久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 桑野 剛一の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Pseudomonas aeruginosa serA Gene Is Required for Bacterial Translocation through Caco-2 Cell Monolayers.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 1月
    PLoS One
  • / Vol.12 No.1 1-22
  • 2

  • Mpn491, a secreted nuclease of Mycoplasma pneumoniae, plays a critical role in evading killing by neutrophil extracellular traps.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 9月
    Cell Microbiol.
  • 3

  • EprS, an autotransporter serine protease, plays an important role in various pathogenic phenotypes of Pseudomonas aeruginosa.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 2月
    Microbiology.
  • / Vol.162 No.2 318-29
  • 4

  • 肺炎マイコプラズマの分泌型ヌクレアーゼは好中球のNETsを分解する
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 5月
    日本マイコプラズマ学会雑誌
  • / Vol.42 57-58
  • 5

  • Mycoplasma pneumoniaeの細胞内侵入性は本菌感染に伴うIL-8産生応答を増強する
  • その他 / 共著 / 2015年 3月
    日本細菌学雑誌
  • / Vol.70 No.1 169
  • 6

  • 緑膿菌の病原性因子としてのEprSオートトランスポータープロテアーゼの役割
  • その他 / 共著 / 2015年 3月
    日本細菌学雑誌
  • / Vol.70 No.1 167
  • 7

  • マイコプラズマ
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年12月
    荒川宣親、神谷茂、柳雄介
  • / 107-109
  • 8

  • Cytadherence of Mycoplasma pneumoniae induces inflammatory responses through autophagy and toll-like receptor 4.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 7月
    Infect Immun
  • / Vol.82 No.7 3076-86
  • 9

  • Mycoplasma pneumoniae
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 3月
    細菌ウイルス寄生虫便覧
  • 10

  • Effects of Ureaplasma parvum lipoprotein multiple-banded antigen on pregnancy outcome in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年12月
    J Reprod Immunol.
  • / Vol.100 No.2 118-127
  • 11

  • Protein phosphatase 2A dephosphorylates phosphoserines in nucleocytoplasmic shuttling and secretion of high mobility group box 1.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    J Biochem
  • / Vol.154 No.3 299-308
  • 12

  • EprS, an autotransporter protein of Pseudomonas aeruginosa, possessing serine protease activity induces inflammatory responses through protease-activated receptors.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    Cell Microbiol.
  • / Vol.15 No.7 1168-1181
  • 13

  • Impaired capsular polysaccharide is relevant to enhanced biofilm formation and lower virulence in Streptococcus pneumoniae.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年12月
    Journal of Infection and Chemotherapy
  • 14

  • Mycoplasma pneumoniae 感染初期の炎症病態形成機構
  • その他 / 単著 / 2012年10月
    Mebio
  • / Vol.29 No.10 36-44
  • 15

  • Reactive oxygen species mediates Jak2/Stat3 activation and IL-8 expression in pulmonary epithelial cells stimulated with lipid-associated membrane proteins from Mycoplasma pneumoniae
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    Inflammation Research
  • / Vol.61 No.5 493-501
  • 16

  • Novel bacterial lipoprotein structures conserved in low-GC content Gram-positive bacteria are recognized by Toll-like receptor 2
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    The Journal of Biological Chemistry
  • / Vol.287 No.16 13170-81
  • 17

  • Mycoplasma pneumoniae感染における初期宿主応答
  • 雑誌 / 単著 / 2011年10月
    日本マイコプラズマ学会雑誌
  • / Vol.38 7-14
  • 18

  • Mycoplasma pneumoniae infection induces a neutrophil-derived antimicrobial peptide, cathelin-related antimicrobial peptide.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 8月
    Microbiol. Immunol.
  • / Vol.55 582-588
  • 19

  • Cytoadherence-dependent induction of inflammatory responses by Mycoplasma pneumoniae
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 5月
    Immunology
  • / Vol.133 51-61
  • 20

  • Cooperation between LepA and PlcH contributes to the in vivo virulence and growth of Pseudomonas aeruginosa in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 1月
    Infection and Immunity
  • / Vol.79 No.1 211-219
  • 21

  • ナイシンAを利用した酪農分野における牛感染症防除
  • 雑誌 / 共著 / 2010年11月
    FFIジャーナル
  • / Vol.215 No.4
  • 22

  • Modifications on amphiphilicity and cationicity of unnatural amino acid containing peptides for the improvement of antimicrobial activity against pathogenic bacteria
  • 雑誌 / 共著 / 2010年11月
    J Pept Sci.
  • / Vol.16 No.11 607-612
  • 23

  • 遺伝子解析により判明した血清コリンエステラーゼ欠損症の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2009年10月
    臨床化学
  • / Vol.38 No.4 434-439
  • 24

  • 接着に依存的なMycoplasma pneumoniaeの炎症誘導
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 6月
    日本マイコプラズマ学会雑誌
  • / Vol.33 in press
  • 25

  • Mycoplasma pneumoniaeリポプロテインを標的抗原としたELISAの構築
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 6月
    日本マイコプラズマ学会雑誌
  • / Vol.33 in press
  • 26

  • A triacylated lipoprotein from Mycoplasma genitalium activates NF-kappaB through Toll-like receptor 1 (TLR1) and TLR2. 
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 8月
    Infect Immun.
  • / Vol.76 3672-3678
  • 27

  • Ureaplasma parvum lipoproteins, including MB antigen, activate NF-kappaB through TLR1, TLR2 and TLR6
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 5月
    Microbiology
  • / Vol.154 1318-1325
  • 28

  • Ureaplasma parvum由来リポタンパク質によるToll-like receptorシグナルの活性化
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 5月
    日本マイコプラズマ学会雑誌
  • / Vol.35 73-74
  • 29

  • A novel secreted protease from Pseudomonas aeruginosa activates NF-kappaB through protease-activated receptors.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 4月
    Cell Microbiol.
  • / Vol.10 No.7 1491-1504
  • 30

  • Mycoplasma pneumoniae-derived Lipopeptides Induce Acute Inflammatory Responses in the Lungs of Mice. Infect Immun.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 1月
    Infection and Immunity
  • / Vol.76 No.1 270-277
  • 31

  • Triacylated lipoproteins derived from Mycoplasma pneumoniae activate nuclear factor-kB through toll-like receptors 1 and 2
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 8月
    Immunology
  • / Vol.121 No.4 473-483
  • 32

  • マイコプラズマと宿主の免疫応答
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 6月
    化学療法の領域
  • / Vol.23 No.6 81-87
  • 33

  • Serratia marcescens serralysin induces inflammatory responses through protease-activated receptor 2
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 1月
    Infection and Immunity
  • / Vol.75 No.1 164-174
  • 34

  • Antimicrobial activity of inducible human beta defensin-2 against Mycoplasma pneumoniae.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 2月
    Current Microbiology
  • / Vol.52 435〜438
  • 35

  • Sodium butyrate up-regulates cathelicidin gene expression via activator protein-1 and histone acetylation at the promoter region in a human lung epithelial cell line, EBC-1.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 2月
    Mol Immunol.
  • / Vol.43 No.12 1972〜1981
  • 36

  • 生体情報と細胞応答
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年12月
    基礎医学・生物系の同位体実験-放射性同位体・安定同位体・X線結晶解析の基礎-
  • / p.52〜71
  • 37

  • Dual antibacterial mechanisms of nisin Z against Gram-positive and Gram-negative bacteria.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年11月
    Int J Antimicrob Agents.
  • / Vol.26 No.5 396〜402
  • 38

  • A Dipalmitoylated Lipoprotein from Mycoplasma pneumoniae Activates NF-kB through TLR1, TLR2, and TLR6
  • 雑誌 / 共著 / 2005年10月
    J. Immunol.
  • / Vol.175 4641〜4646
  • 39

  • Conditional expression of liver-enriched transcriptional activator protein augments Acholeplasma laidlawii-induced granulysin gene expression in a human monocytic cell line, THP-1
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    Immunology
  • / Vol.114 121〜132
  • 40

  • Lipid-associated membrane proteins of Mycoplasma fermentans and M. penetrans activate human immunodeficiency virus long-terminal repeats through Toll-like receptors.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 9月
    Immunology
  • / Vol.113 121〜129
  • 41

  • Glycoglycerolipid from the membranes of Acholeplasma laidlawii binds to human immunodeficiency virus-1 (HIV-1) and accelerates its entry into cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 3月
    Curr Microbiol
  • / Vol.48 No.3 182〜188
  • 42

  • Interactions of a Small Linear Cationic Peptide with Lipopolysaccharide (LPS) and Lipoteichoic Acid (LTA)
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.50 No.3,4 99〜107
  • 43

  • Granulysin およびCAP18由来塩基性抗菌ペプチドによるMycoplasma pneumoniaeの増殖抑制
  • 雑誌 / 共著 / 2003年11月
    医学のあゆみ
  • / Vol.207 No.3 221〜222
  • 44

  • Opposing roles of activator protein-1 and CCAAT/enhancer binding protein β in the regulation of inducible granulysin gene exprssion in a human monocytic cell line, THP-1
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    Immunology
  • / Vol.107 No.4 507〜516
  • 45

  • Fas-mediated Lysis of Target Cell by IL-2 Treated Cytotoxic T Lymphocytes
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 9月
    Kurume Medical Journal
  • / Vol.49 No.3 119〜129
  • 46

  • Antimicrobial Acitivity and Stability to Proteolysis of Small Linear Cationic Peptides with D-Amino Acid Substitutions
  • 雑誌 / 共著 / 2001年11月
    Microbiology and Immunology
  • / Vol.46 No.11 741〜749
  • 47

  • Acholeplasma laidlawii up-regulates granulysin gene expression via transcription factor activator protein-1 in a human monocytic cell line, THP-1
  • 雑誌 / 共著 / 2001年11月
    Immunology
  • / Vol.104 No.3 324〜332
  • 48

  • Role of Furin in Delivery of a CTL Epitope of Anthrax Toxin-Fusion Protein
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 2月
    Microbiology and Immunology
  • / Vol.45 No.2 119〜125
  • 49

  • Binding of glycoglycerolipid derived from membranes of Acholeplasma laidlawii PG8 and synthetic analogues to lymphoid cells
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 9月
    Microbiology
  • / Vol.146 No.9 2317〜2323

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp