久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 山下 典雄の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 常習飲酒者に生じた特発性腸腰筋出血に対しビタミンK投与が奏功した1例
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 8月
    日本救急医学会雑誌
  • / Vol.20 No.7 367-373
  • 2

  • ドクターヘリによる病院前救急診療体制の構築
  • その他 / 共著 / 2009年 5月
    救急医学
  • / Vol.33 No.5 525-528
  • 3

  • 当院における急性大動脈型解離の治療戦略(パネルディスカッション)
  • その他 / 共同発表 / 2009年 2月
    第36回日本集中治療医学会学術集会
  • 4

  • 診断と治療に難渋した後天性血栓性血小板減少性紫斑病の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2008年12月
    バイオメディカル
  • / Vol.18 55-60
  • 5

  • SSCGにおける輸液療法
  • その他 / 共著 / 2008年12月
    医学のあゆみ
  • / Vol.227 No.10 881-886
  • 6

  • SSCGにおける輸液療法
  • その他 / 共著 / 2008年12月
    医学のあゆみ
  • / Vol.227 No.10 881-886
  • 7

  • SSCGにおける輸液療法
  • その他 / 共著 / 2008年12月
    医学のあゆみ
  • / Vol.227 No.10 881-886
  • 8

  • 体外式人工呼吸biphasic cuirass ventilationの併用が有用であった重症呼吸不全の1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2008年10月
    日本臨床救急医学会雑誌
  • / Vol.11 No.5 449-453
  • 9

  • 褐色細胞腫のクリーゼ
  • その他 / 共著 / 2008年 4月
    救急医学
  • / Vol.32 No.4 476-478
  • 10

  • 持続血液浄化装置の血液ポンプ構造による静電気ノイズ発生の違いについて
  • その他 / 共著 / 2008年 3月
    ICUとCCU
  • / Vol.32 No.(別冊) s195-s198
  • 11

  • 急性膵炎に対するCHDFによる治療の検討
  • その他 / 共著 / 2008年 3月
    ICUとCCU
  • / Vol.32 No.(別冊) s249-s251
  • 12

  • 当施設における急性血液浄化の現状と課題
  • その他 / 共著 / 2008年 3月
    ICUとCCU
  • / Vol.32 No.(別冊) s44-s46
  • 13

  • 酸・アルカリ中毒
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年 1月
    今日の治療指針2008、医学書院
  • / 119-120
  • 14

  • 福岡県におけるドクターヘリ
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第53回日本宇宙航空環境医学会大会(シンポジウム)
  • 15

  • ALI/ARDS症例におけるAT III製剤投与と好中球エラスターゼ阻害薬の併用効果
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    バイオメディカル
  • / Vol.17 33-38
  • 16

  • 3県にまたがるドクターヘリの運航
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年10月
    ドクターヘリ 導入と運用のガイドブック、メディカルサイエンス社
  • / 150-151
  • 17

  • 災害医療におけるドクターヘリの有効活用
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    第26回福岡救急医学会(シンポジウム)
  • 18

  • 剖検により判明した外傷性冠動脈損傷による心筋梗塞の1例
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    第21回日本外傷学会
  • 19

  • ドクターヘリの現状と問題点
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    第11回日本救急医学会九州地方会(シンポジウム)
  • 20

  • High Flow CHDFの透析液についての検討
  • その他 / 共著 / 2007年 3月
    ICUとCCU
  • / Vol.31 No.別冊 s180-s182
  • 21

  • 腸閉塞患者の輸液管理
  • その他 / 共著 / 2007年 3月
    救急・集中治療
  • / Vol.19 No.1,2 193-199
  • 22

  • 高齢者における出血性ショック時の特徴
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    第34回日本集中治療医学会総会
  • 23

  • 交通外傷の1剖検例
  • その他 / 単独発表 / 2007年 2月
    第42回久留米大学CPC
  • 24

  • 血液型不適合輸血
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年 1月
    今日の治療指針2007、医学書院
  • / 59-60
  • 25

  • AT III製剤投与法の違いによる臨床的効果 -さまざまなパラメーターの比較-
  • 雑誌 / 共著 / 2006年12月
    バイオメディカル
  • / Vol.16 101-104
  • 26

  • ドクターヘリの効果分析
  • その他 / 共同発表 / 2006年12月
    第1回病院前救急診療研究会
  • 27

  • 高速道路へのドクターヘリ離発着に関する取り組みについて
  • その他 / 共同発表 / 2006年11月
    第13回日本航空医療学会総会(パネルディスカッション)
  • 28

  • 急性期集中治療からの離脱と精神症状再燃・増悪のジレンマ
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    第34回日本救急医学会総会
  • 29

  • 重症頭部外傷初期診療におけるドクターヘリの有用性
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 6月
    日本救急医学会雑誌
  • / Vol.17 No.6 219-226
  • 30

  • 減圧症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 6月
    実践 救急医療(日本医師会雑誌 第135巻(特別号)、日本医師会
  • / s289-s290
  • 31

  • ドクターヘリにおける家族同乗を考える -搬送先医療機関・患者家族のアンケートより-
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 5月
    日本航空医療学会雑誌
  • / Vol.7 No.1 57-62
  • 32

  • 外傷性ショックに対する年齢の影響
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    第20回日本外傷学会
  • 33

  • 高齢者における出血性ショックの循環管理
  • その他 / 共同発表 / 2006年 3月
    第33回日本集中治療医学会総会
  • 34

  • 救急車現着前にドクターヘリ出動要請された症例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2005年11月
    第12回日本航空医療学会総会
  • 35

  • 3次救急医療主体の併設型救命救急センターの採算性
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    第33回日本救急医学会総会
  • 36

  • 救命士による処置範囲拡充とドクターヘリ全国展開の提案
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    第33回日本救急医学会総会
  • 37

  • 腸間膜損傷に対するIVRの有用性
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 9月
    日本腹部救急医学会雑誌
  • / Vol.25 No.6 809-813
  • 38

  • アルコール性脳症を疑ったらビタミンB1
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年 9月
    ER救急医療の方向性を探る(救急医学、9月臨時増刊号)、へるす出版
  • / Vol.29 No.10 1531-1534
  • 39

  • FAST(focused assessment with sonography for trauma)による腹部外傷の診断、
  • その他 / 単著 / 2005年 6月
    カレントテラピー
  • / Vol.23 No.7 23-27
  • 40

  • 脳出血を合併したHELLP症候群と考えられた2症例.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 6月
    日本神経救急学会雑誌
  • / Vol.18 No.1 62-64
  • 41

  • 心肺停止 5Hと5Tを見逃すな!.
  • その他 / 共著 / 2005年 4月
    レジデントノート
  • / Vol.7 No.1 37-43
  • 42

  • 熱射病に対する血液浄化法の適応について
  • その他 / 共同発表 / 2005年 2月
    第32回日本集中治療医学会総会
  • 43

  • 重症膵炎への有効的な血液浄化法の適応. 
  • その他 / 共著 / 2005年 2月
    ICUとCCU
  • / Vol.29 No.別冊 s135-s137
  • 44

  • ショックによる肝機能低下とその対策.
  • その他 / 共著 / 2005年 1月
    救急医学
  • / Vol.29 No.1 69-72
  • 45

  • 胸腔ドレナージ・心嚢穿刺.
  • その他 / 共著 / 2004年12月
    救急医学
  • / Vol.28 No.3 1451-1458
  • 46

  • ドクターヘリ基地ヘリポートに隣接したヘリ格納庫の有用性.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年11月
    日本航空医療学会雑誌
  • / Vol.5 No.2 23-28
  • 47

  • Bacterial translocationによる敗血症を繰り返した重症急性膵炎の1救命例
  • その他 / 共同発表 / 2004年11月
    第17回日本外科感染症学会、(長岡)(誌上開催)、2004/11.
  • 48

  • DICを合併し多臓器不全(MODS)に陥った熱射病の一救命例.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年11月
    バイオメディカル
  • / Vol.14 33-39
  • 49

  • 新医師臨床研修制度への対応
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    第32回日本救急医学会総会(ワークショップ)、千葉、2004/10.
  • 50

  • 久留米大学病院フライトナースの教育体制についての現状と課題.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 6月
    日本航空医療学会雑誌
  • / Vol.5 No.1 14-20
  • 51

  • 2度のBacterial translocationによる敗血症を併発した重症急性膵炎の1救命例
  • その他 / 共同発表 / 2004年 5月
    第34回九州膵研究会、久留米、2004/06.
  • 52

  • 地方におけるJATECの重要性
  • その他 / 共同発表 / 2004年 5月
    第18回日本外傷学会(パネルディスカッション)、札幌、2004/05.
  • 53

  • 外傷に対する院外救急体制と輸液.
  • その他 / 共著 / 2004年 4月
    栄養 評価と治療
  • / Vol.21 No.2 23-26
  • 54

  • エコー所見による手術適応とタイミングの判断. 
  • その他 / 共著 / 2004年 1月
    救急医学
  • / Vol.28 No.1 19-28
  • 55

  • 膵感染症を来した重症急性膵炎の1例.
  • その他 / 共著 / 2004年
    第8回CCM輸液・栄養研究会記録集
  • / 15-19
  • 56

  • DICを合併し多臓器不全に陥った熱射病の一救命例
  • その他 / 共同発表 / 2003年12月
    第14回バイオメディカルフォーラム、東京、2003/12
  • 57

  • PMX-DHPが著効した、多発性骨髄腫・血球貪食症候群に発症した敗血症性ショックの1例 .
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    エンドトキシン血症救命治療研究会誌
  • / Vol.7 No.8 53
  • 58

  • 福岡県ドクターヘリ事業の現状と問題点
  • その他 / 共同発表 / 2003年11月
    第10回日本航空医療学会(パネルディスカッション)、名古屋、2003/11
  • 59

  • 外傷による来院時心肺停止症例の救命の可能性について
  • その他 / 共同発表 / 2003年11月
    第31回日本救急医学会総会(シンポジウム)、東京、2003/11
  • 60

  • 消化器の救急
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年10月
    ひと目でわかる救急初期診療ガイド、総合医学社
  • / 161-185
  • 61

  • 外傷患者の予後とカテコラミンの使用に関する検討.
  • その他 / 共同発表 / 2003年 5月
    第17回日本外傷学会(シンポジウム)、京都、2003/05
  • 62

  • ドクターヘリによる救急出動の検討.
  • その他 / 共同発表 / 2003年 4月
    第6回日本臨床救急医学会総会、横浜、2003/04
  • 63

  • 便通異常.
  • その他 / 共著 / 2003年 3月
    救急医学
  • / Vol.27 No.3 340-343
  • 64

  • トレミキシン(PMX-DHP)におけるIL-18. 
  • その他 / 共著 / 2003年 2月
    ICUとCCU
  • / Vol.27 No.別冊 s155-S156
  • 65

  • 多発外傷患者の予後推測指標としての輸血量
  • その他 / 共同発表 / 2002年10月
    第30回日本救急医学会総会、札幌、2002/10
  • 66

  • 輸液製剤の種類ーそれらの適応と投与法ー .
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年 7月
    これで安心!救急ナースの輸液・血液製剤 How to(Emergency Nursing 2002年夏季増刊)、メディカ出版
  • / 14-31
  • 67

  • 輸液療法の合併症とその防止策 .
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年 7月
    これで安心!救急ナースの輸液・血液製剤 How to(Emergency Nursing 2002年夏季増刊 )、メディカ出版
  • / 32-36

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp