久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 宗岡 嗣郎の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 事実認定における可能的推論の正当化根拠について―みどり荘事件と恵庭OL殺人事件との比較―
  • 雑誌 / 共著 / 2017年12月
    久留米大学法学
  • / No.77 1-74
  • 2

  • 故意概念と違法性の意識
  • 雑誌 / 単著 / 2016年11月
    法律文化社『内田博文先生古稀祝賀論文集』
  • 3

  • 被告人の防御権と事案の真相ー崩壊しつつある刑事裁判
  • 雑誌 / 共著 / 2016年11月
    久留米大学法学
  • / No.75 1-63
  • 4

  • 法の解釈における価値と反価値―リーガル・アキシオロギーの考察(2)
  • 雑誌 / 単著 / 2015年11月
    久留米大学法学
  • / No.73 1-29
  • 5

  • 法の解釈における価値と反価値―リーガル・アキシオロギーの考察(1)
  • 雑誌 / 単著 / 2014年11月
    久留米大学法学
  • / No.71 162-212
  • 6

  • 事実認定とは何か―刑事訴訟法1条との関連で
  • 雑誌 / 共著 / 2014年11月
    久留米大学法学
  • / No.71 1-52
  • 7

  • 法と権力―それは血なまぐさいか
  • 雑誌 / 単著 / 2013年12月
    久留米大学法学
  • / No.69 198-230
  • 8

  • 検察官の職務と職権の濫用―大阪地検特捜部の犯罪を契機として
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 3月
    法政理論
  • / Vol.45 No.4 25‐54
  • 9

  • 犯罪論と法哲学(中国語訳)
  • 単行本 / 単著 / 2012年 3月
    華中科技大学出版社
  • / 1‐165
  • 10

  • 刑罰から国家を考える
  • 雑誌 / 単著 / 2009年10月
    法の理論
  • / No.28 3-23
  • 11

  • 人間の社会的本性と社会論
  • 雑誌 / 単著 / 2009年 5月
    久留米大学法学
  • / Vol.61 43-142
  • 12

  • 〈法的=政治的=実践〉における主体性の基盤
  • 雑誌 / 単著 / 2008年10月
    久留米大学法学
  • / Vol.59 29-82
  • 13

  • 犯罪論と法哲学
  • 単行本 / 単著 / 2007年 6月
    成文堂
  • 14

  • 自由の法理
  • 雑誌 / 単著 / 2003年 7月
    成文堂『三島淑臣先生古稀祈念論文集』所収
  • / 43〜62
  • 15

  • 事実と真実―刑事訴訟における「了解」の意義について
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 6月
    法の理論(成文堂)
  • / No.22 105〜137
  • 16

  • 家族と子どもの社会倫理
  • 雑誌 / 単著 / 2003年 1月
    社会と倫理(南山大学社会倫理研究所)
  • / No.14 1〜18
  • 17

  • リーガルマインドの本質と機能
  • 単行本 / 単著 / 2002年 7月
    成文堂
  • / 総数326
  • 18

  • 餅を描く判事―遠藤国賠事件に即して―
  • 雑誌 / 単著 / 2001年12月
    久留米大学法学
  • / No.42 89〜113
  • 19

  • 規範のヘルメノイティク
  • 雑誌 / 単著 / 2001年 6月
    久留米大学法学
  • / No.41 21〜66
  • 20

  • 規範的価値判断と行為の記述
  • 雑誌 / 単著 / 2000年 6月
    比較文化研究年報(久留米大学)
  • / No.9 1〜32
  • 21

  • 子どもをめぐる現在
  • 単行本 / 編著 / 2000年 3月
    九州大学出版会
  • 22

  • 子どもをめぐる倫理と法―少年処遇の現実とのかかわりで
  • 雑誌 / 単著 / 2000年 3月
    九州大学出版会
  • / 105〜126
  • 23

  • 般若理趣経は「犯罪肯定」の思想なのか
  • 雑誌 / 単著 / 2000年 3月
    『人間の尊厳と現代法理論』(成文堂)所収
  • / 281〜300
  • 24

  • 現代刑事法の論理構造
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 2月
    『法の理論19』成文堂
  • / 135〜180
  • 25

  • 誤解される自己決定権
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    論座(朝日新聞社)
  • / 66〜75
  • 26

  • 国家に盗聴の権利はあるか
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 3月
    九州国際大学法学論集
  • / Vol.5 No.3‐4 137〜223
  • 27

  • 刑法学原論
  • 単行本 / 共著 / 1998年 3月
    成文堂
  • 28

  • 法と実存
  • 単行本 / 単著 / 1993年 6月
    成文堂
  • 29

  • 客観的未遂論の基本構造
  • 単行本 / 単著 / 1990年 6月
    成文堂

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp