久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 星子 美智子の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 行政評価のためのHIA スクリーニング・チェックリスト実践例
  • その他 / 共同発表 / 2012年10月
    第71回日本公衆衛生学会
  • 2

  • 振動障害認定患者の自覚症状と日常生活への影響
  • その他 / 共同発表 / 2012年 7月
    平成24年度日本産業衛生学会九州地方会
  • 3

  • 「中核市」移行へのHIA(健康影響予測評価)適用事例
  • その他 / 単独発表 / 2012年 7月
    第53回日本社会医学会
  • 4

  • 大牟田市立総合病院の経営形態移行に関する健康影響予測評価の適用事例
  • その他 / 単独発表 / 2012年 7月
    第53回日本社会医学会
  • 5

  • 系統解剖学実習半年後の学生の自覚症状の変化
  • その他 / 共同発表 / 2012年 6月
    第21回日本臨床環境医学会
  • 6

  • 振動障害患者における温覚・温痛覚閾値検査の有効性
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    第85回日本産業衛生学会
  • 7

  • 再編・ネットワーク化を進める公立病院の事例報告
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    久留米醫學會雑誌
  • / Vol.75 No.7-9 276-286
  • 8

  • 一酸化炭素中毒による社会医学的な課題-社会的損失の推計から-
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    日職災医誌
  • / Vol.60 No.1 18-22
  • 9

  • Assessing the validity of health impact assessment predictions regarding a Japanese city's transition to core city status: A monitoring review
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    Public Health
  • / Vol.126 168-176
  • 10

  • 大規模改修による系統解剖学実習室内ホルムアルデヒド濃度および学生の自覚症状の変化
  • 雑誌 / 共著 / 2012年
    日衛誌
  • / Vol.67 No.4 501-507
  • 11

  • 第17章 スコットランドにおけるHIA
  • 単行本 / 分担執筆 / 2008年10月
    健康影響評価 社会保険研究所
  • / 147-153
  • 12

  • クロルフェナピル(殺虫・殺ダニ剤)を散布後7日目に急死した1例
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    中毒研究 
  • / Vol.20 131-136

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp