久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 甲斐 久史の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Random skin biopsy for patient with rapidly progressive exertional dyspnea.
  • 雑誌 / 共著 / 2020年 1月
    Circ Rep
  • / Vol.2 No.1
  • 2

  • 臓器障害を合併する高血圧の治療
  • その他 / 単著 / 2019年11月
    Heart View
  • / Vol.23 No.11 1055-1062
  • 3

  • JSH Statement: Asahikawa declaration in promotion of diversity by the Japanese society of hypertension–the JSH Asahikawa declaration.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年10月
    Hypertens Res.
  • / Vol.42 No.10 1483-1484
  • 4

  • The Japanese Society of Hypertension Guidelines for the Management of Hypertension (JSH 2019)
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 9月
    Hypertens Res.
  • / Vol.42 No.9 1235-1481
  • 5

  • 最近のガイドラインにおける冠動脈疾患の包括的管理
  • その他 / 共著 / 2019年 9月
    血圧
  • / Vol.26 No.9 530-535
  • 6

  • 動脈硬化の診断 機能検査 RI検査(PET)
  • その他 / 共著 / 2019年 9月
    日本医師会雑誌
  • / Vol.148 No.特別2 S173-S175
  • 7

  • 冠動脈疾患の血圧はどこまで下げる
  • その他 / 共著 / 2019年 8月
    循環器ジャーナル
  • / Vol.67 No.4 585-593
  • 8

  • 高血圧専門医制度の現状と課題
  • その他 / 単著 / 2019年 6月
    循環器内科
  • / Vol.85 No.6 844-847
  • 9

  • JSH Statement: Kyoto declaration on hypertension research in Asia.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 6月
    Hypertens Res.
  • / Vol.42 No.6 759-760
  • 10

  • 冠動脈疾患・心不全における降圧目標
  • その他 / 共著 / 2019年 5月
    血圧
  • / Vol.26 No.5 272-279
  • 11

  • Angiotensin-converting enzyme inhibitors versus angiotensin receptor blockers in hypertensive patients with myocardial infarction or heart failure: a systematic review and meta-analysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 4月
    Hypertens Res
  • / Vol.42 No.4 641-649
  • 12

  • (未公表)
  • 単行本 / 分担執筆 / 2019年 4月
    高血圧治療ガイドライン2019
  • 13

  • Effects of blood pressure lowering in patients with heart failure with preserved ejection fraction: a systematic review and meta-analysis
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 4月
    Hypertens Res
  • / Vol.42 No.4 504-513
  • 14

  • Effects of diastolic blood pressure lowering to less than 80 mmHg on cardiovascular mortality and events in patients with coronary artery disease: a systematic review and meta-analysis.
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 4月
    Hypertens Res
  • / Vol.42 No.4 650-659
  • 15

  • 脳血管障害・心疾患を合併する高血圧
  • その他 / 単著 / 2019年 4月
    医学のあゆみ
  • / Vol.270 No.4 308-313
  • 16

  • 高血圧管理と心血管病予防
  • 単行本 / 分担執筆 / 2019年 3月
    熱血循環器病学
  • / 63-73
  • 17

  • MRはどのようなときあるいは刺激で活性化されるのでしょうか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2019年 3月
    心臓を守るミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA):その実力をQ&Aで解き明かす、文光堂
  • / 25-27
  • 18

  • 心不全の併存症 高血圧
  • その他 / 単著 / 2019年
    日本臨牀
  • / Vol.77 No.増刊 166-172
  • 19

  • 高齢者の高血圧
  • その他 / 単著 / 2019年
    Clinic Magazine
  • / Vol.596 54-57
  • 20

  • 本態性高血圧
  • 単行本 / 分担執筆 / 2019年
    今日の治療指針 2019年版、医学書院
  • / 365-369
  • 21

  • ときどき血圧急上昇があり、不安でたまらないと訴える高血圧治療患者
  • その他 / 単著 / 2018年12月
    Heart View
  • / Vol.22 No.12(増刊) 251-256
  • 22

  • 心疾患、血管疾患
  • 単行本 / 編集 / 2018年12月
    高血圧診療ステップアップ、診断と治療社
  • 23

  • 心血管疾患(脳卒中・冠動脈疾患)合併例の診療
  • その他 / 共著 / 2018年 8月
    日本臨牀
  • / Vol.76 No.8 1333-1339
  • 24

  • 最新のガイドラインから識る慢性心不全の現在
  • その他 / 共著 / 2018年 7月
    血圧
  • / Vol.25 No.7 486-490
  • 25

  • 早朝高血圧患者の降圧目標を阻害する要因分析―高血圧症治療における薬剤師の関わりからの考察―
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 5月
    血圧
  • / Vol.25 No.5 359-363
  • 26

  • Losartan/Hydrochlorothiazide combination is safe and effective for morning hypertension in very elderly patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 3月
    Clin Exp Hypertens
  • / Vol.40 No.3 267-273
  • 27

  • 血圧変動の臓器障害メカニズム.
  • その他 / 共著 / 2018年 3月
    血圧
  • / Vol.25 No.3 188-193
  • 28

  • 大動脈弁輪拡張による大動脈弁閉鎖不全に左室緻密化障害様形態を呈した1例
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 2月
    心臓
  • / Vol.50 No.2 190-196
  • 29

  • 治療抵抗性高血圧のマネージメント
  • その他 / 単著 / 2017年 8月
    Medical Practice
  • / Vol.34 No.8 1365-1370
  • 30

  • 期待される薬剤師と医師の協働:服薬アドヒアランス向上と副作用の発見.
  • その他 / 共著 / 2017年 8月
    血圧
  • / Vol.24 No.8 578-583
  • 31

  • Blood pressure management in patients with type-2 diabetes mellitus.
  • その他 / 単著 / 2017年 8月
    Hypertens Res
  • / Vol.40 No.8 721-729
  • 32

  • Cerebral microbleeds in coronary artery disease patients during antiplatelet therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 6月
    Int J Cardiovasc Res
  • / Vol.6 No.6 1000329
  • 33

  • 血圧変動による臓器障害
  • その他 / 共著 / 2017年 5月
    血圧
  • / Vol.24 No.5 28-32
  • 34

  • 糖尿病を合併する高血圧
  • その他 / 共著 / 2017年 5月
    医学のあゆみ
  • / Vol.206 No.5 391-400
  • 35

  • New diagnostic index for sarcopenia in patients with cardiovascular diseases.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 5月
    Plos One
  • / Vol.12 No.5 e0178123
  • 36

  • 心不全予防における血圧管理
  • その他 / 共著 / 2017年 5月
    環器内科
  • / Vol.81 No.5 439-446
  • 37

  • 冠動脈疾患合併例での降圧療法—特に拡張期血圧に関して
  • その他 / 単著 / 2017年 4月
    日本医事新報
  • / Vol.4847 42-47
  • 38

  • Effectiveness of cardiac rehabilitation for prevention and treatment of sarcopenia in patients with cardiovascular disease - A retrospective cross-sectional analysis –
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 4月
    J Nutr Health Aging
  • / Vol.21 No.4 449-456
  • 39

  • More attention should be paid to abnormality of circadian blood pressure rhythm in heart failure patients.
  • その他 / 共著 / 2017年 2月
    Circ J
  • / Vol.81 No.2 153-154
  • 40

  • 積極的適応がない場合の降圧薬からβ遮断薬が除外
  • その他 / 単著 / 2017年 2月
    エキスパートナース
  • / Vol.33 No.2 46-49
  • 41

  • 成人の拘束型心筋症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年 1月
    診断モダリティとしての心筋病理(編:心筋生検研究会).南江堂
  • / 187-189
  • 42

  • FDG-PET を用いた 動脈硬化の炎症活動性評価
  • その他 / 共著 / 2017年
    日本臨牀
  • / Vol.75 No.増刊4 235-244
  • 43

  • Oral administration of glucosamine improves vascular endothelial function by modulating intracellular redox state.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Int Heart J
  • / (in press)
  • 44

  • Impact of systolic blood pressure on hemorrhagic stroke in patients with coronary artery disease during anti-platelet therapy: The Japanese Coronary Artery Disease (JCAD) Study
  • 雑誌 / 共著 / 2016年12月
    Int J Cardiol
  • / Vol.224 112-113
  • 45

  • 降圧薬増量、減量のタイミング
  • その他 / 単著 / 2016年11月
    Medicina
  • / Vol.53 No.11 1784-1788
  • 46

  • 高齢者の降圧目標は緩められたのか?
  • その他 / 単著 / 2016年10月
    臨床と研究
  • / Vol.93 No.10 1397-1402
  • 47

  • 心血管イベントを防ぐためのアプローチ〜血圧変動による臓器障害のメカニズムと治療介入〜
  • その他 / 単著 / 2016年 8月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.79 No.8,9 255-266
  • 48

  • Day-by-day blood pressure variability and functional outcome after acute ischemic stroke: Fukuoka Stroke Registry.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 7月
    Stroke
  • / Vol.46 No.7 1832-1839
  • 49

  • 冠動脈疾患の降圧目標
  • その他 / 共著 / 2016年 7月
    血圧
  • / Vol.23 No.7 466-473
  • 50

  • 心血管系合併症を有する高血圧を治療するときに気をつけることは何ですか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 5月
    これだけは知っておきたい日常診療で遭遇する心血管合併症を有する高血圧の管理、医歯薬ジャーナル
  • / 34-46
  • 51

  • 圧治療によるJ(U)型カーブ現象—再訪
  • その他 / 単著 / 2016年 5月
    循環器内科
  • / Vol.79 No.5 441-447
  • 52

  • 心血管合併高血圧への合剤の適応法
  • その他 / 単著 / 2016年 5月
    血圧
  • / Vol.23 No.5 334-339
  • 53

  • 服薬アドヒアランスの重要性
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 5月
    これだけは知っておきたい日常診療で遭遇する心血管合併症を有する高血圧の管理、医歯薬ジャーナル
  • / 47
  • 54

  • Impact of low diastolic blood pressure on risk of cardiovascular death in elderly patients with coronary artery disease after revascularization: The CREDO-Kyoto Registry cohort-1.
  • 雑誌 / 共著 / 2016年 5月
    Circ J
  • / Vol.80 No.5 1232-1241
  • 55

  • 血圧変動を考慮した降圧薬選択
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年 3月
    血圧変動エビデンス&プラクティス、先端医学社
  • / 123-129
  • 56

  • 高血圧の治療〜薬物治療〜
  • その他 / 単著 / 2016年 3月
    循環器ナーシング
  • / Vol.6 No.3 38-45
  • 57

  • 心血管疾患患者におけるサルコペニアの予防と治療のための心臓リハビリテーションの可能性.
  • その他 / 共著 / 2016年 1月
    日本心臓リハビリテーション学会誌
  • / Vol.22 No.1 14-21
  • 58

  • 高血圧治療ガイドラインとその考え方
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年
    高血圧・循環器病予防療養指導士ガイドブック.社会保険研究所
  • / in press
  • 59

  • 心血管イベントを防ぐためのアプローチ〜血圧変動による臓器障害のメカニズムと治療介入〜
  • その他 / 単著 / 2016年
    久留米医学会雑誌
  • / in press
  • 60

  • 冠動脈疾患の降圧目標
  • その他 / 共著 / 2016年
    血圧
  • / in press
  • 61

  • 運動指導のポイント
  • 単行本 / 分担執筆 / 2016年
    高血圧・循環器病予防療養指導士ガイドブック.社会保険研究所、
  • / in press
  • 62

  • 「私の処方」:早朝高血圧をターゲットとした処方.
  • その他 / 共著 / 2016年
    Modern Physician
  • / in press
  • 63

  • 診療の秘訣:血圧変動性を小さくすることを考慮した高血圧診療.
  • その他 / 共著 / 2016年
    Modern Physician
  • / in press
  • 64

  • Renal nerve-mediated erythropoietin release confers cardioprotection during remote ischemic preconditioning.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Circ J
  • / Vol.79 No.7 1557-1567
  • 65

  • Day-by-day blood pressure variability and functional outcome after acute ischemic stroke: Fukuoka Stroke Registry.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 7月
    Stroke
  • / Vol.46 No.7 1832-1839
  • 66

  • Benefit of losartan/hydrochlorthizide-fixed dose combination treatment for isolated morning hypertension: the MAPPY study.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 6月
    Clin Exp Hyperten
  • / Vol.37 No.6 473-481
  • 67

  • 血圧の日内変動
  • その他 / 共著 / 2015年 6月
    動脈硬化予防
  • / Vol.14 No.3 20-27
  • 68

  • BMP type I receptor inhibition attenuates endothelial dysfunction in mice with chronic kidney disease.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年 1月
    Kidney Int
  • / Vol.8 No.1 128-136
  • 69

  • 「循環器薬Up to Date 2015」併存症と循環器薬:高齢者の循環器薬
  • その他 / 共著 / 2015年
    Medicina
  • / Vol.52 118-122
  • 70

  • すべての内科医が知っておくべき高血圧治療のポイント:脳・心疾患合併高血圧治療のポイント
  • その他 / 単著 / 2015年
    内科学会雑誌
  • / Vol.104 No.2 232-239
  • 71

  • 「バイオマーカーと臓器障害」血圧変動と臓器障害
  • その他 / 単著 / 2015年
    循環器Plus
  • / Vol.15 10-12
  • 72

  • 「高血圧と臓器障害」糖尿病合併心疾患
  • その他 / 単著 / 2015年
    Diabetes Frontier
  • / Vol.26 175-181
  • 73

  • 「高血圧治療ガイドラインJSH2014改訂と高血圧治療の展望」降圧薬治療についての改訂ポイント:残された検証課題は何か
  • その他 / 単著 / 2015年
    Heart View
  • / Vol.19 406-413
  • 74

  • 「ハイリスク合併症を有する高血圧治療」虚血性心疾患を伴う高血圧治療
  • その他 / 単著 / 2015年
    診療と新薬
  • / Vol.52 186-194
  • 75

  • DATA Analysis.β遮断薬と収縮能が保持された心不全患者における予後との関係—Swedish Heart Registry
  • その他 / 単著 / 2015年
    臨床高血圧
  • / Vol.20 274-275
  • 76

  • DATA Analysis.BPLTTCメタ解析 Effects of blood pressure lowering on cardiovascular risk according to baseline body-mass index: a meta-analysis of randomised trials
  • その他 / 単著 / 2015年
    臨床高血圧
  • / Vol.20 No.270-271
  • 77

  • DATA Analysis.RA系阻害薬服用中患者におけるST合剤と突然死Co-trimoxazole and sudden death in patients receiving inhibitors of renin-angiotensin system: population based study
  • その他 / 単著 / 2015年
    臨床高血圧
  • / Vol.20 272-273
  • 78

  • 冠動脈疾患合併高血圧症の降圧
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年
    ガイドラインサポートハンドブック高血圧治療ガイドライン2014、医薬ジャーナル
  • / 88-99
  • 79

  • DATA Analysis.マルファン症候群を有する小児および若年成人に対するアテノロールとロサルタンの効果Atenolol and Losartan in Children and Young Adults with Marfan’s Syndrome
  • その他 / 単著 / 2015年
    臨床高血圧
  • / Vol.20 276-277
  • 80

  • 冠動脈疾患の拡張期降圧は控えるべき?
  • その他 / 単著 / 2015年
    循環器内科学
  • / Vol.78 580-584
  • 81

  • β遮断薬は何故、合併症のない高血圧の第一選択薬ではないのか.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年
    EBM 循環器疾患の治療2015-2016、中外医学社
  • / 390-395
  • 82

  • 冠動脈疾患例では,血圧の下げすぎに注意しなくて良いの?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年
    ガイドライン+αの高血圧診療Q&A、中外医学社
  • / 117-120
  • 83

  • 拡張機能不全による心不全例では,どのような薬剤がお勧めなの? 
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年
    ガイドライン+αの高血圧診療Q&A、中外医学社
  • / 121-125
  • 84

  • 心房細動の予防に良い薬はあるの?
  • 単行本 / 2015年
    ガイドライン+αの高血圧診療Q&A、中外医学社
  • / 126-130
  • 85

  • 大動脈疾患の降圧目標はどのくらい?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年
    ガイドライン+αの高血圧診療Q&A、中外医学社
  • / 146-151
  • 86

  • 大動脈疾患ではどのような降圧薬がお勧めなの?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2015年
    ガイドライン+αの高血圧診療Q&A、中外医学社
  • / 152-155
  • 87

  • 新しい循環器病のバイオマーカー MMP
  • その他 / 共著 / 2015年
    Heart View
  • / Vol.19 No.12 158-162
  • 88

  • 短時間の血圧変動
  • その他 / 単著 / 2015年
    血圧
  • / Vol.22 No.7 536-541
  • 89

  • Large blood pressure variability aggravates arteriolosclerosis and cortical sclerotic changes in the kidney in hypertensive rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 9月
    Circ J
  • / Vol.78 No.9 2284-2291
  • 90

  • 併用療法におけるβ遮断薬の位置づけ
  • その他 / 単著 / 2014年
    臨床医のための循環器診療
  • / Vol.20 29-33
  • 91

  • 高血圧性合併症の特徴と治療.心疾患
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    「高血圧専門医ガイドブック(第Ⅲ版)」診断と治療社
  • / 127-135
  • 92

  • 心疾患を伴う高齢者高血圧/実例呈示9
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    「高齢者高血圧の治療と管理〜JSH2014の改訂をふまえて〜」先端医学社
  • / 124
  • 93

  • 「どの降圧薬で、何処まで下げるか」心疾患合併高血圧
  • その他 / 共著 / 2014年
    内科
  • / Vol.144 No.3 439-444
  • 94

  • 『各疾患領域における高血圧専門医の役割とその意義』循環器病診療領域
  • その他 / 単著 / 2014年
    日本臨牀 増刊号72 suppl 6「最新臨床高血圧学—高血圧治療の最前線—」
  • / 603-609
  • 95

  • ACE阻害薬
  • その他 / 単著 / 2014年
    日本臨牀 増刊号 72 suppl 6「最新臨床高血圧学—高血圧治療の最前線—」
  • / 334-340
  • 96

  • 「高血圧治療ガイドライン2014を考える」心疾患合併高血圧の治療
  • その他 / 単著 / 2014年
    呼吸と循環
  • / Vol.62 No.7 662-669
  • 97

  • 心疾患を合併する高齢者高血圧
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    「高齢者高血圧の治療と管理〜JSH2014の改訂をふまえて〜」先端医学社
  • / 119-123
  • 98

  • 記載箇所は未公表
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    「日本高血圧学会高血圧治療ガイドラインJSH2014」ライフサイエンス出版
  • 99

  • 虚血性心臓病の二次予防の降圧目標とその達成法
  • その他 / 単著 / 2014年
    Medical Practice
  • / Vol.30 No.6 1039-1048
  • 100

  • 「欧州高血圧管理ガイドライン2013」脳・心・血管合併症を有する高血圧の管理.
  • その他 / 単著 / 2014年
    血圧
  • / Vol.21 No.2 39-45
  • 101

  • 「高血圧治療ガイドラインJSH2014ガイドラインー何が変わり、どこがポイントか Part.2—」心疾患合併高血圧
  • その他 / 単著 / 2014年
    血圧
  • / Vol.21 No.5 435-439
  • 102

  • Molecular mechanism of aggravation of hypertensive organ damages by short-term blood pressure variability.
  • その他 / 共著 / 2014年
    Curr Hypertens Rev
  • / Vol.10 No.3 125-133
  • 103

  • 「高血圧の併用療法 23のクリニカルクエスチョン」冠動脈疾患合併例における併用療法の進め方
  • その他 / 単著 / 2014年
    Modern Physician
  • / Vol.34 No.12 1454-1460
  • 104

  • 虚血性心疾患合併高血圧の降圧目標をめぐって
  • その他 / 単著 / 2014年
    血圧
  • / Vol.21 No.11 939-943
  • 105

  • 「治療の実際」どう考え、どう治療しよう、治療抵抗性高血圧
  • その他 / 単著 / 2014年
    臨牀と研究
  • / Vol.91 No.9 1237-1240
  • 106

  • ハイリスク合併症を有する高血圧におけるβ遮断薬の位置づけ
  • 単行本 / 分担執筆 / 2014年
    「実地医家が知っておきたいハイリスク合併症を有する高血圧治療」医学出版社
  • / 4-17
  • 107

  • 高血圧治療ガイドラインJSH2014.臓器障害を伴う高血圧:心臓
  • その他 / 共著 / 2014年
    動脈硬化予防
  • / Vol.13 No.3 47-52
  • 108

  • 糖尿病の合併症治療 高血圧(RAS系阻害薬)
  • その他 / 共著 / 2014年
    薬事
  • / Vol.56 No.12 43-48
  • 109

  • 「高血圧治療の現在(JSH2014)」心疾患合併高血圧の治療
  • その他 / 共著 / 2014年
    CARDIAC PRACTICE
  • / Vol.25 No.4 58-63
  • 110

  • 「血圧変動とRAS」血圧変動により臓器障害の機序:RASの関与
  • その他 / 単著 / 2014年
    Angiotensin Research
  • / Vol.11 No.3 144-149
  • 111

  • JSH2014を読み解くーGL改訂の機会に,あなたの高血圧診療を見直しませんか?—心疾患を合併する高血圧
  • その他 / 共著 / 2014年
    治療
  • / Vol.96 No.5 850-854
  • 112

  • Report of the Salt Reduction Committee of the Japanese Society of Hypertension: (1) Role of salt in hypertension and cardiovascular diseases.
  • その他 / 共著 / 2013年12月
    Hypertens Res
  • / Vol.36 No.12 1009-1019
  • 113

  • Report of the Salt Reduction Committee of the Japanese Society of Hypertension: (3) Assessment and application of salt intake in the management of hypertension.
  • その他 / 共著 / 2013年12月
    Hypertens Res
  • / Vol.36 No.12 1026-1031
  • 114

  • Report of the Salt Reduction Committee of the Japanese Society of Hypertension: (2) Goal and strategies of dietary salt reduction in the management of hypertension.
  • その他 / 共著 / 2013年12月
    Hypertens Res
  • / Vol.36 No.12 1020-1025
  • 115

  • Respiratory variation of vertebral arterial flow in a patient scheduled for coronary artery bypass graft surgery - Lesson from atypical subclavian steel phenomenon -
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 9月
    Circ J
  • / Vol.77 No.9 2412-2414,
  • 116

  • Blood pressure variability activates cardiac mineralocorticoid receptor and induces cardiac remodeling in hypertensive rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Circ J
  • / Vol.77 No.6 1474-1481
  • 117

  • Reduction in morning blood pressure is a key factor for ameliorating urinary albumin excretion in patients with morning hypertension irrespectively of treatment regimen.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 6月
    Circ J
  • / Vol.77 No.6 1551-1557
  • 118

  • マイクロコンベックス型探触子を用いた経口腔頸部血管超音波検査法(modified TOCU)
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 1月
    脳卒中
  • / Vol.35 No.1 1-4
  • 119

  • 二次予防としての血圧管理
  • その他 / 共著 / 2013年
    Cardiac Practice
  • / Vol.24 No.2 139-144
  • 120

  • カルシウム拮抗薬
  • その他 / 単著 / 2013年
    日本医師会雑誌
  • / Vol.142 No.特別1 S254-S259
  • 121

  • 虚血性心臓病の二次予防の降圧目標とその達成法
  • その他 / 単著 / 2013年
    Medical Practice
  • / Vol.30 No.6 1039-1047
  • 122

  • CCB単剤で降圧しない場合、増量か併用か?併用は何がベストか?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    「臨床高血圧ワークブック エビデンスを越えた次の一手」医薬ジャーナル社
  • / 69-82
  • 123

  • その他の交感神経抑制薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    「今日の循環器疾患治療指針 第3版」医学書院
  • / 159-160
  • 124

  • α受容体遮断薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    「今日の循環器疾患治療指針 第3版」医学書院
  • / 155-156
  • 125

  • β受容体遮断薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    「今日の循環器疾患治療指針 第3版」医学書院
  • / 156-159
  • 126

  • 周産期(産褥性)心筋症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    「今日の循環器疾患治療指針 第3版」医学書院
  • / 839-841
  • 127

  • 第一選択薬としてのカルシウム拮抗薬とレニン-アンジオテンシン系阻害薬の使い分け
  • その他 / 共著 / 2013年
    Heart View
  • / Vol.17 No.8 859-899
  • 128

  • 血圧変動性と臓器障害
  • 単行本 / 分担執筆 / 2013年
    「Annual Review循環器2013」中外医学社
  • / 193-201
  • 129

  • Transient reduction and activation of circulating dendritic cells in patients with acute myocardial infarction.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年10月
    Int J Cardiol
  • / Vol.160 No.3 216-219
  • 130

  • シリーズ「日本発臨床研究の紹介と反省点を語る」Morning Hypertension and Angiotensin Receptor Blocker/Hydrochlorothiazide Combination Therapy Study -MAPPY研究-
  • その他 / 共著 / 2012年 8月
    日本内科学会雑誌
  • / Vol.101 No.8 2352-2359
  • 131

  • Editorial. Newcomer joints old familiar faces.
  • その他 / 単著 / 2012年 7月
    Circ J
  • / Vol.76 No.7 1591-1592
  • 132

  • Losartan/hydrochlorothiazide combination vs. high-dose losartan in patients with morning hypertension - a prospective, randomized, open-labeled, parallel-group, multicenter trial –
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 7月
    Hypertens Res
  • / Vol.35 No.7 708-714
  • 133

  • 特集 配合薬時代の降圧薬療法の進め方 心疾患合併高血圧患者における配合薬の使用法
  • その他 / 共著 / 2012年 6月
    MEDICINAL
  • / Vol.2 No.6 129-134
  • 134

  • Stent-anchored coil embolotherapy –Novel treatment procedure for huge pulmonary arterio-venous malformation in hereditary hemorrhagic telangiectasia–
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 5月
    Int J Cardiol
  • / Vol.157 No.1 122-124
  • 135

  • Inhibition of eNOS phosphorylation mediates endothelial dysfunction in renal failure: New effect of asymmetric dimethylarginine.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    Kidney Int
  • / Vol.81 No.8 762-768
  • 136

  • High-sensitive troponin T is associated with atrial fibrillation in a general population.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    Int J Cardiol
  • / Vol.156 No.1 98-100
  • 137

  • Is low diastolic blood pressure an independent risk for cardiovascular events in patients with manifest atherosclerotic disease?
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 4月
    Hypertension
  • / Vol.59 No.4 e29
  • 138

  • 心サルコイドーシスをどのように診断するか
  • その他 / 共著 / 2012年 2月
    Heart View
  • / Vol.16 No.2 111-121
  • 139

  • 慢性心不全の病態生理
  • その他 / 単著 / 2012年 2月
    日本内科学会雑誌
  • / Vol.101 No.2 322-328
  • 140

  • Clinical usefulness of a high-concentration calcium chloride solution method to correct the activated partial thromboplastin time in a high hematocrit model with heparin therapy.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年 2月
    Thromb Res
  • / Vol.129 No.2 215-217
  • 141

  • 高血圧管理における食塩制限の目標と方策
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年
    「日本高血圧学会減塩委員会報告2012」日本高血圧学会
  • / 27-37
  • 142

  • 食塩と高血圧・心血管疾患
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年
    「日本高血圧学会減塩委員会報告2012」日本高血圧学会
  • / 1-25
  • 143

  • 高血圧管理における食塩摂取量の評価と応用
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年
    「日本高血圧学会減塩委員会報告2012」日本高血圧学会
  • / 39-50
  • 144

  • 高血圧のデバイス治療
  • その他 / 単著 / 2012年
    カレントテラピー
  • / Vol.30 No.1 72
  • 145

  • 各種バイオマーカーの循環器疾患における意義:マトリクスメタロプロテイナーゼ(Matrix metalloproteinase; MMP)
  • その他 / 共著 / 2012年
    Heart View
  • / Vol.16 No.11月増刊 167-175
  • 146

  • Cell therapy for ischemic peripheral neuropathy.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2012年
    Peripheral neuropathy, InTech
  • / 179-188
  • 147

  • 狭心症を有する高血圧の特徴と治療
  • 単行本 / 単著 / 2012年
    「あなたも名医!高血圧、再整理 jmed 20」日本医事新報社
  • / 115-117
  • 148

  • Selective gene expression analysis of muscular and vascular components in hearts using laser microdissection method.
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Int J Vasc Med
  • / Vol.2012 Article ID 863410
  • 149

  • 食塩感受性高血圧に対する降圧薬治療
  • その他 / 単著 / 2012年
    Progress in Medicine
  • / Vol.32 No.5 1047-1050
  • 150

  • Longest survivor of pulmonary atresia with ventricular septal defect -Well-developed major aortopulmonary collateral arteries demonstrated by multidetector computed tomography-
  • 雑誌 / 共著 / 2011年11月
    Circulation
  • / Vol.124 No.19 2155-2157
  • 151

  • Low DBP may not be an independent risk for cardiovascular death in revascularized coronary artery disease patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年10月
    J Hypertens
  • / Vol.29 No.10 1889-1896
  • 152

  • 高血圧と心房細動
  • その他 / 共著 / 2011年 9月
    月刊循環器CIRCULATION
  • / Vol.1 No.1 101-107
  • 153

  • 日本循環器学会専門医試験問題/解答と解説
  • その他 / 共著 / 2011年 9月
    循環器専門医
  • / Vol.19 No.2 362-369
  • 154

  • β遮断薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年 6月
    「高血圧ナビゲーター第3版」メディカルレビュー社
  • / 244-245
  • 155

  • 高血圧—臓器保護の観点からの最適な治療法と目標設定—これからの降圧薬の使い方 利尿薬とβ遮断薬の使い方
  • その他 / 単著 / 2011年 5月
    Medical Practice
  • / Vol.28 No.5 851-857
  • 156

  • Enhanced cardiac inflammation and fibrosis in ovariectomized hypertensive rats : a possible mechanism of diastolic dysfunction in postmenopausal women-
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 4月
    Hypertens Res
  • / Vol.34 No.4 496-502
  • 157

  • Reduction and activation of circulating dendritic cells in patients with decompensated heart failure.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Int J Cardiol
  • / Vol.147 No.2 258-264
  • 158

  • Simvastatin prevents large blood pressure variability induced aggravation of cardiac hypertrophy in hypertensive rats by inhibiting RhoA/Ras-ERK pathways.
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 3月
    Hypertens Res
  • / Vol.34 No.3 341-347
  • 159

  • Trial & Meta-analysis. ASCOT-BPLAにおけるβ遮断薬とカルシウムチャネルブロッカーの血圧変動と脳卒中リスクに及ぼす効果
  • その他 / 単著 / 2011年 3月
    臨床高血圧
  • / Vol.17 No.1 60-61
  • 160

  • 著述ページは非公開
  • 単行本 / 分担執筆 / 2011年 2月
    「高血圧専門医ガイドブック 改訂第2版」診断と治療社
  • / 著述ページは非公開
  • 161

  • 血圧変動による臓器障害の機序:原因か結果か?
  • その他 / 共著 / 2011年 1月
    動脈硬化予防
  • / Vol.9 No.4 61-66
  • 162

  • 合併症を伴う高血圧 心疾患を伴う高血圧
  • 単行本 / 分担執筆 / 2010年 8月
    「最新 高血圧診療学」永井書店
  • / 206-214
  • 163

  • Autologous transplantation of bone marrow mononuclear cells improved ischemic peripheral neuropathy in humans.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 7月
    J Am Coll Cardiol
  • / Vol.56 No.3 238-239
  • 164

  • Mesenchymal stem cell-based prostacyclin synthase gene therapy for pulmonary hypertension rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2010年 5月
    Basic Res Cardiol
  • / Vol.105 No.3 409-417
  • 165

  • カルシウム拮抗薬の抗動脈硬化作用
  • その他 / 共著 / 2010年 1月
    血圧(Journal of Blood Pressure)
  • / Vol.17 No.1 40-44
  • 166

  • Novel noninvasive approach for visualizing inflamed atherosclerotic plaques using fluorodeoxyglucose-positron emission tomography.
  • 雑誌 / 単著 / 2010年 1月
    Geriatr Gerontol Int
  • / Vol.10 No.1 1-8
  • 167

  • 循環器疾患の薬物治療—オーバービュー 高血圧/高血圧性心臓病
  • その他 / 単著 / 2010年
    Heart View
  • / Vol.14 No.12:11月増刊 46-49
  • 168

  • 血圧変動による臓器障害の機序:原因か結果か?
  • その他 / 共著 / 2010年
    動脈硬化予防
  • / Vol.9 No.4 61-66
  • 169

  • 心不全合併高血圧でARBやACE阻害薬で低血圧が生じた場合どうすればよいですか?
  • その他 / 共著 / 2009年12月
    レジデントノート
  • / Vol.10 No.12 1816-1817
  • 170

  • Large blood pressure variability and hypertensive cardiac remodeling –Role of cardiac inflammation-
  • その他 / 共著 / 2009年12月
    Circ J
  • / Vol.73 No.12 2198-2203
  • 171

  • 狭心症合併高血圧の治療では、発作を抑える降圧薬から使うべきなのでしょうか?
  • その他 / 共著 / 2009年12月
    レジデントノート
  • / Vol.10 No.12 1819-1820
  • 172

  • 第4章 高血圧治療の現況 特殊な高血圧の対応 4.冠動脈疾患・不整脈を有する高血圧
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年10月
    「最新医学別冊 新しい診断と治療のABC20/循環器3 高血圧 改定第2版」最新医学社
  • / 172-182
  • 173

  • Exaggerated blood pressure variability superimposed on hypertension aggravates cardiac remodeling in rats via angiotensin II system-mediated chronic inflammation.
  • 雑誌 / 共著 / 2009年10月
    Hypertension
  • / Vol.54 No.4 832-838
  • 174

  • B.心不全の発症抑制 3.心筋梗塞後の降圧目標値は?
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年 9月
    「EBM 循環器疾患の治療2010-2011」中外医学社
  • / 211-216
  • 175

  • 心疾患を合併する高血圧
  • その他 / 共著 / 2009年 5月
    治療学
  • / Vol.43 No.5 535-538
  • 176

  • 心疾患を伴う高血圧
  • その他 / 共著 / 2009年 5月
    医学のあゆみ
  • / Vol.230 No.5 351-357
  • 177

  • 【臓器障害や合併症を有する高血圧治療】心.
  • その他 / 共著 / 2009年 4月
    CARDIAC PRACTICE
  • / Vol.20 No.4 163-168
  • 178

  • 心疾患既往患者の降圧薬の使い方
  • その他 / 共著 / 2009年 4月
    Progress in Medicine
  • / Vol.29 No.4 991-995
  • 179

  • 収縮性心不全と拡張性心不全の病態は何が異なるか—臨床像から動物モデルまでー
  • その他 / 共著 / 2009年 3月
    CARDIAC PRACTICE
  • / Vol.20 No.3 269-277
  • 180

  • 特集「高血圧ガイドラインJSH2009—Part2」心疾患を合併する高血圧.
  • その他 / 共著 / 2009年 3月
    血圧
  • / Vol.16 No.3 231-234
  • 181

  • 「日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)に答える」 Question 3「心疾患・脳血管障害の降圧目標は低くなるか?」
  • その他 / 共著 / 2009年 1月
    臨床高血圧
  • / Vol.15 No.1 18-19
  • 182

  • 無症候性心筋虚血とβ遮断薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年
    「β遮断薬のすべて(第3版)」先端医学社
  • / 266-270
  • 183

  • 著述ページは非公開
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年
    「高血圧専門医ガイドブック」診断と治療社
  • 184

  • 労作性狭心症を合併する高血圧治療
  • 単行本 / 分担執筆 / 2009年
    「患者抄録で究める循環器病シリーズ1.高血圧」羊土社
  • / 137-145
  • 185

  • 併用療法における各降圧薬の位置づけ β遮断薬
  • 単行本 / 単著 / 2009年
    「降圧薬のコンビネーションセラピー」診断と治療社
  • / 59-67
  • 186

  • 二次性高血圧の治療.心・血管疾患
  • その他 / 単著 / 2009年
    日本臨牀増刊 高血圧‐日本における最新の研究動向‐臨床編(第4版)
  • / Vol.67 No.増刊7 507-510
  • 187

  • 慢性腎不全患者の心血管病変進展における内因性NO合成阻害物質(ADMA)の役割
  • その他 / 共著 / 2009年
    腎臓
  • / Vol.32 103-107
  • 188

  • 高血圧ガイドラインの概要-JSH2009—.脳卒中・心疾患.
  • その他 / 共著 / 2009年
    日本臨牀増刊 高血圧‐日本における最新の研究動向‐臨床編(第4版)
  • / Vol.67 No.増刊7 86-91
  • 189

  • 肺動脈性肺高血圧症 治療法の進歩:遺伝子治療・細胞治療 
  • その他 / 共著 / 2008年11月
    日本臨牀
  • / Vol.66 No.11 2187-2192
  • 190

  • Long-term treatment with valsartan improved cyclic variation of the myocardial integral backscatter signal and diastolic dysfunction in hypertensive patients -The echorcardiographic assessment-
  • 雑誌 / 共著 / 2008年10月
    Hypertension Research
  • / Vol.31 No.10 1843-1849
  • 191

  • Vitamin C reversed malfunction of peripheral blood-derived mononuclear cells in smokers through antioxidant properties.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 4月
    Circ J
  • / Vol.72 No.4 654-659
  • 192

  • Demonstration of the efficacy of statins in resolution of plaque inflammation by serial FDG imaging.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 2月
    Immun Endoc Metab Agents in Med Chem
  • / Vol.8 No.2 183-188
  • 193

  • Long-term treatment with valsartan improved cyclic variation of the myocardial integral backscatter signal and diastolic dysfunction in hypertensive patients -The echorcardiographic assessment-
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Hypertens Res
  • / in press
  • 194

  • Usefulness of high-concentration calcium chloride solution for correction of activated partial thromboplastin time (APTT) in patients with high-hematocrit value.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Thromb Res
  • / Vol.121 781-785
  • 195

  • 降圧薬の使い方—β、αβ遮断薬、α1遮断薬
  • その他 / 共著 / 2008年
    臨牀と研究
  • / Vol.85 No.1 39-44
  • 196

  • 血管性・心臓性高血圧
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年
    「最新医学別冊 新しい治療と診断のABC 53.二次性高血圧」最新医学社
  • / 197-203
  • 197

  • 特集「2007ヨーロッパ高血圧ガイドラインとJSH2004改訂に向けて」合併症を伴う高血圧治療—心臓
  • その他 / 共著 / 2008年
    血圧
  • / Vol.15 No.1 48-50
  • 198

  • Demonstration of the efficacy of statins in resolution of plaque inflammation by serial FDG imaging.
  • その他 / 共著 / 2008年
    Immun, Endoc & Metab Agents in Med Chem
  • / Vol.8 183-188
  • 199

  • Mutant MCP-1 therapy inhibits tumor angiogenesis and growth of malignant melanoma in mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.365 279-284
  • 200

  • The prevalence of inflammation in carotid atherosclerosis. - Analysis with fluorodeoxyglucose-positron emission tomography -
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 9月
    Eur Heart J
  • / Vol.28 No.18 2243-2248
  • 201

  • Inhibition of progression and stabilization of plaques by postnatal interferon-γ function blocking in ApoE-knockout mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 8月
    Circ Res
  • / Vol.101 No.4 348-356
  • 202

  • 動脈硬化プラークの炎症をみる
  • その他 / 共著 / 2007年 7月
    医学のあゆみ
  • / Vol.221 No.13 1258-1262
  • 203

  • 動脈硬化プラーク活動性をFDG-PETで評価しうるか
  • その他 / 共著 / 2007年 6月
    脳卒中
  • / Vol.29 No.6 819-823
  • 204

  • 動脈硬化活動性の新しい評価法-FDG-PETによる検討
  • その他 / 共著 / 2007年 6月
    脈管学
  • / Vol.47 No.3 319-325
  • 205

  • 冠動脈硬化と高血圧-基礎-
  • その他 / 共著 / 2007年 4月
    動脈硬化予防
  • / Vol.6 No.1 28-33
  • 206

  • Inhibition of intrinsic interferon-γ function prevents neointima formation after balloon injury.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 4月
    Hypertension
  • / Vol.49 No.4 909-915
  • 207

  • Vascular inflammation evaluated by [18F]-fluorodeoxyglucose positron emission tomography is associated with the metabolic syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 4月
    J Am Coll Cardiol
  • / Vol.49 No.14 1533-1539
  • 208

  • Postnatal blocking of interferon- γ function prevented atherosclerotic plaque formation in apolipoprotein E-knockout mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 3月
    Hypertens Res
  • / Vol.30 No.3 259-267
  • 209

  • 心筋リモデリング
  • その他 / 共著 / 2007年 1月
    日本臨床
  • / Vol.65 No.増刊 302-306
  • 210

  • Late-Breaking Basic Session
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年 1月
    ISHハイライト、メディカル・ジャーナル社
  • / 130-132
  • 211

  • Characteristic features of QRST integral mapping in patients with high-risk Brugada syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 1月
    Circ J
  • / Vol.71 No.1 63-69
  • 212

  • ONE POINT ADVICE 遺伝子診断を診療にどう活かすか
  • 単行本 / 分担執筆 / 2007年
    「新・心臓病診療プラクティス10 心筋症を識る・診る・治す」文光堂
  • / 37
  • 213

  • 動脈硬化の炎症をみる-FDG-PET法を用いた動脈硬化活動性の評価-
  • その他 / 共著 / 2006年12月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.69 No.11-12 354-357
  • 214

  • Simvastatin attenuates plaque inflammation. -Evaluation by fluorodeoxyglucose positron emission tomography.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年11月
    J Am Coll Cardiol
  • / Vol.48 No.9 1825-1831
  • 215

  • Pressure overload-induced transient oxidative stress mediates perivascular inflammation and cardiac fibrosis through angiotensin II.
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 9月
    Hypertens Res
  • / Vol.29 No.9 711-718
  • 216

  • 高血圧患者における非薬物治療の重要性
  • その他 / 共著 / 2006年 8月
    日本病院薬剤師会雑誌
  • / Vol.42 No.8 1021-1024
  • 217

  • 拡張不全の診断と治療
  • その他 / 共著 / 2006年 7月
    CARDIAC PRACTICE
  • / Vol.17 No.3 251-257
  • 218

  • 心臓カテーテル検査による血行動態の診断
  • 単行本 / 分担執筆 / 2006年 4月
    「新 目でみる循環器病シリーズ9心不全ー診断・治療・管理ー」メジカルビュー社
  • / 86-97
  • 219

  • 慢性心不全治療の進歩「リモデリング」
  • その他 / 共著 / 2006年
    日本臨牀
  • / Vol.64 855-860
  • 220

  • 血圧変動:「朝の血圧が高い」どのような降圧薬をいつ飲ませればよいのか
  • その他 / 共著 / 2006年
    治療 (J. Therapy)
  • / Vol.88 1291-1294
  • 221

  • 心不全を伴う高血圧の降圧目標と降圧薬の選択「虚血性心疾患・心不全」
  • その他 / 共著 / 2006年
    循環器科
  • / Vol.59 No.4 342-347
  • 222

  • Perivascular inflammation and hypertensive cardiovascular remodeling.
  • その他 / 共著 / 2006年
    Current Hypertension Reviews
  • / Vol.2 263-269
  • 223

  • 拡張不全の臨床と基礎「高血圧心における拡張不全と心筋線維化」
  • その他 / 共著 / 2006年
    循環器科
  • / Vol.60 No.4 337-340
  • 224

  • 高血圧性心肥大における血圧変動の意義
  • その他 / 共著 / 2006年
    循環器専門医
  • / Vol.14 No.2 277-281
  • 225

  • Lead-tube like aorta with intractable systolic hypertension.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 9月
    Clin Cardiol
  • / Vol.28 No.9 442
  • 226

  • Safety and efficacy of repeated sauna bathing in patients with chronic ststolic faulure. - a preliminary report -
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 8月
    J Card Fail
  • / Vol.11 No.6 432-436
  • 227

  • 循環器難病
  • その他 / 共著 / 2005年 7月
    臨牀と研究
  • / Vol.82 No.7 1102-1106
  • 228

  • Diastolic dysfunction in hypertensive hearts - Roles of perivascular inflammation and reactive myocardial fibrosis -
  • その他 / 共著 / 2005年 6月
    Hypertens Res
  • / in press
  • 229

  • Diastolic dysfunction in hypertensive hearts -Roles of perivascular inflammation and reactive myocardial fibrosis-
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 6月
    Hypertens Res
  • / Vol.28 No.6 483-490
  • 230

  • 心不全. 臨床分子内分泌学2ー心血管内分泌代謝系(下)
  • その他 / 共著 / 2005年 3月
    日本臨床
  • / Vol.63 No.増刊 143-148
  • 231

  • 合併症を伴う高血圧の降圧目標と降圧薬の選択「虚血性心疾患・心不全」
  • その他 / 共著 / 2005年 1月
    臨床と研究
  • / Vol.82 79-84
  • 232

  • 高血圧—新しい時代の実地降圧療法「高血圧性拡張障害-やはり炎症が関与か-」
  • その他 / 単著 / 2005年
    Medical Practice
  • / Vol.22 No.11 1925-1926
  • 233

  • 病態と疾患から見たレニン-アンジオテンシン系 心不全
  • その他 / 共著 / 2005年
    日本臨床 63(増刊号3)
  • / 143-148
  • 234

  • 選択的COX-2阻害剤と心血管病
  • その他 / 単著 / 2005年
    Cardiac Practice
  • / Vol.16 No.4 407-409
  • 235

  • 心疾患を合併する高血圧
  • その他 / 共著 / 2005年
    今月の治療
  • / Vol.13 No.11 49-55
  • 236

  • 内科医からみた非薬物療法
  • 単行本 / 分担執筆 / 2005年
    「新しい診断と治療のABC 33. 慢性心不全」最新医学社
  • / 95-100
  • 237

  • CHARM-Preserved study-
  • その他 / 共著 / 2004年12月
    臨床高血圧
  • / Vol.10 464-465
  • 238

  • CHARM-Added study-
  • その他 / 共著 / 2004年12月
    臨床高血圧
  • / Vol.10 462-463
  • 239

  • CHARM-Altemative study-
  • その他 / 共著 / 2004年12月
    臨床高血圧
  • / Vol.10 460-461
  • 240

  • Repeated gene transfer of naked prostacyclin synthase plasmid into skeletal muscles attenuates monocrotaline-induced pulmonary hypertension and prolongs survival in rats.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年12月
    Human Gene Ther
  • / Vol.15 1270-1278
  • 241

  • 肺高血圧に対する遺伝子治療
  • その他 / 共著 / 2004年10月
    Cardiac Practice
  • / Vol.15 401-406
  • 242

  • Disappearance of cardiac gallium uptake after corticosteroid therapy for sarcoidosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年10月
    Clin Cardiol
  • / Vol.27 552
  • 243

  • 座談会「原発性肺高血圧症治療の問題点と今後の展開」
  • その他 / その他 / 2004年10月
    Cardiac Practice
  • / Vol.15 407-416
  • 244

  • 心不全患者における降圧薬の使い方
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 9月
    「高血圧診療のコツと落し穴」 中山書店
  • / 76-77
  • 245

  • Soybean isoflavones eliminate nifedipine-induced flushing of tail skin in ovaniectomized mice.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 8月
    J Pharmacol Sci
  • / Vol.95 476-478
  • 246

  • Roles of endogenous monocyte chemoattractant protein-1 in ischemia-induced neovascularization.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 8月
    J Am Coll Cardiol
  • / in press
  • 247

  • 高血圧性心血管リモデリングと炎症ー反応性心筋線維化と拡張能障害ー
  • その他 / 単著 / 2004年 5月
    実験医学
  • / Vol.22 No.増刊 1137-1142
  • 248

  • Hypertensive myocardial fibrosis and diastolic dysfunction -Another model of inflammation-.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 4月
    Hypertension
  • / Vol.43 No.4 739-745
  • 249

  • BIP
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 4月
    「心臓病ナビゲーター」 メディカルレビュー社
  • / 122-123
  • 250

  • 左室肥大とβ遮断薬
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 4月
    「β遮断薬のすべて」先端学社
  • / 244-281
  • 251

  • 左室リモデリング
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 4月
    「心臓病ナビゲーター」 メディカルレビュー社
  • / 76-77
  • 252

  • 虚血性心臓病合併の高血圧症
  • 単行本 / 分担執筆 / 2004年 4月
    「新しい診断と治療のABC20.高血圧症.循環器3.」 最新医学社
  • / 190-196
  • 253

  • 炎症性変化としての反応性心筋線維化ー高血圧性肥大心における拡張能障害のメカニズムー
  • その他 / 共著 / 2004年 3月
    循環器専門医
  • / Vol.12 15-20
  • 254

  • αβブロッカー. 高血圧と高血圧性臓器障害
  • その他 / 共著 / 2004年 3月
    日本臨床
  • / Vol.62 No.増刊 587-590
  • 255

  • Pressure-independent effects of angiotensin II on hypertensive myocardial fibrosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    Hypertension
  • / Vol.43 No.2 499-503
  • 256

  • 虚血を伴わない陳旧性心筋梗塞の責任冠動脈に対する経皮的冠動脈形成術ー慢性期血行再建による左室機能、運動耐容能改善効果
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Japanese Journal of Interventional Cardiology
  • / Vol.19 213-219
  • 257

  • Sub-depressor dose of angiotensin type-1 receptor blocker inhibits TGF-β-mediated perivascular fibrosis in hypertensive rat hearts
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    J Cardiovasc Pharmacol
  • / Vol.42 No.suppl-I S61-S65
  • 258

  • Rho-kinase inhibition reduces neointima formation after vascular injury by enhancing Bax expression and apoptosis
  • 雑誌 / 共著 / 2003年12月
    J Cardiovasc Pharmacol
  • / Vol.42 No.suppl-I S43-S47
  • 259

  • Apoptosis induced by inhibition of cAMP responsive element binding protein in vascular smooth muscle cells
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 9月
    Circulation
  • / Vol.108 No.10 1246-1252
  • 260

  • Ovariectomy aggravates nifedipine-induced flushing of tail skin in mice
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 7月
    Eur J Pharmacol
  • / Vol.481 No.1 79-82
  • 261

  • Inhibition of STAT3 prevents neointime formation by inhibiting proliferation and promoting apoptosis of neointimal smooth muscle cells
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 4月
    Human Gene Ther
  • / Vol.14 No.7 601-610
  • 262

  • Oncostatin M, an IL-6 family cytokine, upregulates matrix metalloproteinase-9 through the MEK-ERK pathway in cultured smooth muscle cells
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    Arterioscl Thromb Vasc Biol
  • / Vol.23 No.4 588-593
  • 263

  • Roles of intercellular adhesion molecule-1 in hypertensive cardiac remodeling
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 3月
    Hypertension
  • / Vol.41 No.3 819-823
  • 264

  • 心室リモデリングと心不全
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年 2月
    「心不全フロンティア」  メディカルレビュー社
  • / 75-84
  • 265

  • Transforming growth factor-β function blocking already effective as therapeutic strategy
  • 雑誌 / 共著 / 2003年 1月
    Circulation
  • / Vol.107 No.1 37e
  • 266

  • Intrinsic and Therapeutic Regulation of Intimal Hyperplasia.
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年 1月
    「AHAハイライツ2002」 TMCカンパニー
  • / 238-243
  • 267

  • TGF-β function blocking prevents myocardial fibrosis and Diastolic dysfunction in pressure-overloaded rats
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 7月
    Circulation
  • / Vol.106 No.1 130-135
  • 268

  • Co-existence of hypercholesterolemia and hypertension impairs adventitial vascularization.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 2月
    Hypertension
  • / Vol.39 No.2 455-459
  • 269

  • Hypoxia-inducible factor/vascular endothelial growth factor pathway for adventitial vasa vasorum formation in hypertensive rat aorta
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 1月
    Hypertension
  • / Vol.39 No.1 46-50
  • 270

  • Superior vena cava syndrome due to multiple pacing leads.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 7月
    Heart
  • / Vol.80 No.1 80
  • 271

  • Role of Rho-associated kinase in neointima formation after vascular injury.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 1月
    Circulation
  • / Vol.103 No.2 284-289
  • 272

  • The role of the JAK/STAT pathway in rat carotid artery remodeling after vascular injury
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 7月
    Circ Res
  • / Vol.87 No.1 12-18
  • 273

  • Disalignment of the sarcomeric filaments in hypertrophic cardiomyopathy with myosin heavy chain gene mutation.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年11月
    Heart
  • / Vol.82 No.5 p625-p629
  • 274

  • Multiple coronary embolism.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 9月
    Clin Cardiol
  • / Vol.22 No.9 p600
  • 275

  • Coronary sinus long sheath catheter system: a new device for transfemoral coronary sinus catheteization
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 4月
    Heart Vessel
  • / Vol.14 No.4 p201-p204

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp