久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 下川 千寿の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Effects of copper occupancy on the conformational landscape of peptidylglycine α-hydroxylating monooxygenase
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 6月
    Communications Biology
  • / Vol.1 No.74 1-11
  • 2

  • ヒト由来ペプチドアミド化酵素PAMに対する癌代謝物の阻害効果
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    第9回バイオ関連化学シンポジウム
  • 3

  • Inhibition of Human Peptidylglycine α-Amidating Monooxygenase
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    RIKEN Symposium “Metals in Biology” in Wako
  • 4

  • ヒト由来ペプチドC 末端アミド化酵素の結晶構造解析を目指して
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    日本化学会第95春季年会
  • 5

  • Redox chemistry of nickel(II) complexes supported by a series of noninnocent β-diketiminate ligands.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 6月
    Inorg. Chem.
  • / Vol.53 No.12 6159-69
  • 6

  • Activation mechanism of melB tyrosinase from Aspergillus oryzae by acidic treatment.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    J Biol Inorg Chem.
  • / Vol.18 No.1 19-26
  • 7

  • Multifunctions of MelB, a fungal tyrosinase from Aspergillus oryzae.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 1月
    Chembiochem.
  • / Vol.13 No.2 193-201
  • 8

  • Multifunctions of MelB, a Fungal Tyrosinase from Aspergillus oryzae
  • 雑誌 / 共著 / 2011年12月
    ChemBioChem
  • / Vol.13 No.2 193-201
  • 9

  • ヒト由来アポ型アミド化酵素の金属再構成体を用いた反応解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    平成23年度日本生化学会九州支部例会
  • 10

  • Reduction of oxaporphyrin ring of CO-bound α-verdoheme complexed with heme oxygenase-1 by NADPH-cytochrome P450 reductase
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 2月
    Journal of Inorganic Biochemistry
  • / Vol.105 289-296
  • 11

  • The roles of zinc and iron in peptide amidation
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    2010環太平洋国際化学会議(Pacifichem2010)
  • 12

  • (Selected Paper) Resonance Raman Spectra of β-Diketiminatocopper(II) Complexes
  • 雑誌 / 共著 / 2010年10月
    Bulletin of the Chemical Society of Japan
  • / Vol.83 No.10 1654-1662
  • 13

  • ペプチドアミド化反応における亜鉛および鉄の役割
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    日本化学会第90回春季年会
  • 14

  • Peptidylamidoglycolate lyase 反応における亜鉛および鉄イオンの役割
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第24回生体機能関連化学シンポジウム・第12回バイオテクノロジーシンポジウム
  • 15

  • Crystal structure of rat haem oxygenase-1 in complex with ferrous verdohaem: presence of a hydrogen-bond network on the distal side.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Biochem J.
  • / Vol.419 No.15 339-45
  • 16

  • Involvement of Metals in Enzymatic and Nonenzymatic Decomposition of C-Terminal α-Hydroxyglycine to Amide: An Implication for the Catalytic Role of Enzyme-Bound Zinc in the Peptidylamidoglycolate Lyase Reaction
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 2月
    Biochemistry
  • / Vol.48 No.7 1654-1662
  • 17

  • 二核銅活性中心を有する銅タンパク質の酸化機能
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    日本生物物理学会第46回年会
  • 18

  • Monooxygenase Activity of Octopus Vulgaris Hemocyanin
  • その他 / 共同発表 / 2008年11月
    The 4th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference
  • 19

  • Reaction of b-diketiminate copper(II) complexes and Na2S2
  • 雑誌 / 共著 / 2008年10月
    Dalton Transactions
  • / Vol.44 6250-6256
  • 20

  • Monooxygenase Activity of Octopus Vulgaris Hemocyanin
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 6月
    Biochemistry
  • / Vol.47 7108-7115
  • 21

  • カニ由来のヘモシアニンの性質と酸化機能
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    日本化学会第88回春季年会
  • 22

  • 麹菌由来のチロシナーゼの活性化と酸素化反応機構
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    日本化学会第88回春季年会
  • 23

  • タコヘモシアニンの構造改変に基づくチロシナーゼアナログの開発
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    日本化学会第88回春季年会
  • 24

  • タコヘモシアニン活性ユニットgの酸素化反応機構
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    日本化学会第88回春季年会
  • 25

  • ジフェノール系配位子を有するニッケル(II)錯体の合成と触媒機能
  • その他 / 共同発表 / 2008年 3月
    日本化学会第88回春季年会
  • 26

  • ニッケル(II)錯体を触媒とするアルカンの水酸化反応に及ぼす配位子の効果
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第40回酸化反応討論会
  • 27

  • Reaction of Copper(II) Complexes and Na2S2. An Alternative Method for the Preparation of Dicopper(II)–Disulfido Complexes
  • 雑誌 / 共著 / 2007年10月
    Chem. Lett.
  • / Vol.36 1306–1307
  • 28

  • タコヘモシアニン最小活性ユニットの発現系構築とその酸化機能
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    第22回生体機能関連化学シンポジウム
  • 29

  • 麹菌由来アポ型チロシナーゼの酸化機能
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    第22回生体機能関連化学シンポジウム
  • 30

  • N-複素環カルベンを配位子とする銅錯体の合成と性質
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    第57回錯体化学討論会
  • 31

  • タコヘモシアニン最小活性ユニットの酸化機能
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    第22回生体機能関連化学シンポジウム
  • 32

  • Isolation, Characterization, and Monooxygenase Activity of Octopus Hemocyanin
  • その他 / 共同発表 / 2007年 8月
    3th International Symposium on Molecular Information Dynamics
  • 33

  • Monooxygenase Activity of Octopus Hemocyanin
  • その他 / 共同発表 / 2007年 7月
    the 10th Osaka City University International Conference
  • 34

  • Isolation, Characterization, and Monooxygenase Activity of the Minimal Functional Unit of Octopus Hemocyanin
  • その他 / 共同発表 / 2007年 7月
    13th International Conference on Biological Inorganic Chemistry
  • 35

  • 超分子酸素運搬タンパク質ヘモシアニンの酸化機能
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    第2回ホスト・ゲスト化学シンポジウム
  • 36

  • タコヘモシアニン最小活性ユニットの発現系の構築
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    日本化学会第87回春季年会
  • 37

  • タコヘモシアニンのタイプ3銅活性ユニットの単離と化学的性質
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    日本化学会第87回春季年会
  • 38

  • β-ジケチミネート銅(II)錯体を用いたシクロヘキサンの触媒的水酸化反応
  • その他 / 共同発表 / 2006年12月
    化学プラットホーム@関西シンポジウム
  • 39

  • Monooxygenase Activity of Type-3 Copper Proteins
  • その他 / 共同発表 / 2006年12月
    Second International Symposium on Chemistry of Coordination Space
  • 40

  • β-ジケチミネート銅(II)錯体を用いたアルカンの触媒的水酸化反応
  • その他 / 共同発表 / 2006年11月
    第39回酸化反応討論会
  • 41

  • β-ジケチミナト銅(II)錯体の共鳴ラマンスペクトル
  • その他 / 共同発表 / 2006年 9月
    第56回錯体化学討論会
  • 42

  • A Functional Model for pMMO (particulate methane monooxygenase): Hydroxylation of Alkanes with H2O2 Catalyzed by β-Diketiminatocopper(II) Complexes
  • その他 / 共同発表 / 2006年 4月
    Post Hayaishi Symposium at SPRING-8
  • 43

  • pMMOの機能モデル—β-ジケチミネート銅(II)錯体を触媒とする過酸化水素によるアルカンの水酸化反応—
  • その他 / 共同発表 / 2006年 3月
    日本化学会第86回春季年会
  • 44

  • A Functional Model for pMMO (particulate methane monooxygenase): Hydroxylation of Alkanes with H2O2 Catalyzed by β-Diketiminatocopper(II) Complexes
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    J. Inorg. Biochem.
  • / Vol.100 1118–1127
  • 45

  • Structural Characterization of Copper(I) Complexes Supported by β-Diketiminate Ligands with Different Substitution Patterns
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Bull. Chem. Soc. Jpn.
  • / Vol.79 118–125
  • 46

  • Alkane Hydroxylation by Model Complexes of Copper Monooxygenases
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    SORST International Symposium on Homogeneous Oxidation Catalysis; Post Symposium of 5th World Congress on Oxidation Catalysis
  • 47

  • 銅含有酸化酵素のモデル錯体によるアルカンの水酸化反応
  • その他 / 共同発表 / 2005年 9月
    第96回触媒討論会
  • 48

  • The First β-Diketiminate Ag(I)–Complexes. Macrocyclic Dinuclear and Tetranuclear Ag(I)–Complexes and Linear Coordination Polymer Ag(I)–Complex
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 4月
    Inorg. Chem.
  • / Vol.44 3010-3012
  • 49

  • β-ジケチミネート配位子を用いた銀(I)錯体の合成と構造
  • その他 / 共同発表 / 2005年 3月
    日本化学会第85回春季年会
  • 50

  • Substituent Effects of β-Diketiminate Ligands on the Structure and Physicochemical Properties of Copper(II), Zinc(II), and Nickel(II) Complexes
  • その他 / 共同発表 / 2004年11月
    Third Symposium on Advances in Bioinorganic Chemistry (SABIC-2004) in Conjunction with Second Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC-II)
  • 51

  • Supramolecular and Coordination Polymer Complexes of Copper(I) and Silver(I) Supported by β-Diketiminate Ligands
  • その他 / 共同発表 / 2004年11月
    The 6th Osaka City University International Conference
  • 52

  • β-ジケチミネート配位子を有する銅(I)錯体の合成と性質
  • その他 / 共同発表 / 2004年 9月
    第54回錯体化学討論会
  • 53

  • β-ジケチミネート単核銅(II)錯体と過酸化水素との反応挙動
  • その他 / 共同発表 / 2004年 3月
    日本化学会第84回春季年会
  • 54

  • Ligand Substituent Effects on the Structure and Physicochemical Properties of β-Diketiminate Copper Complexe
  • その他 / 共同発表 / 2004年 1月
    The 3rd Osaka City University International Symposium on Molecular Science
  • 55

  • Substituent Effects of β-Diketiminate Ligands on the Structure and Physicochemical Properties of the Copper(II) Complexes
  • 雑誌 / 共著 / 2003年11月
    Inorg. Chem.
  • / Vol.42 8395-8405
  • 56

  • β-ジケチミネート遷移金属錯体の構造と物性に及ぼす配位子の置換基効果
  • その他 / 共同発表 / 2003年 9月
    第53回錯体化学討論会
  • 57

  • β-ジケチミネート配位子を有する銅(II)錯体-炭素骨格上に導入した置換基の電子的効果-,
  • その他 / 共同発表 / 2003年 3月
    日本化学会第83回春季年会
  • 58

  • 炭素骨格上にシアノ基を導入した新規な β-ジケチミネート配位子を有する銅(II)錯体の合成
  • その他 / 共同発表 / 2003年 3月
    日本化学会第83回春季年会
  • 59

  • 新規な β-ジケチミネート配位子を用いた銅および亜鉛錯体の合成と構造、物性および機能
  • その他 / 共同発表 / 2002年10月
    第52回錯体化学討論会

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp