久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 吉田 典子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Effect of chlorella ingestion on oxidative stress and fatigue symptoms in healthy men. Kurume Med J
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Kurume Med J
  • 2

  • Effectiveness of Cardiac Rehabilitation for Prevention and Treatment of Sarcopenia in Patients with Cardiovascular disease- A Retrospective Cross-Sectional Analysis-. J Nutr Health Aging:Accepted for publication January 14, 2016
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    J Nutr Health Aging
  • / Vol.21 No.4 449-456
  • 3

  • Effect of Exercise Training on Red Blood Cell Distribution Width as a Marker of Impaired Exercise Tolerance in Patients With Coronary Artery Disease. Int Heart J.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Int Heart J.
  • / Vol.57 No.5 553-7
  • 4

  • 第2章 運動機能評価と運動処方の実際 05.運動プログラム作成の実際
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年 3月
    実践!こうすればできる心臓リハビリテーション.
  • / Vol.1 55-62
  • 5

  • 身体活動とアンチエイジング 
  • その他 / 単著 / 2011年11月
    臨床と研究
  • / Vol.88 No.11 121-124
  • 6

  • 生活習慣病患者における酸化ストレスは運動トレーニングにより改善する
  • その他 / 共著 / 2010年10月
    日本血流血管学会誌
  • / Vol.2 No.2 38-40
  • 7

  • 地域連携の現状と課題 「スポーツクラブ(指定運動療法施設)における運動療法」
  • その他 / 単独発表 / 2010年 7月
    心臓リハビリテーション学会 パネルディスカッション
  • 8

  • Long-term Exercise Training Improves Redox Imbalance in Lifestyle-related Disease.
  • その他 / 共同発表 / 2009年 3月
    第73回日本循環器学会総会・学術集会(2009年3月:大阪)
  • 9

  • 生活習慣病における酸化ストレスは運動トレーニングにより低下するか。
  • その他 / 共同発表 / 2008年 7月
    第14回日本心臓リハビリテーション学会
  • 10

  • 日常診療に活かす心臓リハビリテーション 
  • その他 / その他 / 2007年 1月
    臨床と研究
  • / Vol.84 No.1 110-114
  • 11

  • 5章 臨床所見 運動負荷試験
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年 1月
    肥大型心筋症ハンドブック. :日本医事新報社
  • / 129-138
  • 12

  • Measuring Job Stress among Hospital Nurses: An Attempt to Identify Biological Markers.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Fukuoka Acta Medica
  • / Vol.98 48-55
  • 13

  • 長距離ランナーにおけるL/Tレベルの長時間運動パフォーマンスに対する分枝鎖アミノ酸摂取の影響.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要
  • / Vol.14 7-14
  • 14

  • 医療系大学・専門学校学生における 麻疹・風疹・ムンプス・水痘の血清抗体価の検討:医療系学生のウイルス抗体価
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    産業衛生学雑誌
  • / Vol.49 21-26
  • 15

  • アテローム血栓症の包括的治療戦略:生活習慣改善による予防‐運動療法
  • その他 / 共著 / 2007年
    循環器科
  • / Vol.62 314-320
  • 16

  • 医療系大学・専門学校学生における麻疹・風疹・ムンプス・水痘の血清抗体価の検討 —医療系学生のウイルス抗体価— 
  • その他 / 共著 / 2007年
    産業衛生学雑誌
  • 17

  • アスリートにおける運動時酸化ストレスの経時的動態 ―分枝鎖アミノ酸の酸化ストレスへの効果― (2006年10月:新潟)
  • その他 / 共同発表 / 2006年10月
    第17回日本臨床スポーツ医学学術集会
  • 18

  • Impaired Endothelium-Dependent and -Independent Vasodailation in Young Female Athletes with Exercise-Associated Amenorrhea.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年
    Arterioscler Thromb Vasc Biol
  • / Vol.2006 No.26 231-232
  • 19

  • ウイルス感染症予防対策はできているのか.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年
    医療者の共同作業による病院感染対策. 東京:五絃舎
  • / 87-111
  • 20

  • 新人看護師の「ヒヤリ・ハット」体験状況とメンタルヘルスの関係。 
  • 雑誌 / 共著 / 2005年
    日循予防誌
  • / Vol.40 No.1 55-59
  • 21

  • 産業医による面接が新規採用看護師のメンタルヘルスに与える効果。
  • その他 / 共同発表 / 2004年 4月
    第77回日本産業衛生学会
  • 22

  • Physical activity is associated with circulating hepatocyte growth factor levels in men.
  • その他 / 共同発表 / 2004年 3月
    第68回日本循環器学会総会(2004年3月:東京)
  • 23

  • Very Long Chain N-3 Fatty Asids Intake and Carotid Atherosclerosis -An Epidemiological Study Evaluated by Ultrasonography.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Atherosclerosis
  • / Vol.176 145-149
  • 24

  • Nurse’s Mental Status and Leisure Activity by Age, Years of Nursing Exoerience, Work Schedule, and Housing Situation.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    Kurume J. Health and Sports Science
  • / Vol.10 No.1 1-9
  • 25

  • 労働部署別看護師のメンタルヘルス.
  • その他 / 共著 / 2003年
    久留米大学健康・スポーツ科学センター紀要
  • / Vol.11 53-58
  • 26

  • 新採用看護師における労働ストレスの経年変化とその間連要因.
  • その他 / 共著 / 2003年
    久留米大学健康・スポーツ科学センター紀要
  • / Vol.11 59-63
  • 27

  • 運動性無月経の女子スポーツ選手における血管内皮機能の検討.
  • その他 / 共同発表 / 2002年12月
    第7回九州・山口心血管研究会(2002年12月:福岡)
  • 28

  • Impaired Endothelium-Dependent Vasodilation in Female Athletes with Exercise-Associated Amenorrhea.
  • その他 / 共同発表 / 2002年11月
    (The American Heart Association, The 74th Scientific Session, Chicago, USA, November 17-21, 2002)
  • 29

  • 看護師のストレスマネージメントとしての運動実践状況の推移について.
  • その他 / 共同発表 / 2002年11月
    第13回日本臨床スポーツ医学会(2002年11月:名古屋)
  • 30

  • 臨床高血圧 高血圧の管理・治療ー3)運動指導
  • 単行本 / 分担執筆 / 2002年
    朝倉書店
  • / 139-146
  • 31

  • Annual Review 循環器2001.:Ⅲ 診断の進歩 6. 運動負荷試験最近の話題.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2001年
    中外医学社
  • / 155-160

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp