久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 辛島 正志の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Unique mouse monoclonal antibodies reactive with maturation-related epitopes on type VII collagen.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Exp Dermatol
  • 2

  • Functional study of TGM1 missense mutations in autosomal recessive congenital ichthyosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Exp Dermatol
  • / Vol.25 No.8 657-659
  • 3

  • Summary of results of serological tests and diagnoses for 4774 cases of various autoimmune bullous diseases consulted to Kurume University.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    Br J Dermatol
  • / Vol.175 No.5 953-965
  • 4

  • Isolation of All CD44 Transcripts in Human Epidermis and Regulation of Their Expression by Various Agents.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年
    PLoS One
  • / Vol.11 No.8 e0160952
  • 5

  • Frequent office visits for injections may reduce adalimumab survival rate in patients with psoriasis.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Dermatolog Treat
  • / Vol.26 No.4 312-313
  • 6

  • Mutation study for 9 genes in 23 unrelated patients with autosomal recessive congenital ichthyosis in Japan and Malaysia.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    J Dermatol Sci
  • / Vol.78 No.1 82-85
  • 7

  • Various peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR)-gamma agonists differently induce differentiation of cultured human keratinocytes.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Exp Dermatol
  • / Vol.24 No.1 62-65
  • 8

  • Shikonin Promotes Skin Cell Proliferation and Inhibits Nuclear Factor-kappaB Translocation via Proteasome Inhibition.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Chin Med J (Engl)
  • / Vol.128 No.16 2228-2233
  • 9

  • Oesophageal involvement in epidermolysis bullosa acquisita.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Br J Dermatol
  • / Vol.72 No.1 288-290
  • 10

  • Complete maternal isodisomy of chromosome 5 in a Japanese patient with Netherton syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    J Invest Dermatol
  • / Vol.134 No.3 849-852
  • 11

  • Frequent office visits for injections may reduce adalimumab survival rate in patients with psoriasis.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    J Dermatolog Treat
  • / 1-2
  • 12

  • B-cell activating factor detected on both naive and memory B cells in bullous pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Exp Dermatol
  • / Vol.23 No.8 596-605
  • 13

  • Clinical and immunological profiles in 17 Japanese patients with drug-induced pemphigus studied at Kurume University.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Br J Dermatol
  • / Vol.171 No.3 544-553
  • 14

  • Distinct protein expression and activity of transglutaminases found in different epidermal tumors.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Exp Dermatol
  • / Vol.23 No.6 433-435
  • 15

  • Complete Maternal Isodisomy of Chromosome 5 in a Japanese Patient with Netherton Syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    J Invest Dermatol
  • 16

  • How do keratinizing disorders and blistering disorders overlap?
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Exp Dermatol
  • / Vol.22 No.2 83-87
  • 17

  • An attempt to develop mouse model for anti-laminin gamma1 pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Dermatol Sci 70(2):
  • / Vol.70 No.2 108-115
  • 18

  • Anti-alpha-2-macroglobulin-like-1 autoantibodies are detected frequently and may be pathogenic in paraneoplastic pemphigus.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Invest Dermatol
  • / Vol.133 No.7 1785-1793
  • 19

  • Morphological changes of the hair roots in alopecia areata: A scanning electron microscopic study.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    J Dermatol
  • / Vol.40 No.12 1045-1048
  • 20

  • Nodular morphea (NM): report of a case of concurrent NM and morphea profunda associated with limited type systemic sclerosis, and overview and definition for NM.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    Eur J Dermatol
  • / Vol.23 No.1 87-93
  • 21

  • 久留米大学病院皮膚科における全身性強皮症の症例と治療のまとめ.
  • その他 / 共同発表 / 2012年 2月
    第35回皮膚脈管膠原病研究会
  • 22

  • Interaction of plectin and intermediate filaments.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    J Dermatol Sci,
  • / Vol.66 No.1 44-50
  • 23

  • Novel ATP-binding cassette, subfamily A, member 12 (ABCA12) mutations associated with congenital ichthyosiform erythroderma.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Br J Dermatol
  • / Vol.166 No.1 218-221
  • 24

  • Identification of desmosealin apreviously unknown desmosomal protein for KM48 monoclonal antibody as CD44.
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    The 36th annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology (December 9-11, Kyoto)
  • 25

  • Molecular, EM and histochemical studies showed a role of XPD gene product on lipid. Metabolism and ichthyotic skin in trichothiodystrophy.
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    The 36th annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology (December 9-11, Kyoto)
  • 26

  • Large scale study defined human β4 integrin as the major autoantigen for pure ocular mucous membrane pemphigoid.
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    The 36th annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology (December 9-11, Kyoto)
  • 27

  • Impaired innate immunity to HSV in Hailey- Hailey disease is caused by TLR9 defect through abnormal cytoplasmic Ca2+ signaling.
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    The 36th annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology (December 9-11, Kyoto)
  • 28

  • Mutation studies and molecular characterization of two unrelated Malaysian patients with Harlequin ichthyosis.
  • その他 / 共同発表 / 2011年12月
    The 36th annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology (December 9-11, Kyoto)
  • 29

  • 中年男性の下顎部に生じたporoid hidradenoma の1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    日本皮膚科学会第359回福岡地方会(11月23日,福岡市)
  • 30

  • 成長期毛包基底膜部の各種ラミニン発現の解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年11月
    第19回毛髪科学研究会(11月26日,東京都)
  • 31

  • 腫瘍随伴性天疱瘡における抗alpha-2-macroglobuline-like-1 (A2ML1) 抗体についての検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第33回水疱症研究会(10月15-16日,久留米市)
  • 32

  • Studies of blister formation using experimental epidermolysis bullosa acquisita.
  • その他 / 共同発表 / 2011年10月
    第25回表皮細胞研究会(10月29日,横浜市)
  • 33

  • Eccrine syringofibroadenomaの1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    日本皮膚科学会愛媛地方会 佐山浩二教授就任記念第54回学術大会(9月24日,松山市)
  • 34

  • Eccrine syringofibroadenomaの1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 7月
    第38回皮膚かたち研究学会学術大会(7月22日,東京都)
  • 35

  • 抗ラミニンγ1類天疱瘡モデルマウス作製の試み
  • その他 / 共同発表 / 2011年 6月
    第43回日本結合組織学会学術大会・第58回マトリックス研究会大会(6月10-11日,別府市)
  • 36

  • A novel desmoglein 1 mutation in a Japanese patient with striate palmoplantar keratoderma.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    The 71st annual Society for Investigative Dermatology meeting (May 4-7, Phoenix, Arizona)
  • 37

  • Herpes gestationis: Report of a case and the large scale study for immunological findings for 20 cases by various Immunological, biochemical and molecular biological studies.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    22nd World Congress of Dermatology (May 24-29, Seoul Korea)
  • 38

  • Precise histopathological study in large scale clinical trial of photodynamic therapy (PDT) and imiquimod cream treatment (“Immunophototherapy”) for 21 Japanese cases of actinic keratosis.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    22nd World Congress of Dermatology (May 24-29, Seoul Korea)
  • 39

  • IgG autoantibodies to human desmocollins 1-3 in paraneoplastic pemphigus without anti-desmoglein autoantibodies.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    The 71st annual Society for Investigative Dermatology meeting (May 4-7, Phoenix, Arizona)
  • 40

  • New autoantigens in subepidermal bullous diseases.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    22nd World Congress of Dermatology (May 24-29, Seoul Korea)
  • 41

  • What’s new in autoimmune bullous skin disease.
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    22nd World Congress of Dermatology (May 24-29, Seoul Korea)
  • 42

  • 陰茎縫線嚢腫の1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 3月
    第53回日本皮膚科学会愛媛地方会(3月19日,松山市)
  • 43

  • 再発性多発性軟骨炎の1例
  • その他 / 共同発表 / 2011年 2月
    第74回日本皮膚科学会 東京支部学術大会(2月11-12日,東京都)
  • 44

  • 円形脱毛症における局所免疫療法の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2011年 2月
    第74回日本皮膚科学会 東京支部学術大会(2月11-12日,東京都)
  • 45

  • Trichothiodystrophy.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    The Color Atlas of Disorders of Keratinization Second Edition, Kyowa Kikaku, LTD.
  • / 99-100
  • 46

  • Hyperkeratosis lenticularis perstansの1例
  • その他 / 共著 / 2011年
    第25回角化症研究会記録集
  • / 94-97
  • 47

  • Brunsting-Perry type pemphigoid with IgG autoantibodies to laminin-332, BP230 and desmoplakins I/II.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Br J Dermatol
  • / Vol.165 433-435
  • 48

  • Primary mucinous carcinoma of the skinの1例
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    臨床皮膚科
  • / Vol.65 No.1 47-51
  • 49

  • Bullous pemphigoid in Asia.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    Asian Skin and Skin Diseases, Medrang Inc.
  • / 103-111
  • 50

  • Lesional Th17 cells and regulatory T cells in bullous pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Exp Dermatol
  • / Vol.20 No.12 1022-1024
  • 51

  • 結節性裂毛症の2例
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    皮膚科の臨床
  • / Vol.53 1363-1366
  • 52

  • Relationship between keratinizing disorders and inherited blistering disorders.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年
    The Color Atlas of Disorders of Keratinization Second Edition, Kyowa Kikaku, LTD.
  • / 58-61
  • 53

  • IgA pemphigus.
  • その他 / 共著 / 2011年
    Clin Dermatol
  • / Vol.29 No.4 437-442
  • 54

  • Novel ATP-binding cassette, subfamily A, member 12 (ABCA12) mutations associated with congenital ichthyosiform erythroderma.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Br J Dermatol
  • / Vol.166 No.1 218-221
  • 55

  • 自己免疫水疱症の自己抗体の読み方と治療への応用
  • その他 / 単独発表 / 2010年
    第109回日本皮膚科学会総会
  • 56

  • 当科にて経験した悪性腫瘍切除による眼瞼全層欠損症例の検討(2000-2009)
  • その他 / 共同発表 / 2010年
    第109回日本皮膚科学会総会
  • 57

  • Anti-laminin gamma-1 pemphigoid.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    Proc Natl Acad Sci USA
  • / Vol. 106 2800-2805
  • 58

  • hypomelanosis of Ito
  • 雑誌 / 共著 / 2009年
    皮膚病診療
  • / Vol.31 175-178
  • 59

  • Interaction of periplakin and envoplakin with intermediate filaments
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    J.Cell Science
  • / Vol.115 5027-5037
  • 60

  • Paraneoplastic pemphigus sera react strongly with multiple epitopes on the various regions of envoplakin and periplakin, except for the c-terminal homologous domain of periplakin.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    J Invest Dermatol
  • / Vol.116 556-563
  • 61

  • Envoplakin and periplakin are components of the paraneoplastic pemphigus antigen complex.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J Invest Dermatol
  • / Vol.111 1236-1238
  • 62

  • Subcellular distribution of envoplakin and periplakin: insights into their role as precursors of the epidermal cornified envelope.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J. Cell Biol.
  • / Vol.151 573-585
  • 63

  • Cultured Paget cells derived from the involved skin of a patient with extramammary Paget's disease had an extended life span.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J Dermatol
  • / Vol.27 60-63

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp