久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 中島 則行の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Anti-PDHA1 antibody is detected in a subset of patients with schizophrenia
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 5月
    Sci Rep
  • / Vol.10 No.1 7906
  • 2

  • Olfactory marker protein directly buffers cAMP to avoid depolarization-induced silencing of olfactory receptor neurons
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 5月
    Nat Commun
  • / Vol.11 2188
  • 3

  • Surgical outcomes and unique histological features of tonsils after tonsillectomy in adults with periodic fever, aphthous stomatitis, pharyngitis, and cervical adenitis syndrome
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 4月
    Auris Nasus Larynx
  • / Vol.47 No.2 254-261
  • 4

  • Mouse ameloblasts express inwardly rectifying K+channels
  • その他 / 共同発表 / 2020年 3月
    J Physiol Sci, The 97th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.70 No.Supplement 1 S150
  • 5

  • Characterization of HCN4-immunoreactive neurons that localized at laminaeⅡ-Ⅲ in mouse spinal cord
  • その他 / 共同発表 / 2020年 3月
    J Physiol Sci, The 97th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.70 No.Supplement 1 S124
  • 6

  • Olfactory marker protein buffers cAMP by direct binding to avoid depolarization-induced silencing of olfactory receptor neurons
  • その他 / 共同発表 / 2020年 3月
    J Physiol Sci, The 97th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.70 No.Supplement 1 S159
  • 7

  • Characterization of HCN4-expressing neurons that localize at laminae II-III in mouse spinal cord
  • その他 / 共同発表 / 2020年 2月
    第38回九州ペインクリニック学会
  • 8

  • マウス小腸 HCN4 発現細胞は、輪状筋収縮を制御する
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    日生誌, 第70回西日本生理学会
  • / Vol.82 No.2 32-33
  • 9

  • 基底核背側部における HCN4チャネルを発現する中型有棘細胞の発見
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    日生誌, 第70回西日本生理学会
  • / Vol.82 No.2 34
  • 10

  • マウス脊髄において HCN4 チャネル発現ニューロンはⅡ層からⅢ層に局在する
  • その他 / 共同発表 / 2019年11月
    日生誌,第70回西日本生理学会
  • / Vol.82 No.2 30-31
  • 11

  • Cyclic AMP buffering sharpens olfactory signal transduction and ensures repetitive olfactory neural responses
  • その他 / 共同発表 / 2019年 7月
    NEURO2019(The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, The 62nd Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry)
  • 12

  • Overexpression of the HCN2 channel increases the arrhythmogenicity induced by hypokalemia
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 7月
    J Physiol Sci
  • / Vol.69 No.4 653-660
  • 13

  • 統合失調症スペクトラム障害における抗神経抗体候補:予備的研究結果
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第41回日本生物学的精神医学会
  • 14

  • Olfactory receptor neurons express olfactory marker protein but not calpain 5 from the same genomic locus
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 6月
    Mol Brain
  • / Vol.12 No.1 54
  • 15

  • Cyclic AMP buffering reconciles olfactory resilience and adaptation
  • その他 / 単独発表 / 2019年 6月
    第20回ブレインサイエンス研究会~ブレインサイエンスを楽しく語る
  • 16

  • 統合失調症に特異的な新規抗体探索へのアプローチ:予備的研究結果
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第115回日本精神神経学会学術総会
  • 17

  • マウス脊髄後角における HCN4 チャネル陽性細胞の分布
  • その他 / 共同発表 / 2019年 5月
    日本麻酔科学会 第66回学術集会
  • 18

  • Distribution of HCN4 positive cell in mouse spinal dorsal horn
  • その他 / 共同発表 / 2019年 3月
    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019) in conjunction with the 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 19

  • Olfactory marker protein controls cAMP-throughput capacity via cAMP-gated channels in normosmia
  • その他 / 共同発表 / 2019年 3月
    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019) in conjunction with the 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • 20

  • A case of adult-onset periodic fever, aphthous stomatitis, pharyngitis and cervical adenitis (PFAPA) syndrome responsive to tonsillectomy in Japan
  • 雑誌 / 共著 / 2019年
    Case Rep Otolaryngol
  • / Vol.2019 1746
  • 21

  • Olfactory marker protein buffers cAMP in olfactory receptor neurons
  • その他 / 単独発表 / 2018年12月
    The 17th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (ISMNTOP/YRUF/AISCRIB 2018) in conjunction with Special Events celebrating the 50th Anniversary of Monell Chemical Senses Center
  • 22

  • 嗅覚マーカー蛋白はcAMPを吸着する
  • その他 / 共同発表 / 2018年10月
    日生誌, 第69回西日本生理学会
  • / Vol.81 No.1(Pt 2) 7
  • 23

  • マウス脊髄後角におけるHCN4チャネル陽性細胞の分布
  • その他 / 共同発表 / 2018年10月
    日生誌, 第69回西日本生理学会
  • / Vol.81 No.1(Pt 2) 5
  • 24

  • Identification of targets of brain-reactive antibodies in the sera of patients with schizophrenia: preliminary results
  • その他 / 共同発表 / 2018年10月
    International Consortium on Hallucination Research and Related Symptoms Kyoto Satellite Meeting (ICHR 2018 KYOTO)
  • 25

  • 嗅覚マーカー蛋白はcAMPを吸着し、嗅覚受容細胞の安定した発火を支える
  • その他 / 単独発表 / 2018年 6月
    第19回ブレインサイエンス研究会~初心に戻って脳科学を考える~
  • 26

  • HCN4 pacemaker channels attenuate the parasympathetic response and stabilize the spontaneous firing of the sinoatrial node
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    J Physiol
  • / Vol.596 No.5 809-825
  • 27

  • Buffering cAMP in olfactory receptor neurons
  • その他 / 共同発表 / 2018年 3月
    J Physiol Sci, The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.68 No.Supplement 1 S140
  • 28

  • HCNチャネルはマウスの酸感受性味覚細胞に発現するが、主たる酸受容体ではない
  • その他 / 共同発表 / 2018年 1月
    日生誌, 第68回西日本生理学会
  • / Vol.80 No.2(Pt 2) 30
  • 29

  • Dual expression of constitutively active Gαs-protein-coupled receptors differentially establishes the resting activity of the cAMP-gated HCN2 channel in a single compartment
  • 雑誌 / 共著 / 2017年12月
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.494 No.1-2 76-81
  • 30

  • Buffering cAMP in olfactory receptor neurons
  • その他 / 単独発表 / 2017年11月
    The 16th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (ISMNTOP2017: in conjunction with YR Umami Forum 2017, AISCRIB 2017)
  • 31

  • HCN channels are not principally involved in acid detection in mice
  • その他 / 単独発表 / 2017年11月
    The 16th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (ISMNTOP2017: in conjunction with YR Umami Forum 2017, AISCRIB 2017)
  • 32

  • HCN channels are not principally involved in acid detection in mice
  • その他 / 共同発表 / 2017年 7月
    The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society
  • 33

  • エナメル芽細胞では、カテコラミンは核膜にある受容体に作用しうる
  • その他 / 単独発表 / 2017年 6月
    第18回ブレインサイエンス研究会~神経機能を多角的に考える~
  • 34

  • 心臓特異的HCN2過剰発現マウスでは低カリウム血症による催不整脈性が上昇する
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    日本麻酔科学会 第64回学術集会
  • 35

  • ペースメーカーチャネルHCN4は副交感神経刺激に対するフェールセーフシステムとして働く
  • その他 / 共同発表 / 2017年 6月
    日本麻酔科学会 第64回学術集会
  • 36

  • HCN channels are not principally involved in acid detection in mice
  • その他 / 共同発表 / 2017年 3月
    J Physiol Sci, The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.67 No.Supplement 1 S126
  • 37

  • Cardiac pacemaker channel HCN4 stabilizes spontaneous firing of SAN against parasympathetic stimulation
  • その他 / 共同発表 / 2017年 3月
    J Physiol Sci, The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.67 No.Supplement 1 S155
  • 38

  • Basal cAMP levels can be diversely determined by a set of multiple GPCRs
  • その他 / 単独発表 / 2017年 2月
    鹿児島神経科学研究会第9回研究発表会
  • 39

  • 歯芽細胞の核膜アドレナリン受容体の発見
  • その他 / 共同発表 / 2017年 1月
    日生誌, 第67回西日本生理学会
  • / Vol.79 No.1(Pt 2) 30
  • 40

  • HCN channels are not principally involved in acid detection in mice
  • その他 / 単独発表 / 2016年12月
    The 15th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception(ISMNTOP2016fall: in conjuction with YR Umami Forum 2016, AISCRIB 2016)
  • 41

  • ペースメーカーチャネルHCN4の陰性変時作用における機能
  • その他 / 共同発表 / 2016年10月
    生理学研究所 研究会2016「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」
  • 42

  • Cardiac pacemaker channel HCN4 is a limiter for parasympathetic bradycardia and stabilizes spontaneous firing of SAN
  • その他 / 共同発表 / 2016年 8月
    ESC Congress ROME 2016
  • 43

  • Selective labeling and ablation of presynaptic Type III taste receptor cells using Tet-off system
  • その他 / 単独発表 / 2016年 8月
    鹿児島神経科学研究会第8回研究発表会
  • 44

  • Visualization of HCN4-expressing neurons with GFP using Tet-expression system in the mouse central nervous system
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuroscience 2016)
  • 45

  • Regeneration of dermal patterns from the remaining pigments after surgery in Eublepharis macularius (a case report)
  • 雑誌 / 単著 / 2016年 7月
    BMC Veterinary Research
  • / Vol.12 139
  • 46

  • ノックインマウスを使ったHCN4発現ニューロンの可視化
  • その他 / 単独発表 / 2016年 7月
    第1回イオンチャネル研究会~チャネルどんたく~
  • 47

  • Regenerative therapy for vestibular disorders using human induced pluripotent stem cells (iPSCs): neural differentiation of human iPSC-derived neural stem cells after in vitro transplantation into mouse vestibular epithelia
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    Acta Otolaryngol
  • / Vol.136 No.10 999-1005
  • 48

  • The hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated (HCN) channels contain multiple S-palmitoylation sites
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    J Physiol Sci
  • / Vol.66 No.3 241-248
  • 49

  • 炎症性疼痛による脊髄後角のHCN4発現変化.
  • その他 / 共同発表 / 2016年 5月
    日本麻酔科学会 第63回学術集会
  • 50

  • HCN4過剰発現・ノックアウトマウスにおける洞房結節機能の変化.
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    第55回日本生体医工学会大会
  • 51

  • ノックインマウスを使ったHCN4 発現ニューロンの可視化
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    日生誌, 第66回西日本生理学会
  • / Vol.78 No.2(Pt2) 30
  • 52

  • The role of pacemaker channel HCN4 against bradycardic response.
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S77
  • 53

  • ペースメーカーチャネルHCN4の陰性変時作用における新たな機能
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    日生誌, 第66回西日本生理学会
  • / Vol.78 No.2(Pt2) 34
  • 54

  • Visualization of HCN4-expressing neurons with GFP using Tet-expression system
  • その他 / 共同発表 / 2016年 3月
    J Physiol Sci, The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.66 No.Suppl 1 S127
  • 55

  • Controversy still goes on; lessons from HCN4 knock-out mice.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    Program and Abstracts, The Joint Meeting of the 30th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society and the 32nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Electrocardiology, Symposium 4: Sinoatrial Node Pacemaker Activity -The Mechanism of Heart Beats-
  • / 375-376
  • 56

  • Luminescence imaging of HCN4 expression and phenotypic analysis of HCN4 TET-off mouse.
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    J Physiol Sci, The 120th Annual Meeting of the Japanese Association Anatomists, the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan
  • / Vol.65 No.Suppl 1 S211
  • 57

  • ヌクレオチド結合タンパクによる細胞内cAMP濃度の調整
  • その他 / 共同発表 / 2015年 1月
    日生誌, 第107回近畿生理学談話会
  • / Vol.77 No.1 20-21

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp