久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 久原 正治の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 『公共性と効率性のミスマネジメントから生じる危機を分析する「ミクロ基礎」の枠組み』
  • 雑誌 / 単著 / 2018年 3月
    経営学論集第88集,日本経営学会(参照リンク
  • / Vol.88 No.20 1-9
  • 2

  • 危機における組織行動と組織間関係を説明する理論的枠組み
  • その他 / 単独発表 / 2017年12月
    九州経済学会
  • 3

  • ”Framework for Microfoundation of Crisis Analysis: Suggestions from the Cases of the 2007-8 US Financial Crisis and 2011 Fukushima Dai-ichi Nuclear Plant Accident”
  • その他 / 単独発表 / 2017年10月
    Proceedings for the International Academy of Management and Business The 24th Conference, Dubai, United Arab Emirates (参照リンク
  • 4

  • 「公共性と効率性のミスマネジメントから生じる危機を分析するミクロ的基礎の枠組みー金融危機と原発危機の事例から考えるー」
  • その他 / 単独発表 / 2017年 9月
    日本経営学会第91回大会、岡山大学
  • 5

  • 「ミクロの個人や集団の行動に焦点を当てた危機分析の枠組み」
  • 雑誌 / 単著 / 2017年 3月
    昭和女子大学ビジネス研究所2016年度紀要
  • / Vol.2016
  • 6

  • 「金融危機分析のミクロ的基礎」
  • 雑誌 / 単著 / 2017年 3月
    久留米大学商学研究 第22巻 第1,2合併号
  • / Vol.22 No.1,2 1-20
  • 7

  • 「近年の大手米銀の経営行動―銀行経営分析のミクロ的基礎―」
  • 雑誌 / 単著 / 2016年12月
    証券経済学会年報』第 51 号別冊、参照リンク
  • / 1-8
  • 8

  • 戦略経営論ー競争力とグローバリゼーションー
  • 単行本 / 監訳 / 2014年 9月
    センゲージラーニング
  • 9

  • 危機と金融機関経営:想定外の危機の中で金融機関経営の対応を考える (単著) 2014/07
  • 雑誌 / 単著 / 2014年 7月
    証券経済学年報(49)
  • / 272-277
  • 10

  • “Globalization and the Issues in Strategic Human Resource Management: What's really needed for Japanese Companies and the Role of Japanese Universities”
  • 雑誌 / 単著 / 2014年 4月
    Journal of Strategic Management Studies Vol.6, No. 1
  • / 19-25
  • 11

  • 「大企業はなぜ大きな不確実性のもとで致命的な失敗を犯すのか―福島第一原発事故のケースで考える―
  • 雑誌 / 単著 / 2013年 9月
    経営学論集第83集,日本経営学会
  • / No.37 1-11
  • 12

  • 「金融コングロマリット組織モデルの将来―米国金融組織の変革と持続可能な経営―」
  • 雑誌 / 2013年 7月
    証券経済学年報、証券経済学会
  • / Vol.48 236-240
  • 13

  • “Employment Issues Involving Japanese Banks:A Case Study of Shinsei Bank”
  • 雑誌 / 単著 / 2012年10月
    Discussion Paper #2012-3, Faculty of Economics, Kyushu University
  • 14

  • “Crisis and Organization Failure: Framework of Analysis and Case Studies in Financial Crisis and Fukushima Nuclear Accident”
  • 雑誌 / 単著 / 2011年12月
    経済学研究、九州大学
  • / Vol.78 No.4 1-21
  • 15

  • 「金融コングロマリット経営の将来」
  • 雑誌 / 単著 / 2011年 7月
    証券経済学会年報
  • / Vol.46 231-236
  • 16

  • 「サブプライム危機と事業の目的と使命」
  • 雑誌 / 単著 / 2010年 9月
    経営学論集、日本経営学会
  • / Vol.80 80-92
  • 17

  • 「投資銀行の再生」
  • 雑誌 / 単著 / 2010年 3月
    経済学研究、九州大学経済学会
  • / Vol.77 No.6 53-89
  • 18

  • 『日本の若者を世界に通じる人材にーサブプライム後のビジネス教育の行方―』
  • 単行本 / 単著 / 2009年 1月
    学文社
  • 19

  • 「サブプライム問題と金融コングロマリット経営組織の有効性」
  • 雑誌 / 単著 / 2008年12月
    経済学研究、九州大学経済学会
  • / Vol.75 No.2,3 53-89
  • 20

  • 「メインバンクはどこに行ったのかー企業再生と金融環境変化の中での銀行経営行動ー」
  • 雑誌 / 単著 / 2007年 8月
    経営行動研究年報
  • / Vol.16 18-32
  • 21

  • “Financial Congromeration in East Asian Regional Development”
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 7月
    Daiwa Institute of Research
  • / 47-112
  • 22

  • “Credit Risk Management by Japanese Banks: A Survey of Practices”
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 4月
    Journal of Business and Policy Research
  • 23

  • “U.S. and European Financial Conglomerate Organizations and their Implications for Japan and Other Diversified Financial Firms in Asia ”
  • 雑誌 / 単著 / 2006年12月
    Ritsumeikan Journal of Asia Pacific Studies
  • / Vol.21 17-54
  • 24

  • 「邦銀に経営はあったのかー環境変化と大手邦銀の戦略行動の検証―」
  • 雑誌 / 単著 / 2006年 7月
    『証券経済学年報』
  • / Vol.41 15-38
  • 25

  • 「多角化し大規模化する金融業における経営と組織」
  • 雑誌 / 単著 / 2006年 7月
    『証券経済学年報』
  • / Vol.41 173-178
  • 26

  • “Knowledge Creation Through The Use of The Case Method with Diverse Groups of Students from The Asia Pacific Region”
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 3月
    MBAA International 2006
  • 27

  • 大手銀行グループの経営組織ー企業組織の内外均衡―
  • 雑誌 / 単著 / 2005年 9月
    『立命館経営学』
  • / Vol.54 No.3 214-239
  • 28

  • 「多角化し大規模化する金融業における持株会社組織の意義と展望ー米国における持株会社経営管理のわが国への示唆ー」
  • 雑誌 / 単著 / 2005年 8月
    『貯蓄経済季報』平成17年夏号、日本郵政公社
  • / 1-28
  • 29

  • 第7章「M&Aとリストラクチャリング戦略」
  • 単行本 / 分担執筆 / 2001年10月
    『現代企業の成長戦略』同文館
  • / 85-104
  • 30

  • 『新版銀行経営の革新-邦銀再生の条件-』
  • 単行本 / 単著 / 2000年10月
    学文社
  • 31

  • Banking 銀行
  • 単行本 / 分担執筆 / 2000年 4月
    『英語で学ぶ日本の金融』有斐閣
  • / 95-156,211-242
  • 32

  • 金融イノベータ-群像
  • 単行本 / 単著 / 1999年12月
    シグマベイスキャピタル

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp