepatol
  • / Vol.21 122-128
  • 130

  • New Epitope Peptides Derived from Hepatitis C Virus (HCV) 2a Which Have the Capacity to Induce Cytotoxic T Lymphocytes in HLA-A2(+) HCV-Infected Patients
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Microbiol Immunol
  • / Vol.50 No.11 857-865
  • 131

  • Timing of interferon therapy and sources of infection in patients with acute hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Hepatol Res
  • / Vol.34 35-40
  • 132

  • 急性ウイルス肝炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年
    「肝臓病学」朝倉書店
  • / 196-204
  • 133

  • Needlestick Accident and hepatitis virus contamination
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年
    Seminar on infectious hepatitis, its epidemiology, prevention and treatment
  • / 26
  • 134

  • ラミブジン耐性株に対するアデフォビル単独療法の臨床的検討
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    肝臓、第36回日本肝臓学会西部会
  • 135

  • 高齢者に対するインターフェロンリバビリン併用療法の問題とその対策
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    DDW-Japan(第9回日本肝臓学会大会、第47回日本消化器病学会大会、第43回日本消化器集団検診学会大会 合同)
  • 136

  • Needlestic accident and hepatitis virus contaimination
  • その他 / 単独発表 / 2005年 8月
    Seminar on Infectious Hepatitis, Its Epidemiology, Prevention and Treatment
  • 137

  • Management of chronic hepatitis C
  • その他 / 単独発表 / 2005年 8月
    Seminar on Infectious Hepatitis, Its Epidemiology, Prevention and Treatment
  • 138

  • Causal relationship between hepatitis C virus core and the development of type 2 diabetes mellitus in a hepatitis C virus hyperendemic area: a pilot study
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 7月
    Int J Mol Med
  • / Vol.16 No.1 109-114
  • 139

  • Clinical course of patients with chronic hepatitis B with viral breakthrough during long-term lamivudine treatment
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 6月
    J Gastroenterol
  • / Vol.40 No.6 625-630
  • 140

  • 久留米大学第 2 内科および関連施設における C 型慢性肝炎に対するコンセンサスインターフェロンの治療成績
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 6月
    医学と薬学
  • / Vol.53 No.6 805-810
  • 141

  • 急性肝炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年 4月
    「講義録 消化器学」メジカルビュー社
  • / 414-419
  • 142

  • Exacerbation of oral erosive lichen planus by combination of interferon and ribavirin therapy for chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 2月
    Int J Mol Med
  • / Vol.15 No.2 237-241
  • 143

  • 急性肝炎の診断と治療(各論): (3)C 型急性肝炎
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年 2月
    「新しい診断と治療の ABC 27/ 消化器3 ウイルス性肝炎」最新医学社
  • / 88-97
  • 144

  • Risk factors for development of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C after sustained response to interferon
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 2月
    J Gastroenterol
  • / Vol.40 No.2 148-156
  • 145

  • ウイルスの遺伝子型によって治療方針はどう変わるか
  • その他 / 共著 / 2005年
    消化器の臨床
  • / Vol.8 No.2 184-189
  • 146

  • Quantitative studies on the impaired filterability of erythrocytes from patients with liver cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    日本バイオレオロジー学会誌
  • / Vol.19 No.1 50-59
  • 147

  • C 型慢性肝炎の IFN 初回治療
  • その他 / 共著 / 2004年12月
    肝胆膵
  • / Vol.49 No.6 997-1003
  • 148

  • Breakthrough Hepatitis 対策
  • その他 / 共著 / 2004年10月
    肝胆膵
  • / Vol.49 No.4 495-501
  • 149

  • C 型急性肝炎の治療
  • その他 / 共著 / 2004年 8月
    臨床医
  • / Vol.30 No.8 1615-1618
  • 150

  • 分子疫学的手法による HCV 高感染地区での感染経路の検討
  • その他 / 共著 / 2004年 7月
    日本臨床 ウイルス性肝炎(上)-基礎・臨床研究の進歩-
  • / Vol.62 No.7 258-263
  • 151

  • (1) B 型肝炎治療の動向 (ラミブジン, Adefovir, Entecavir)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 6月
    「肝疾患 Review 2004」日本メディカルセンター 出版
  • / 121-126
  • 152

  • アンプリコアモニター法による治療戦略
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 3月
    「C 型慢性肝炎治療の新たなストラテジー」先端医学社 出版
  • / 58-62
  • 153

  • Needlestick accident and hepatitis virus contamination.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    「Textbook of JICA Seminar on infectious hepatitis-its epidemiology and control」
  • / 34
  • 154

  • Prognostic indicators of breakthrough hepatitis during lamivudine monotherapy for chronic hepatitis B virus infection
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    J Gastroenterol
  • / Vol.39 769-775
  • 155

  • ウイルス肝炎の自然経過と治療指針 B 型慢性肝炎の自然経過と治療指針
  • その他 / 共著 / 2004年
    内科
  • / Vol.93 No.3 420-424
  • 156

  • Adefovir Dipivoxil as a treatment for hepatic failure caused by lamivudine-resistant HBV strains
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Dig Dis Sci
  • / Vol.49 300-303
  • 157

  • Genetic heterogeneity of the precore and the core promoter region of genotype C hepatitis B virus during lamivudine therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    J Med Virol
  • / Vol.72 26-34
  • 158

  • Management of Chronic Hepatitis C
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年
    「Textbook of JICA Seminar on infectious hepatitis-its epidemiology and control」
  • / 89
  • 159

  • ステロイドパルス療法、サイクロスポリン (CyA) とラミブジン (LAM) 投与により改善した B 型急性肝不全の 2 症例
  • その他 / 共著 / 2004年
    臨床と研究
  • / Vol.81 342
  • 160

  • Predicting relapse after cessation of lamivudine monotherapy for chronic hepatits B virus infection
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Clin Infect Dis
  • / Vol.38 490-495
  • 161

  • Hepatitis C virus down-regulates insulin receptor substrates 1 and 2 through up-regulation of suppressor of cytokine signaling 3
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Am J Pathol
  • / Vol.165 1499-1508
  • 162

  • A real-time quantitative polymerase chain reaction method for hepatitis B virus in patients with chronic hepatitis B treated with lamivudine
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Am J Gastroenterol
  • / Vol.98 2048-2051
  • 163

  • C 型急性肝炎の疫学的変遷
  • その他 / 共著 / 2003年
    肝胆膵
  • / Vol.47 625-631
  • 164

  • A pilot study of eicosapentaenoic acid therapy for ribavirin-related anemia in patients with chronic hepaitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Int J Mol Med
  • / Vol.11 729-732
  • 165

  • C 型慢性肝炎に対するγIFNα-2a(ロフェロンィ A)治療と Amplocor-HCV Monitor を用いたウイルス量と genotype の同時測定法による効果予測の検討.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    消化器科
  • / Vol.34 558-566
  • 166

  • 高感染率集団に対する措置
  • その他 / 共著 / 2002年
    綜合臨床
  • / Vol.51 1946-1949
  • 167

  • 慢性肝炎
  • その他 / 共著 / 2002年
    臨床医
  • / Vol.28 1369-1370
  • 168

  • Short term and two-step interferon therapy for chronic hepatitis C patients with low HCV RNA levels
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Hepatol Res
  • / Vol.22 145-151
  • 169

  • C 型急性肝炎の感染経路と治療
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年
    The Proceedings of The 23rd Inuyama Symposium 「B 型・C 型肝炎治療の新たな展開」アークメディア出版
  • / 170-173
  • 170

  • 抗ウイルス剤の使い方 - HBV と HCV -
  • その他 / 共著 / 2002年
    臨床と研究
  • / Vol.79 1560-1564
  • 171

  • C 型急性肝炎に対するインターフェロン治療.
  • その他 / 共著 / 2002年
    肝胆膵
  • / Vol.45 1015-1018
  • 172

  • Transcription-mediated amplification is more useful in the follow-up of patients with chronic hepatitis B treated with lamivudine
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Hepatol Res
  • / Vol.21 76-84
  • 173

  • B 型慢性肝炎に対するラミブジン療法
  • その他 / 共著 / 2001年
    Medical Practice
  • / Vol.18 95-97
  • 174

  • Two-year follow-up study after treatment with lamivudine for chronic hepatitis B: seven cases reported
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Hepatol Res
  • / Vol.17 197-204
  • 175

  • A 型肝炎
  • その他 / 共著 / 2000年
    化学療法の領域
  • / Vol.16 901-904
  • 176

  • Second generation amplicor-HCV monitor assay : clinical features and predictors of the response to interferon
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Hepatol Res
  • / Vol.18 230-238
  • 177

  • Increased serum IgM class anti-lipid A antibody and therapeutic effect of ursodeoxycholic acid in primary biliary cirrhosis
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Hepato-Gastroenterol
  • / Vol.44 1569-1573
  • 178

  • Characteristics of complete responders to interferon among patients with chronic hepatitis C with high serum levels of RNA
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Hepatol Res
  • / Vol.7 19-27
  • 179

  • Evaluation of interferon treatment in cirrhotic patients with hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 1996年
    Jpn Ass Infect Dis
  • / Vol.70 597-604
  • 180

  • Clinical evaluation of 4 cases of acute viral hepatitis complicated by pure red cell aplasia
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    Am J Gastroenterol
  • / Vol.89 257-262

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp