久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 熊谷 英太の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Right ventricular workload assessed by FDG-PET in a patient with residual VSD and infundibular pulmonary stenosis after repair of tetralogy of Fallot.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    J Nucl Cardiol
  • / doi:10.1007/s12350-017-0906-z
  • 2

  • Elevated plasma transforming growth factor β1 levels predict the development of hypertension in normotensives: The 14-year follow-up study.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    Am J Hypertens
  • / doi: 10.1093/ajh/hpx053
  • 3

  • A useful tool as a medical checkup in a general population -Bioelectrical impedance analysis-
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 2月
    Front Cardiovasc Med
  • / doi: 10.3389/fcvm.2017.00003. eCollection 2017
  • 4

  • Myocardial metabolic improvement prior to electrocardiographic or volumetric changes of the right ventricle in pulmonary arterial hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    J Nucl Cardiol
  • / doi:10.1007/s12350-016-0769-8
  • 5

  • Unstable angina pectoris in a 22-year-old female patient.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    Kurume Med J
  • / Vol.63 No.1-2 33-37
  • 6

  • Trends in coronary risk factors and electrocardiogram findings from 1977 to 2009 with 10-year mortality in Japanese elderly males – The Tanushimaru Study –
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    J Cardiol
  • / pii: S0914-5087(16)30345-8. doi: 10.1016/j.jjcc.2016.12.004.
  • 7

  • Augmentation index (AI) in a dose-response relationship with smoking habits in males – The Tanushimaru Study –
  • 雑誌 / 共著 / 2016年12月
    Medicine (Baltimore)
  • / Vol.95 No.51 e5368
  • 8

  • Plasma heat shock protein 27 is increased in renal dysfunction and habitual smoking in a Japanese general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    J Cardiol
  • / Vol.67 No.1 110-114
  • 9

  • 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症
  • その他 / 共著 / 2015年 8月
    Angiology Frontier
  • / Vol.14 No.2 100-107
  • 10

  • 肺高血圧症に対する画像診断の進歩
  • その他 / 共著 / 2015年 7月
    Heart View
  • / Vol.19 No.7 690-698
  • 11

  • Plasma renin activity and resting heart rate in a population of community-dwelling Japanese: The Tanushimaru Study.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Am J Hypertens
  • / Vol.28 No.7 894-899
  • 12

  • Association of serum eicosapentaenoic acid to arachidonic acid ratio with microalbuminuria in a population of community-dwelling Japanese.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 4月
    Atherosclerosis
  • / Vol.239 No.2 577-582
  • 13

  • 血清フェチュインA値とインスリン抵抗性との関連、一般住民における疫学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    未病と抗老化
  • / Vol.24 No.7 82
  • 14

  • High plasma fetuin-A levels are associated with metabolic syndrome among males but not females in a Japanese general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年10月
    Diabetes Res Clin Pract
  • / Vol.106 No.1 128-135
  • 15

  • Serum vaspin levels are positively associated with carotid atherosclerosis in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 3月
    Atherosclerosis
  • / Vol.233 No.1 248-252
  • 16

  • Serum uric acid is associated with the left ventricular mass index in males of a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 1月
    Int Heart J
  • / Vol.55 No.1 65-70
  • 17

  • 一般住民男性における、血清尿酸値と左室重量係数の関連
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    未病と抗老化
  • / Vol.23 No.7 81
  • 18

  • アルドステロンとインスリン抵抗性の発症
  • その他 / 共著 / 2013年
    臨床高血圧
  • / Vol.19 No.1 16-25
  • 19

  • Serum hepatocyte growth factor and cancer mortality in an apparently healthy Japanese population.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 9月
    J Epidemiol
  • / Vol.22 No.5 395-401
  • 20

  • アルドステロンとインスリン抵抗性
  • その他 / 共著 / 2012年 8月
    血圧
  • / Vol.19 No.8 682-683
  • 21

  • Stent-anchored coil embolotherapy –Novel treatment procedure for huge pulmonary arterio-venous malformation in hereditary hemorrhagic telangiectasia–
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    Int J Cardiol
  • / Vol.157 No.1 122-124
  • 22

  • LDL-C/HDL-C ratio predicts carotid intima-media thickness progression better than HDL-C or LDL-C alone.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Lipids
  • / Vol.2011 549137
  • 23

  • Plasma aldosterone levels and development of insulin resistance: prospective study in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    Hypertension
  • / Vol.58 No.6 1043-1048
  • 24

  • Trends in dietary intakes and serum cholesterol levels over 50 years in Tanushimaru in Japanese men.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 7月
    Food and Nutrition Sciences
  • / Vol.2 No.5 476-481
  • 25

  • High white blood cell count and low estimated glomerular filtration rate are independently associated with serum level of monocyte chemoattractant protein-1 in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Clin Cardiol
  • / Vol.34 No.3 189-194
  • 26

  • Factors associated with serum high mobility group box 1 (HMGB1) levels in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年12月
    Metabolism
  • / Vol.58 No.12 1688-1693

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp