久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 時任 高章の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Predictive relevance of combination of PD-L1 expression and CD8+ TIL density in stage III non-small cell lung cancer patients receiving concurrent chemoradiotherapy
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 1月
    European Journal of Cancer
  • / Vol.55 7-14
  • 2

  • Retrospective analysis between PD-L1 expression and prognosis for stage III non-small cell lung cancer patients who received concurrent chemoradiotherapy
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    American Society of Clinical Oncology Annual Meeting
  • 3

  • 肺癌の緩和療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 4月
    肺癌内科診療マニュアル~EBMと実臨床の立場から~ 医薬ジャーナル社
  • / 118-140
  • 4

  • Implementation status and explanatory analysis of early advance care planning for stage IV non-small cell lung cancer patients
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Japanese Journal of Clinical Oncology
  • / Vol.45 No.3 261-266
  • 5

  • 胸水貯留患者における腫瘍マーカーCA125値についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第59回日本呼吸器学会九州地方会
  • 6

  • 肺癌化学療法患者における好中球ENA78mRNAの検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第59回日本呼吸器学会九州地方会
  • 7

  • TBLBで診断した肺アミロイドーシスの1例
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第59回日本呼吸器学会九州地方会
  • 8

  • 当院における肺クリプトコッカス症の検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第59回日本呼吸器学会九州地方会
  • 9

  • 骨病変を伴ったサルコイドーシスの1例
  • その他 / 共同発表 / 2007年11月
    第59回日本呼吸器学会九州地方会
  • 10

  • キノコ包装作業者に発症した職業性過敏性肺臓炎の2例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    日本職業・環境アレルギー学会雑誌
  • / Vol.14 No.2 52-59

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp