久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 西尾  真の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Clinicopathological significance of cervical adenocarcinoma associated with lobular endocervical glandular hyperplasia
  • その他 / 共同発表 / 2010年10月
    The 13th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting
  • 2

  • 臓器部位別の治療戦略 Q22 子宮体がん
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年
    がん治療レクチャー がん治療最前線~米国癌学会(ASCO)のトピックスを中心に~ 総合医学社
  • / Vol.1 No.1 127-131
  • 3

  • カルボプラチンの過敏性反応に対し脱感作投与法にてカルボプラチンを安全に再投与し得た再発卵巣癌の1例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    癌と化学療法
  • / Vol.37 No.4 731-733
  • 4

  • Medroxyprogesterone Acetate(MPA)療法が奏効した多剤耐性再発子宮体癌の2例
  • 雑誌 / 共著 / 2010年
    癌と化学療法
  • / Vol.37 No.4 735-738
  • 5

  • Usefulness of third-line chemotherapy for women with recurrent ovarian, fallopian tube, and primary peritoneal cancer who receive platinum/taxane regimens as first-line therapy
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    The 15th European Cancer Conference and the 34th European Society for Medical Oncology Multidisciplinary Congress
  • 6

  • Expression of activated signal transducer and activator of transcription-3 predicts poor prognosis in cervical squamous-cell carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Br J Cancer
  • / Vol.101 967-672
  • 7

  • Usefulness of third-line chemotherapy for women with recurrent ovarian, fallopian tube, and primary peritoneal cancer who receive platinum/taxane regimens as first-line therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    J Cancer Res Clin Oncol
  • / Vol.135 551-557
  • 8

  • オンコロジストが知っておくべき婦人科がんの知識-絨毛性疾患-
  • 雑誌 / 単著 / 2009年
    腫瘍内科
  • / Vol.4 No.2 111-117
  • 9

  • Clinicopathological significance of cervical adenocarcinoma associated with lobular endocervical glandular hyperplasia
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Pathol Res Pract
  • / Vol.205 331-337
  • 10

  • 子宮がんの治療指針-妊孕性温存治療の適応と実際
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    臨床腫瘍プラクティス
  • / Vol.4 No.4 328-331
  • 11

  • Cap43/NDRG1/Drg-1 is a molecular target for angiogenesis and a prognostic indicator in cervical adenocarcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Cancer Lett
  • / Vol.264 36-43
  • 12

  • Polypoid endocervical adenomyoma of the uterus : A case report with MR imaging pathological analyses
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Radiography
  • / Vol.14 162-165
  • 13

  • Analysis of the clinicopathological prognosis of the stage IVb cervical carcinoma
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Oncol Rep
  • / Vol.19 497-503
  • 14

  • Cap43/NDRG1 is a molecular marker of angiogenesis and prognosis in cervical adenocarcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2007年 9月
    The 14th European Cancer Conference
  • 15

  • 腹膜原発endometrial stromal sarcomaの一例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    日本婦人科腫瘍学会雑誌
  • / Vol.25 No.1 65-69
  • 16

  • 臨床試験(治験)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年
    よくわかる卵巣癌のすべて 永井書店
  • / 398-403
  • 17

  • イフォスファミド・パクリタキセル併用療法が著効した再発子宮癌肉腫の一例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    臨床腫瘍プラクティス
  • / Vol.3 No.3 208-210
  • 18

  • Polypoid endocervical adenomyoma : a case report with clinicopathologic analyses
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    J Obstet Gynaecol Res
  • / Vol.33 363-367
  • 19

  • Pilot study evaluating the efficacy and toxicity of irinotecan plus oral etoposide for platinum- and taxane-resistant epithelial ovarian cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Gynecol Oncol
  • / Vol.106 342-347
  • 20

  • Prognostic factor in patients with stage IVB cervical carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    The 11th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting
  • 21

  • Analaysis of third-line and forth-line chemotherapy for recurrent ovarian cancer treated with first-line platinum/taxane regimens
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    The 42nd American Society of Clinical Oncology Annual Meeting
  • 22

  • Fertility-preserving treatment for patients with malignant germ cell tumors of the ovary
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    J Obstet Gynaecol Res
  • / Vol.32 416-421
  • 23

  • 進行子宮体癌に対する術後Doxorubicin/Cisplatin(AP)併用化学療法の認容性の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    癌と化学療法
  • / Vol.33 No.11 1589-1593
  • 24

  • Phase II study of irinotecan and oral etoposide in patients with platinum / taxane-resistant ovarian carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    The 13th European Cancer Conference
  • 25

  • Results of concurrent chemoradiotherapy with daily cisplatin for uterine cervical cancer
  • その他 / 共同発表 / 2005年10月
    The 19th Asian and Oceanic Congress of Obstetrics & Gynecology
  • 26

  • Clinicopathological prognostic factors of FIGO stage IIIC endometrial carcinoma
  • その他 / 共同発表 / 2004年10月
    The 10th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting
  • 27

  • Fertility preserving treatment for malignant germ cell tumors of the ovary
  • その他 / 共同発表 / 2004年 6月
    The 50th Annual congress of the Japan section, International College of Surgeons
  • 28

  • 進行卵巣がんにおけるDebulking surgery-方法と減量のゴール-
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    産科と婦人科
  • / Vol.71 No.9 1145-1151
  • 29

  • 再発卵巣癌に対するWeeklyPaclitaxel療法の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    癌と化学療法
  • / Vol.30 No.1 151-154
  • 30

  • Weekly 1-h paclitaxel infusion in patients with recurrent endometrial cancer: a preliminary study
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Int J Clin Oncol
  • / Vol.8 45-48
  • 31

  • 子宮体癌FIGO IIIc期の臨床病理学的検討
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    日本婦人科腫瘍学会雑誌
  • / Vol.21 No.1 54-59
  • 32

  • 術後3年目に肺転移を来した低悪性度子宮内膜間質肉腫の一例
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.66 No.11/12 249-253
  • 33

  • 卵巣外原発性腹膜癌にWeekly Paclitaxel投与が有効であった1症例
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    癌と化学療法
  • / Vol.29 No.2 309-312
  • 34

  • 局所浸潤子宮頸癌に対するCisplatin・CPT-11併用療法の検討
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    癌と化学療法
  • / Vol.27 No.3 429-435
  • 35

  • Combination therapy with irinotecan and cisplatin as neoadjuvant chemotherapy in locally advanced cervical cancer
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Br J Cancer
  • / Vol.81 95-98

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp