久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 竹田津 英稔の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • パネルディスカッション(1)炎症性腸疾患におけるDrug delivery systemを利用したアンチセンス治療効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 4月
    日本消化器病学会雑誌、第102回日本消化器病学会総会
  • / Vol.113 No.Suppl. A69
  • 2

  • Nanomedicine and drug delivery strategies for treatment of inflammatory bowel disease
  • その他 / 共著 / 2015年10月
    World J Gastroenterol
  • / Vol.21 No.40 11343-11352
  • 3

  • IBD患者の骨粗鬆症の診断と治療
  • その他 / 共著 / 2015年 9月
    IBD Research
  • / Vol.9 No.3 213-218
  • 4

  • シンポジウム(2)炎症性腸疾患におけるDrug delivery systemを利用したアンチセンス治療効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 7月
    第52回日本消化器免疫学会総会(総会プログラム&抄録集)
  • / 29
  • 5

  • 海外論文紹介: 『再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症における経口凍結カプセル糞便移植 JAMA 312: 1772-1778, 2014. Youngster I, et al.』
  • その他 / 共著 / 2015年 6月
    G.I.Research
  • / Vol.23 No.3 239-241
  • 6

  • 第4章.大腸 1.Crohn病
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年 9月
    消化器疾患の臨床分類: 一目でわかる分類95と内視鏡アトラス(改訂版:第2版)、羊土社
  • / 140-150
  • 7

  • 特集:プロ・プレバイオティクス研究と臨床応用:炎症性腸疾患におけるプロ・プレバイオティクス療法の作用機序
  • その他 / 共著 / 2013年 8月
    G.I.Research
  • / Vol.21 No.4 324-331
  • 8

  • 特集:Colitic cancerにどう立ち向かうか - 薬物療法・栄養療法によるcolitis-associated colorectal cancerの予防は可能か
  • その他 / 共著 / 2013年 7月
    消化器の臨床
  • / Vol.16 No.3 298-304
  • 9

  • A new therapeutic approach using a Schizophyllan-based drug delivery system for inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 6月
    Mol Ther
  • / Vol.20 No.6 1234-1241
  • 10

  • TL1A
  • その他 / 単著 / 2012年 3月
    G.I. Research
  • / Vol.20 No.3 257-262
  • 11

  • 新規Drug delivery systemによる炎症性腸疾患の治療 - Schizophyllanを利用したantisenseによる治療法の開発
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    第19回浜名湖シンポジウム
  • 12

  • The new therapeutic approach for inflammatory bowel disease using antisense macrophage-migration inhibitory factor (MIF) / schizophyllan (SPG) complex
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    Gastroenterology、DDW-USA (112nd Annual Meeting of the American Gastroenterological Association)
  • / Vol.140 No.5(Suppl.1) S-520
  • 13

  • The new therapeutic approach for inflammatory bowel disease using an oligonucleotide delivery system, antisense Macrophage-migration inhibitory factor (MIF)/ Schizophyllan (SPG) complex
  • その他 / 単独発表 / 2011年 3月
    2011 ESF-JSPS Frontier Science Conference for Young Researchers (Cutting Edge Immunology and Its Clinical Application)
  • 14

  • 特集I.炎症性腸疾患の病態に基づいた治療法の開発:炎症性腸疾患におけるTL1A(TNFSF15)の役割と抗TL1A抗体による治療効果
  • その他 / 共著 / 2010年10月
    消化器内科
  • / Vol.51 No.4 353-360
  • 15

  • Schizophyllan (SPG)によるDDSを利用したantisense macrophage-migration inhibitory factor の炎症性腸疾患に対する治療効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2010年 6月
    遺伝子・デリバリー研究会(第10回シンポジウム)
  • 16

  • Constitutive in vivo expression of TNFSF15 in myeloid or lymphoid cells induce mild small bowel inflammation in mice
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    Gastroenterology、DDW-USA (The 111st American Gastroenterological Association Institute)
  • / Vol.138 No.Suppl.1 S-15
  • 17

  • 久留米大学における炎症性腸疾患の内科治療の実際および治療指針
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    第22回自己免疫性消化器疾患研究会
  • 18

  • Autoimmune pancreatitis presenting with IgG4-positive multiple gastric polyps.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 2月
    Gastrointest Endoscopy
  • / Vol.71 No.2 420-2
  • 19

  • Pneumomediastinum is a frequent but minor complication during esophageal endoscopic submucosal dissection.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 1月
    Endoscopy
  • / Vol.42 No.1 8-14
  • 20

  • 炎症性腸疾患におけるTL1Aの役割と抗TL1A抗体による治療効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2009年10月
    日本消化器病学会雑誌、17th JDDW(第51回日本消化器病学会大会)
  • / Vol.106 No.Suppl. A588
  • 21

  • The new therapeutic approach for inflammatory bowel disease using antisense Macrophage-migration inhibitory factor (MIF)/ Schizophyllan (SPG) complex
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    MIF国際シンポジウム
  • 22

  • Schizophyllan (SPG) 結合 antisense macrophage-migration inhibitory factorによる炎症性腸疾患の治療効果の検討
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    日本消化器病学会雑誌、第95回日本消化器病学会総会
  • / Vol.106 No.Suppl. A261
  • 23

  • Mechanisms Underlying the Effects of Leukocyte Apheresis with a Fiber Filter in a Rat Model of Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 3月
    Dig Dis Sci
  • 24

  • 炎症性腸疾患におけるTL1Aの役割
  • その他 / 単独発表 / 2009年 2月
    第5回日本炎症性腸疾患研究会
  • 25

  • Clinical trial: comparison of alendronate and alfacalcidol in glucocorticoid-associated osteoporosis in patients with ulcerative colitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 2月
    Aliment Pharmacol Ther
  • / Vol.29 No.4 424-430
  • 26

  • 炎症性腸疾患におけるTL1A(TNFSF15)の役割
  • その他 / 共同発表 / 2009年 1月
    第6回北部九州消化管リサーチカンファランス
  • 27

  • Linkage of Crohn's disease-related serological phenotypes: NFKB1 haplotypes are associated with anti-CBir1 and ASCA, and show reduced NF-κB activation
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 1月
    Gut
  • / Vol.58 No.1 60-67
  • 28

  • Recent understanding of leukocytapheresis (LCAP) for the treatment of inflammatory bowel disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Curr Pharm Des.
  • / Vol.15 No.18 2110-9
  • 29

  • Molecular imaging of murine intestinal inflammation with 2-deoxy-2-[18F]fluoro-D-glucose and positron emission tomography.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 9月
    Gastroenterology
  • / Vol.135 No.3 744-755
  • 30

  • Mobilization of bone marrow cells by leukocytapheresis in patients with ulcerative colitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 8月
    Ther Apher Dial
  • / Vol.12 No.4 271-277
  • 31

  • TL1A (TNFSF15) regulates the development of chronic colitis by modulating both T-helper 1 and T-helper 17 activation
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 8月
    Gastroenterology
  • / Vol.165 No.2 552-567
  • 32

  • TL1A (TNFSF15) is involved in the pathogenesis of two T cell-mediated chronic colitis models through modulation of both TH1 and TH17 activation
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    Gastroenterology、DDW-USA (The 109th American Gastroenterological Association Institute)
  • / Vol.134 No.4(Suppl.1) A-3
  • 33

  • L-23 is only partially involved in promoting chronic intestinal inflammation in the dextran sodium sulphate-induced colitis model
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    Gastroenterology、DDW-USA (The 109th American Gastroenterological Association Institute)
  • / Vol.134 No.4(Suppl.1) A-262
  • 34

  • TL1A (Tnfsf15) enhances the activation of TH17 cells during chronic intestinal inflammation
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    Gastroenterology、DDW-USA (The 109th American Gastroenterological Association Institute)
  • / Vol.134 No.4(Suppl.1) A-649
  • 35

  • Therapeutic strategies for targeting the IL-6/STAT3 cytokine signaling pathway in inflammatory bowel disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    Anticancer Res
  • / Vol.27 No.6A 3749-3756
  • 36

  • Dependence of intestinal granuloma formation on unique myeloid DC-like cells.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    J Clin Invest
  • / Vol.117 No.3 605-615
  • 37

  • Depletion of endothelial progenitor cells in the peripheral blood of patients with ulcerative colitis.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 2月
    Int J Mol Med
  • / Vol.19 No.2 221-228
  • 38

  • Chlamydia trachomatis proctitis
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 2月
    Endoscopy
  • / Vol.39 No.S1 E104
  • 39

  • A form of circulating interleukin-6 receptor component soluble gp130 as a potential interleukin-6 inhibitor in inflammatory bowel disease
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 1月
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.143 No.1 125-131
  • 40

  • Diminished cytokine signaling against bacterial components in mononuclear leukocytes from ulcerative colitis patiens atter leukocytapheresis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 7月
    Clin Exp Immunol
  • / Vol.141 No.1 130-140
  • 41

  • Interleukin-5 participates in the pathogenesis of ileitis in SAMP1/Yit mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 6月
    Eur J Immunol
  • / Vol.34 No.6 1561-1569
  • 42

  • Detection of a set of peptide vaccine candidates for use in HLA-A31+ epithelial cancer patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    Int J Oncol
  • / Vol.24 No.2 337-347
  • 43

  • Chronic intestinal inflammatory condition generates IL-10-producing regulatory B cell subset characterized by CD1d upregulation.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 2月
    Immunity
  • / Vol.16 No.2 219-230
  • 44

  • Role of tumor necrosis factor receptor 2 (TNFR2) in colonic epithelial hyperplasia and chronic intestinal inflammation in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 1月
    Gastroenterology
  • / Vol.122 No.1 134-144
  • 45

  • Polyarthritis nodosa with mesenteric aneurysms demonstrated by angiography: report of a case and successful treatment of the patient with prednisolone and cyclophosphamide.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年12月
    J Gastroenterol
  • / Vol.34 No.6 702-705

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp