久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 酒井 和子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • ADL影響因子とカルニチン欠乏 血液透析患者に併存する抑うつ(SDS)・認知症(MMSE)とカルニチン欠乏
  • その他 / 共著 / 2018年
    透析療法ネクスト
  • / 88-95
  • 2

  • L-carnitine supplementation increases trimethylamine-N-oxide, but reduces markers of vascular injury in hemodialysis patients.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    DIOVASC PHARM
  • / Vol.65 289-295
  • 3

  • 血液透析患者に対する経口・静注L‐カルニチン補充療法がカルニチン濃度に与える影響とその効果についての検討
  • その他 / 共著 / 2014年 6月
    透析会誌
  • / Vol.47 No.6 367-374
  • 4

  • Effects of Switching Form Calcium Carbonate to Lanthanum Carbonate on Bone Mineral Metabolism in Hemodialysis Patients
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Therapeutic Apheresis and Dialysis
  • / Vol.17 No.1 35-40
  • 5

  • Potential Inhibitory Effects of L-Carnitine Supplementation on Tissue Advanced Glycation End Products in Patients with Hemodialysis
  • 雑誌 / 共著 / 2013年
    REJUVENATION RESEARCH
  • / Vol.16 No.6 460-466
  • 6

  • Decreased serum carnitine is independently correlated with increased tissue accumulation levels of advanced glycation end products in haemodialysis patients
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Nephrology
  • / Vol.17 689-694
  • 7

  • Tissue level of advanced glycation end products is an independent determinant of high-senseitivity C-reactive protein levels in haemodialysis patients
  • 雑誌 / 共著 / 2011年
    Nephorology
  • / Vol.16 299-303

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp