久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 安倍 満彦の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 胆管上皮細胞に高発現する脳由来神経栄養因子(BDNF)の機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年12月
    第4回G-PLUS (旧称:浜名湖シンポジウム)
  • 2

  • Proteomic Discovery of Brain-Derived Neurotrophic Factor in Serum and Bile Ducts in Cholestasis
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    The 69th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.68 872A-873A
  • 3

  • STAT3 deficiency prevents hepatocarcinogenesis and promotes transdifferentiation of hepatocytes into biliary cells in chronic liver injury of mice
  • その他 / 共同発表 / 2017年10月
    The 68th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.66 No.Suppl.1 718A
  • 4

  • STAT3 deficiency prevents hepatocarcinogenesis and promotes biliary proliferation in thioacetamide-induced liver injury.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年10月
    World Journal of Gastroenterology
  • / Vol.23 No.37 6833-6844
  • 5

  • The multikinase inhibitor K252a induces mesenchymal-epithelial transition in both human hepatocellular carcinoma cell lines and a mouse xenograft model of hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2015年11月
    Research Report 2014
  • / 50-51
  • 6

  • The multikinase inhibitor K252a induces mesenchymal-epithelial transition in both human hepatocellular carcinoma cell lines and a mouse xenograft model of hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共著 / 2014年11月
    Research Report 2013
  • / 37-38
  • 7

  • Poster Session: Molecular pathogenesis molecular pathology, cell biology and translational research:The multikinase inhibitor K252A induces mesenchymal- epithelial transition in a mouse xenograft model of hepatocellular carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    The 2014 Proceedings of the ILCA、International Liver Cancer Association, 8th Annual Conference (ILCA 2014)
  • / 38
  • 8

  • The multikinase inhibitor K252a suppresses hepatocellular carcinoma tumor growth in a mouse xenograft model
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    The 105th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 9

  • K252a induces mesenchymal-epithelial transition and G2 arrest in human hepatocellular carcinoma cell lines
  • その他 / 共著 / 2013年11月
    Research Report 2012
  • / 42
  • 10

  • Trk 阻害剤は肝細胞癌株に間葉上皮移行(MET)を誘導する
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    第72回日本癌学会学術総会
  • 11

  • K252a(Trk阻害剤)は肝細胞癌株に間葉上皮移行(MET)およびG2期停止を誘導する
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第45回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
  • 12

  • 特別企画: Trk(tropomyosin-related kinase)阻害剤は肝細胞癌株に間葉上皮移行(MET)を誘導する
  • その他 / 共同発表 / 2013年 6月
    第101回日本消化器病学会九州支部例会、第95回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 合同
  • 13

  • HCV core蛋白による肝がん細胞の低酸素環境適応機構
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    第8回広島肝臓プロジェクト研究センター シンポジウム
  • 14

  • C型肝炎ウイルスcore蛋白は低酸素環境下においてNF-κB/HIF-1α軸を介してVEGFの発現を上昇させる
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    肝臓、第48回日本肝臓学会総会
  • / Vol.53 No.Suppl.1 A233
  • 15

  • Hepatitis C virus core protein upregulates the expression of vascular endothelial growth factor via the nuclear factor-κB/hypoxia-inducible factor-1α axis under hypoxic conditions
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    Hepatol Res
  • / Vol.42 No.6 591-600
  • 16

  • C型肝炎ウイルスcore蛋白は低酸素環境下においてNF-κB/HIF-1α軸を介してVEGFの発現を上昇させる
  • その他 / 単独発表 / 2012年 4月
    九州肝疾患治療戦略研究会(第9回学術集会)
  • 17

  • HCV core protein upregulates the expression of vascular endothelial growth factor via the nuclear factor-κB/hypoxia-inducible factor-1α axis under hypoxic conditions
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    102nd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 18

  • Sustained upregulation of HIF-1α by hepatitis C virus core protein augments VEGF and Bcl-xL expressions in hepatocellular carcinoma cells under hypoxic condition
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    Hepatology、The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • / Vol.54 No.4(Suppl.1) 1286A
  • 19

  • HCV core蛋白とIL-6との協調的作用による肝細胞上皮間葉移行(EMT)の誘導
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    肝臓、第46回日本肝臓学会総会
  • / Vol.51 No.Suppl.1 A167
  • 20

  • Hepatitis C virus core protein in combination with interleukin-6 induces epithelial-mesenchymal transition through upregulation of Snail and E2A in human hepatocyte-derived cells
  • その他 / 共同発表 / 2010年 4月
    101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR)
  • 21

  • 主題ポスター(1):7年間の怠薬後に治療再開するも急速に肝不全へ進行した成人ウイルソン病の一例
  • その他 / 共同発表 / 2009年12月
    肝臓、第38回日本肝臓学会西部会
  • / Vol.50 No.Suppl.3 A647

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp