久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 田尻 能祥の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 腹腔動脈根部動脈瘤合併の肝細胞癌にSystem-iを用いて、反復動注が有効であった1例
  • その他 / 共同発表 / 2017年 9月
    第42回リザーバー研究会
  • 2

  • System-iを用いて、反復DEB-TACEを施行したHCC症例の検討
  • その他 / 単独発表 / 2016年 8月
    第41回リザーバー研究会
  • / Vol.8 No.5 2016
  • 3

  • 大動脈留置型特殊リザーバーを用いて、反復DEB-TACEを施行したHCC症例の検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 7月
    第52回日本肝癌研究会
  • / 242
  • 4

  • System-i(大動脈留置型特殊サーバー)を用いた頻回分割TACEが著効した肝細胞癌の一例
  • その他 / 共同発表 / 2016年 2月
    第22回肝血流動態・機能イメージ研究会
  • 5

  • 肝細胞癌に対する初回肝動脈塞栓術(TACE)症例の治療成績
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第50回日本肝癌研究会
  • 6

  • 切除不能肝内胆管癌に対する肝動注化学療法
  • その他 / 共同発表 / 2007年 6月
    第43回日本肝癌研究会
  • 7

  • 脳転移と骨転移を伴った肺癌(腺癌)肝転移に対し TS-1 内服併用 GEM + CDDP 肝動注を施行し著効が得られた 1 例
  • 雑誌 / 共著 / 2006年11月
    Liver Cancer
  • / Vol.12 No.2 190-196
  • 8

  • DSM 併用 FP(CDDP+5FU)肝動注療法の試み
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    肝臓、第42回日本肝臓学会総会
  • / Vol.47 No.Supple.1 A68
  • 9

  • 大動脈内留置型特殊リザーバーシステム (System 1-2) を用いて治療を行った膵頭部癌 (stage IV-B) の 1 例
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 5月
    Radiology Frontier
  • / Vol.8 No.2 52-55

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp